2003年8月20日〜24日

主催:近畿日本ツーリスト・バリアフリー旅行










【8月20日】
 オーストラリアは2度目の旅になります。前回はパースとシドニーを巡り、今回はオーストラリア大陸の北部に位置するケアンズを訪れました。
 夜9時発のJAL・カンタス共同便は、一行16名を乗せ、成田からケアンズに向け飛び立ちました。約7時間の夜間飛行。雲上に機が出ると、窓の外には満天の星空が広がり、遮ることのない月明かりが遙か7000キロ離れたケアンズへの航路を照らしだしていました。


【8月21日】
 現地、朝5時、ケアンズ空港に到着。空港到着後、現地係員の出迎えを受け、未だ闇夜の中をケアンズ市内にあるホテルに向けバスで空港を後にしました。空港からケアンズ市内までおよそ15分。朝7時、ようやく空が白みかけた頃、一行はホテル「パシフィック・インターナショナル」に到着しました。
 美しい珊瑚礁の広がるグレート・バリア・リーフと世界最古の熱帯林に抱かれたトロピカル・シティ、ケアンズは、のどかな時間の流れるリゾート・タウンといった印象です。大都会シドニーと比べ、とても小さな田舎街で、通りを歩いていてもビジネス街はなく、観光客目当てのおみやげ屋さんが軒を並べています。また、南国らしいカラフルな花々に飾られた遊歩道は、のんびりと散歩するには最適です。それにしても日本人の多いこと。観光客はもちろんのこと、ワーキング・ホリデーを使ってアルバイトに精を出す若者が街の至る所で見受けられます。裏を返せば、それだけ治安も良く安全な街と言えるのでしょうね。
 この日は特に観光の予定もなく、みんな思い思いに街を散策したり、お買い物に出かけたりして過ごしました。夕食はこのホテルの名物料理「石焼きステーキ」に舌鼓。明日から始まる観光に備え、オージービーフで栄養補給です(^。^)
街中は車イスで散策するのには特に問題ありません。ほとんどの店は店内まで平らに入れました(ただし、巨泉のOKショップは入り口に段差ありです)。 車イス用トイレは大きなショッピングセンターやホテル、DFSなどにありました。

ケアンズ港・マーリン桟橋
ヨットやクルーズ船が停泊しています。
朝8時頃です。空気が澄んで気持ちヨカッタ(^。^)
この桟橋からグリーン島へ向かう船がでます。
この時間はまだ誰もいません。
でも、午後になると水浴びをする子供たちで賑わっていました。
パームツリーが立ち並ぶシーサイド。
木陰にはいると涼しい風が吹き抜けています。

【8月22日】
 今日はケアンズ近郊にある高原の小さな街キュランダへ観光に向かいました。キュランダは熱帯雨林地帯に位置し、約1億年前のシダ、コケ類などの熱帯植物が当時のままの姿で茂り、今なお熱帯雨林にはオーストラリア固有のほ乳類、は虫類などが生息しています。
 さて、キュランダへはキュランダ観光鉄道のレトロな木造列車に乗って向かいます。乗車時間はケアンズから終点のキュランダまで1時間45分。列車は深い森の中や山間の険しい渓谷沿いをゆっくりと進み、車窓には深い渓谷や雄大な滝、熱帯雨林の大パノラマが広がっています(列車が速度を落としアナウンスが流れ始めたらシャッター・チャンスです。カメラの用意をしましょう。座席はキュランダに向かって右側がベストです)。
僕たちが乗った車両は車イス専用の車両でトイレも完備していました。ケアンズ駅には車イス用トイレがありました。なお、車両への乗り込みは、ケアンズ駅はスロープ、キュランダ駅はリフトでした。

キュランダへ向かう観光列車の前で記念撮影です。
朝8時30分、キュランダに向け出発です。
この車両は車イス専用です。
ケアンズ駅ではこのスロープで列車に乗り込みます。
車両内にあるトイレ。
車イスのまま入っても十分なスペースです。
山間の険しい渓谷を走り抜けるキュランダ鉄道。
座席はキュランダに向かって右側ですよ!!
バロン・フォールズ駅から望む滝。
この駅では10分ほど停車してくれます。
キュランダ駅ではリフトを使って降りました。

 キュランダ駅到着後、一旦バスに乗り、キュランダ・マーケットへ。手作りの民芸品やおみやげを売る店がずらりと並んでいます。続いて訪れたのが、熱帯雨林のテーマパーク「レインフォレステーション」。先住民族アボリジニによるダンスショーや、6WDの水陸両用車に乗って熱帯雨林を観察しながら進むアーミー・ダックツアーを楽しみました。
 さて、このレインフォレステーションでコアラを抱っこして記念写真が撮れます。ただし有料です。それはともかくとして、持参したカメラを使わせてくれないのには驚きでした。
キュランダ・マーケット、レインフォレステーション共に車イス用トイレがあります。

アボリジニによるダンスショー。
最近は混血が多いそうです。
でも、うしろの白塗りおじさんは生粋のアボリジニです。
躍動的な踊りが次々と繰り広げられます。
6WDの水陸両用車。
戦争中に使われていた軍用車だそうです。
こんな感じで水の中に入いります。
ここでエンコされるといやだなって感じです(^_^;)
定番のコアラ君です。珍しく起きています。
抱っこしなければ、お金はかかりません(^^ゞ

【8月23日】
 今日はいよいよグレート・バリア・リーフに浮かぶグリーン島への観光です。ケアンズ沖27`に浮かぶグリーン島は珊瑚の欠片が集まって誕生した小さな島です。神秘的なコバルト・ブルーの海に囲まれ、島を取り囲むホワイト・ビーチが目にまぶしく映ります。それは、まさにトロピカル・アイランドならではの美しさです。また、島内にはホテルやレストラン、様々なマリン・スポーツが揃っていて、ビーチでのんびり過ごすもよし、マリン・スポーツを楽しむもよしと、リゾート気分が満喫できます。
 さて、島へはケアンズから船に乗って渡りました。乗船時間は1時間15分(高速艇だと45分)。この日は波も穏やかで行き帰りともほとんど揺れることがありませんでした。島に着くと下船することなく、船尾からそのままグラス・ボトム・ボート(船底がガラスになっていて海中がのぞける小舟です)に乗り移り、色鮮やかな珊瑚礁や熱帯魚を眼下に見たり、また、海底の眺めを楽しむことのできる半潜水艦にも乗ることができます(僕は乗り移りが大変なので半潜水艦には乗りませんでした)。この後、船の中で昼食をとり、その後はみんなそれぞれに船を下りてはグリーン島のビーチでのんびり過ごしたり、ショッピングを楽しみました。僕はツアーの方3人と一緒にヘリコプター観光に向かいました。たった10分間(約8000円)ですが、上空から見るグレート・バリア・リーフの息をのむ美しさは忘れることができません。チャンスがあれば是非乗ってみてください。
 夕方、グリーン島のビーチ焼けで火照った肌を海風に冷ましながらケアンズに戻ってきました。
船への乗り降りはスロープを使います。残念ながら、僕たちが乗った船には車イス用トイレがありませんでした(もう一ランク上の船にはあるそうです)。グリーン島の中はほぼ平らです。車イス用トイレもあります。

この船でグリーン島へ向かいました。
遠くに見えるのはケアンズの街並みです。
デッキにいると船酔いしにくいんですよ。
グリーン島に到着しました。
海の色が違います。
キレイ!!
手前がグラス・ボトム・ボート。
奥の黄色いのが半潜水艦です。
シュノーケリングをしています。
立っている人もいますので遠浅です。
グリーン島のホワイトビーチが目にまぶしいです。
ヘリコプターも、やっぱりマリンブルーです。
さぁ、空の旅へ出発です
アウター・リーフの蒼い海に感激です\(^_^)/
上空から見たグリーン島です。
手前に僕たちの船が停まっています。
船から島へは桟橋で渡ります。
島内は緑溢れるリゾート施設が完備。
木洩れ日が目にやさしいです。

【8月24日】
 あと一日二日居たいところですが、今日は早くも帰国の日となりました。短い旅でしたが、大自然の中に身を置き、心身共にリフレッシュできました。そして、蒼く澄み切った珊瑚の海で魚になり、緑深く生い茂る熱帯雨林の中を鳥になり大自然と戯れる・・・・・、アボリジニのいうドリーム・タイムがちょっぴりわかったような気がしました(^。^)
 午後2時過ぎ、ケアンズに別れを告げ成田に向かいました。


 ケアンズの街中は、ほぼバリアフリーにできています。ですから、車イスでの移動はスムーズに行えました。また、ホテルや大型ショッピング・センターなどには車イス用トイレがたいてい整備されていますので、外出時のトイレも安心です。
 それにしては、今回、空港〜ホテル間やキュランダの街での移動に使ったバスにリフトが付いていないのは残念でした。今回の旅行は一都市滞在型で周遊ツアーのようにバス移動が頻繁にあるわけではなく、また、僕を除いた皆さんが自力歩行でバスに乗られていたため、さほど不便を感じていなかったかもしれませんが、やはり、バリアフリー旅行と銘打っているわけですし、バス乗降時の危険を回避する上からも、最低限リフト付きバスを用意してほしかったですね。最後になりますが、毎回僕を抱え上げてくれた添乗員さんに心から御礼申し上げますm(_ _)m