オーストラリア(パース・シドニー)旅行

1999.4.28 〜 5.4

主催:近畿日本ツーリスト クラブツーリズム



 2年前の夏休み、北欧を旅したときに参加した、近畿日本ツーリスト主催による「足の不自由な方」を対象にした海外ツアーで、今回はオーストラリアに行って来ました。期間は7日間で、パースとシドニーを巡ってきました。パースではコアラを抱っこしての記念撮影、シドニーでは近郊にある自然公園ブルーマウンテンを見学したり、シドニー湾でベイ・クルーズを楽しみました。
 今回のツアーも様々なハンディをお持ちの方が参加しています。そのため、リフト付きバスや車いす用のトイレのあるレストランなどが随所に配慮されていて、とても快適な旅になりました。なによりも僕たちを喜ばせたのが、期間中お天気に恵まれたことです。パースでもシドニーでも連日晴天に恵まれ、それがよりいっそう旅を思い出深いものにしてくれました(^-^)。

【4月28日】
 成田空港、午後7時。ツアー参加者(14名)と添乗員さんが元気に顔を揃えました。簡単な顔合わせを済ませ、僕たちは午後9時発のカンタス航空に乗り込み、一路、西オーストラリア州最大の都市パースを目指して出発です。成田からパースまではおよそ10時間。「一夜の夢から目が覚めると、そこはオーストラリアか・・・・・」、そう思うと気も漫ろに、やや興奮気味で、結局、その晩は一睡もできず(これはいつものことなのだが・・・・)。相変わらず窮屈なエコノミー席で身動きもままならずに、これから始まるオーストラリア旅行に思いを馳せておりました。



【4月29日】
 現地時間の朝6時(日本との時差は−1時間)、僕たちを乗せた飛行機はまだ明け切らぬ夜空の下、無事パース国際空港に降り立ちました。日中は25℃をはるかに超えるこの街も、朝6時とあってはさすがに外の空気もヒンヤリとしており、でも、それが却ってとても新鮮でした。「空気がうまい!」、そう思うとたまらずに深呼吸を一つ。一睡もできず、やや寝ぼけた頭にフレッシュな酸素が送り込まれ、凛として爽快。すっかり目が覚めました(@_@)
 入国審査を終え空港の外にでるころには、すでに空は白々と明けはじめ、雲一つない青空が次第に広がりを見せました。本来はここでバスに乗り込み市内観光へ出発するはずでしたが、まだバスが来ておらず、僕たちはいったんタクシー(リフト付きの小型のバン)に分乗してホテルに向かい、そこで朝食をとってから改めて市内観光に出発することになりました。
 まず、僕たちが向かったのが、パース市内を一望できる小高い丘『キングス・パーク』。ベトナム戦争で亡くなったオーストラリア人の慰霊碑が建つこの丘は、秋口だというのに緑の芝生が一面を覆い、色とりどりの花が咲き誇っています。眼下に眺めるパースの街は、蒼く澄んだスワン川とたくさんの緑に囲まれ、その美しさが印象的でした。
 続いて、白鳥ならず黒鳥に餌づけができる『モンガー湖』へ。餌を持って近づくと、数百羽の黒鳥がまるで僕たちの到着を歓迎するかのように集まってきては(いや、本当は朝食時でお腹が減っていたのでしょう・・・・・)、われ先にとその餌を奪い合います。うっかりすると指を噛まれたりもする。でも、餌が無くなるとみんな知らんぷり。実にチャッカリした鳥達である。
 さて、今度は僕たちの餌づけ、そう、昼食であります。スワン川の岸辺にあるレストラン『マチルダ・ベイ』は、目の前にヨット・ハーバーがあり眺めは抜群である。ここでは鯛料理をご馳走になりました。あっさりとした味付けですが、柔らかくほくほくした感じでとてもおいしくいただきました。
 昼食後、インド洋に面した『コテスロ・ビーチ』へ。真っ青に澄み渡る空と瑠璃色に染まる海が果てしなく広がり、燦々と輝く太陽が白い砂浜にその光をまんべんなく照らし付けている。たくさんの人が思い思いにビーチ・リゾートを満喫しているようです。しかし、想うにこの海が“インド洋”であることにまず感慨を深くし、次いで、この水平線、その先にあるのが、かの“南極”かと思うと、その想いも更なるものとなる。さて、この頃になると気温はどんどん上昇し、多分30℃近くになっていたと思う。直射日光の強さを肌で感じるほどである。そういえば、この地域のオゾン層破壊は地球上でもっとも進んでいると聞く。紫外線の影響からオーストラリア人の皮膚ガン率が高いのもうなずける気がします。
 『コテスロ・ビーチ』を後にして、僕たちは再びパースの中心地へ戻ってきました。そこでバスを下車して、繁華街をブラブラ散策することになりました。そこは、所謂どこにでもあるような都会的な商店街と、一歩裏通りに入るとイギリスの街並みを思い起こさせるような家が建ち並び異国情緒を感じさせてくれました。
 夕方5時過ぎ、ダクストン・ホテルに戻り、長〜い一日が終わりました。




キングス・パークからパースが一望


コテスロ・ビーチ(後ろはインド洋です)



【4月30日】
 この日は自由行動。特に予定は組まれていませんでしたので、オプショナル・ツアーに参加しました。
 まず出かけたのが、『コフヌ・コアラ・パーク』。いよいよ、コアラとの対面です。以前は、東海岸のシドニーでもコアラを直接抱っこすることができたそうですが、今では法律で禁止されていて、ここパースでのみコアラを抱っこできるそうです。
 パースの街から車でおよそ30分のところにあるこの『コフヌ・コアラ・パーク』は小高い山の頂上にあり、そこからパース市の美しい眺望が見渡せます。公園は個人経営の自然動物公園で、園内にはカンガルーやエミューなどの様々な動物が放し飼いにされていて気軽に触れ合えます。でも、みんなのお目当ては、やはりコアラでしょう。公園の中程にあるコアラ舎の中に入ると、いました、いました。ユウカリの木の枝に何匹ものコアラがしっかりと捕まって、みんな我れ関せずという顔をして眠っているんです。その横には、コアラと記念撮影をするための撮影用スタジオまでちゃんと用意されていて、そこでコアラを抱っこしてのツーショットと相成ったわけです。みんなの見ている中、ひっかき防止のエプロンを付け(これ、ちょっと恥ずかしかったぁ)、撮影用のスポットライトを浴び、機嫌の良さそうなコアラを係りのお姉さんが連れてきては抱っこして「ハイ、チーズ!」。ところで僕の抱っこしたコアラ、これが結構重くって、おまけに爪で僕のことをひっかくんです。多分、気持ちよく眠っていたところを無理矢理起こされては、カメラ前に連れ出されて「コアラちゃん、こ っち向いて笑ってー!」・・・・で、パシャッとフラッシュを浴びる。これでは機嫌も悪くなろうというものです。ともかく、みんなニコニコしながらコアラと記念撮影。旅空の下でみんな童心に帰っていたんですね。
 公園は山の斜面を利用して作られているため、随所に坂があります。それも、かなり急なところもあります。でも、園内にはコンクリートの遊歩道が施されているので、車いすでの移動は可能でした。
 さて、この日の昼食、予定ではバーベキュー・パーティーとなっていましたが、その場所が意外や意外。なんと昨日の市内観光から僕たち一行をサポートしてくれている運転手のデビッドさん、その自宅でのホーム・パーティとなりました。デビッドさんは自らがハンディキャップ専用の観光会社を経営していて、国内をはじめ海外からパースを訪れる障害者の観光ツアーを請け負っているそうです。なるほど、毎回乗降の度に5〜6台の車いすをリフトで上げ下げしては、その車いすを一台一台丁寧に固定する面倒な作業もいやな顔一つ見せず、笑顔でこなしてくれました。仕事とはいえ、やはりハンディを持つ者への深い理解と愛情があったからこそ出来るのでしょう。
 400坪の敷地にはテラスや広い裏庭があって、そこには小さいながらも洒落た造りのプールから、小鳥たちの飼育小屋までありました。その上、デビッドさんのご厚意で、家の中をも披露してくれました。車いすのお客様を見越して、室内の段差にはスロープまで取り付けてあり、その配慮にはみんな感激です。向こうのお家は、子供達の部屋が個々に与えられ、それぞれが個性を尊重した作りになっています。子供部屋という狭い世界ながらも、その部屋に関してはそこにいる子供の自由な発想と責任の下に全てが任されているようです。子供達一人一人の自主独立が幼少期から物心両面できちっと教育されているのが印象的でした。
 食事は奥さんとその友達の手作り料理、そして、デビッド自らが焼いてくれたオージービーフや焼き鳥がテーブルに数々並び、みんなお腹一杯ご馳走になりました。オーストラリア人の一般の家庭を訪れる貴重な経験と、楽しいおしゃべりとステキなご馳走、そしてデビット夫妻とその友達の心のこもった接待は、生涯忘れられない思い出となりました。
 昼食後は、今もなお西オーストラリア州で最大の規模を誇る港、フリーマントル港を訪れる。イギリス植民地時代の歴史的建造物が建ち並び、また、貿易港ならではの異国情緒が街のあちこちにその面影を残しています。特に生鮮食品からお土産、雑貨まで小さな露店が所狭しと寄り集まっている市場『フリーマントル・マーケット』は観光客で大変な賑わいを見せていました。




そっぽ向かれました(^_^;)


デビットさん一家と



【5月1日】
 今日はパースからオーストラリア最大の都市、シドニーへの移動です。東海岸にあるシドニーまで、飛行機でおよそ4時間、約3200kmの距離があります。お昼にパースを発ち、シドニーに到着したのが夕方の6時過ぎ。「あれっ、4時間の飛行で・・・・」とお思いになるでしょうが、実はパースとシドニーの間には2時間の時差があるんです。そのため、夕方の6時に到着となりました。
 シドニーはパースに比べ気温が低く、外へ出ると肌寒く感じるほどでした。すでに、外はもう真っ暗。空港で現地係員の出迎えを受け、パース同様、リフト付きバスに乗り込みシドニー市内へと向かいました。市内は高層ビルが数多く建ち並ぶ近代的な街作りがなされ、また、2000年に開催される“シドニー・オリンピック”のための工事が街の随所で行われていました。
 さて、今夜の夕食は繁華街の中心に建つ『シドニー・タワー』の展望レストランです。このレストラン、地上からほぼ200mの高さにあり、そこからの眺めは息をのむほどの美しさです。2時間近いディナータイムでほぼ一周するこの展望レストラン、料理・接客は二流ですが、眺めは超一流ということが言えるでしょう。とにかく、そこからの眺めは本当にステキでした。
 夕食を終え、僕たちはシドニーでのホテル、ランドマーク・パークロイヤル・ホテルに向かいました。



【5月2日】
 シドニー観光の初日、まずはシドニー近郊にある動物園『ワイルドライフ・パーク』へ。途中、フリーウェイ脇にシドニー・オリンピックのメインスタジアムがその全貌をあらわしていました。さて、ここ『ワイルドライフ・パーク』でも、再びコアラやカンガルーと会えました。しかし、前にもお話ししたとおり、シドニーではコアラを抱っこすることが出来ませんので、ここでの記念撮影は係員が抱っこするコアラに顔を近づけてのものとなるそうです。園内は車いすでも問題ありませんが、アップダウンがかなり激しいのには参りました。
 その後、再びバスに揺られること約1時間。シドニー市内から約100kmのところにある『ブルーマウンテン国立公園』に到着しました。すでに秋口を迎えたオーストラリア。中でも、ここは高山地帯とあって周りの木々は一斉に紅葉しており、鮮やかな色彩を魅せてくれました。また、この一帯は避暑地としても有名で、夏になると多くのオーストラリア人が涼を求めてやってくるそうです。ここでの圧巻は、ロープウェイに乗って見る一大パノラマで、悲哀伝説の奇岩“スリー・シスターズ”をはじめ、その眺めはアメリカのグランドキャニオンを彷彿とさせました。ところで、ここで乗ったロープウェイですが、かなり混雑していたのにも拘わらず、一往復分、他のお客さんを待たせて僕たちだけのために動かしてくれました。ロープウェイへは、途中、段差もありましたが係員が手伝ってくれましたので、車いすのまま乗り込むことが出来ました。こうした配慮には、ただただ感謝するばかりです。
 昼食後に向かった展望台『エコー・ポイント』では原住民アボリジニとの貴重なツーショット(^-^;。全身真っ黒で、アフリカ系の顔立ちの彼。その体には迷彩のためか白い隈取りのような線が書かれていました。頭はモジャモジャのアフロヘアーで、もちろん裸足である。そして、あの独特な音色を発する、柄の長い笛を鳴らしているんです。彼はそこを訪れる観光客相手に、少々のチップをいただいて記念写真を撮らせていました。でも、思うのですが、彼、帰るときどうやって帰るんだろう。あの姿のまま、森の中に消えていくのだろか。それとも、颯爽と車に乗って走り去ったりして(^-^)。
 この日の夕食はちょっとオシャレに“ディナー・クルーズ”。僕たちの満たされた心を映すかのように、満月が漆黒の闇夜にその姿を現す中、シドニー湾から街の夜景を眺めながら、楽しい語らいと共に優雅な晩餐のひとときを過ごしました。その上、ディナーを食べながら、男女二人ずつの歌い手がピアノの伴奏で有名なオペラの一節を披露してくれるという、贅沢さながらのショーが更に華を添えてくれました。アリアの歌声を背に、窓の向こうで静かに移りゆくシドニーの夜景を眺めながら、至福の瞬間(とき)を感じていたのは、きっと僕だけではなかったでしょう。その晩、僕たちの旅が無事終わることを見届けるかのように、南十字星がその光を眩いまでに放っていました。
 ちなみに、僕たちが乗った船「シドニー2000号」は最新鋭の船で、船内には車いす用のトイレも完備され、船へもスロープを使って問題なく乗り込めました。ただし、僕たちの場合、1階のフロアーでしたので何ら問題もありませんでしたが、上の階になるとどうなのか判りません。




ブルーマウンテン国立公園


アボリジニーと一緒に(^_^;)



【5月3日】
 いよいよオーストラリアも今日で最後です。お昼前にホテルをチェック・アウトして市内観光に出かけました。市内の名のある建築物や銅像などを紹介してもらいながら、まず向かったのが、シドニー市内を一望できる『ミセス・マッコリー・パーク』。対岸にあの有名な『オペラ・ハウス』や『ハーバー・ブリッジ』が見え、それをバックにみんなで記念写真を撮りました(多分、シドニーへ行くと必ずこのポイントで記念写真を撮るはずです)。
 この日の昼食は飲茶。今回の旅行で初めて中国料理をご馳走になりました。中国人街にあるこの店は、お昼時とあって大変な賑わいをみせていました。後で聞くところによると、この飲茶は添乗員さんのたっての希望で組み込まれたそうですが、それまでの料理がいわゆる“洋食”一辺倒でしたので、中国料理の味がとても新鮮に感じ、お世辞でなく本当に美味しかったです。
 昼食後は対岸に見えた『オペラ・ハウス』へ。なるほど、世界の“三大がっかり名所”と言われるだけのもので(僕の知るところでは、このほかにシンガポールの“マー・ライオン”とコペンハーゲンの“人魚の像”で、どれも、ナットク、ナットク・・・・)、近くに行って見るとヤドカリの化け物みたいでとんと面白くありませんでした。こればっかりは、遠くから見るに限ります。その後、いくつかの場所を見て回ってから、お定まりのDFS(免税店)へ。それにしても、このDFS、店員のほとんどが日本人女性だったのには驚きました。夕食はシドニー湾に面したベイ・サイドのレストランへ(・・・・と、食べることばかり書いていますが、今回の旅は本当に食べてばっかりだったんですよ)。食後、みんなテラスに出てオーストラリア最後の夜景を眺めながら、過ぎゆく時の流れを惜しむかのように、その一瞬を脳裏に刻んでいるようでした。
 夜10時15分、カンタス航空21便は楽しかったオーストラリアでの思い出をたくさん詰め込んで、成田に向かって飛び立ちました。「さようなら、オーストラリア。ステキな思い出を、ありがとう・・・・・(^-^)」。




ミセス・マッコリー・パーク(中央がオペラハウス)



【5月4日】
 日本時間、午前6時40分。僕たちを乗せたカンタス航空21便は、この日、成田到着3番機として、定刻通り成田空港に降り立ちました。税関手続き後、ロビーで又の再会を願ってお別れです。こうして、「パース・シドニー7日間」の旅は、無事、幕を下ろすことが出来ました・・・・・・。



 オーストラリアはアメリカとほぼ同じように“アクセス・フリー”な国でした。もちろん、今回のツアーで訪れた場所は事前にリサーチもされ、車いすでもOKということで選ばれていると思いますので特に問題はありませんでしたが、総じて見る限りでは、スロープなどが随所に取り付けられ、歩道の段差も使いやすく整備されていました。又、旅行中こんな出来事がありました。パースの『コフヌ・コアラ・パーク』に行ったとき、ちょうど小学1〜2年生ぐらいの子供達が先生に付き添われて来ていました。そこで、僕がある鉄柵の扉のところまで来たとき、後ろから先生の声がして「誰か、扉を開けてあげなさい。そして、その男の人を先に通してあげなさい。」と聞こえました。数人の子供が僕の横を走り抜け、先生の言うとおりに、重い鉄の扉を数人で開け僕を通してくれました。「Thank you !」と言うと「You are welcome !」と、はにかむような笑顔で応えてくれました。子供の頃から、こうした教育が人との自然な関わりの中でされているんです。そうした意識がベースとなって、易しい街作りが成されているのでしょう。ただ、その割には街中で車いすを利用している人がとても少ないのには驚きました。
 また、この旅を通して、オーストラリアに今でも住んでいる原住民、アボリジニを知ることはとても貴重な経験でした。現地係員の話から、彼らがアメリカ・インディアンと同じように隔離保護のもと生活をし、又、残念ながら彼らアボリジニの犯罪率がオーストラリア人と比べとても高いことも知りました。元々そこに住んでいたアボリジニを、イギリスが侵略して、後に彼らを隷属した歴史があります。勝者の歴史が正当化される現実。アボリジニの吹く、あの笛の音色がなぜか物悲しげに聞こえるのは、悲哀に満ちた彼らの嘆きだったのかもしれませんね。