1994.8.22 〜 8.27

主催:日本旅行



 以前から、カナダはバリアフリーがとても進んだ国と聞いていました。そこで、実際にこの目でそれを確かめたい、そんな思いから僕はバンクーバーを旅してみることにしました。結果は・・・・・・。


【8月22日】
 今回は夕方5時の飛行機ですので、前泊せず空港近くの駐車場サービスを利用しました。定刻、観光客で満員のアメリカン航空は成田を飛び立ちました。ところがこの飛行機、エコノミー席は満員だったんですが、ビジネスクラスには空席があり、なんと僕はその日、ビジネス席に座らせてもらったのです。座席は広いし、食事は違いすぎるし、お土産はつくし、全てがエコノミー席と比べ違いすぎます。お陰で、乗り継ぎ地「サンノゼ」までの10時間、実に快適な空の旅となりました。
 上空から見たアメリカの大地は、緑が少なく、赤茶けた地肌がどこまでもつづく荒涼感が漂っていた。午後1時、アメリカ西海岸のサンノゼに到着。初めてアメリカ本土にその記念すべき第一歩を降ろす。外を見ると僕たち乗客がタラップから降りてくるところをポリスが何気に見ている。「やっぱりここはアメリカだ」そう感じました。ここで国内線に乗り換えてバンクーバーまでさらに2時間の空の旅。午後3時過ぎ、バンクーバーに到着、現地係員:ショーコさんの出迎えを受ける。ヒンヤリとした空気に包まれた静かな街バンクーバー市内まで車で約20分、ハイアットリージェンシーホテルに入る。日本を出発して、約15時間近い旅でした。

【8月23日】
 朝7時、ビクトリアの街へ1日観光に出発です。バンクーバー市を含むブリティッシュ・コロンビア州の州都ビクトリアは、バンクーバーから途中フェリーを乗り継いで約3時間のところにあります。まず最初に向かったのが「ブッチャーガーデン」という個人所有の庭園でした。ブッチャー氏が別荘地として購入したこの土地から石灰岩が産出、それを原料にコンクリート業を成し、巨額の富を築いたそうです。現在の庭園は、その工場跡地に花を植えて作られたもので、1年を通して季節ごとにいろとりどりの花を咲かせているそうです。
 つづいてビクトリア市内へ。かつてイギリスの植民地であったため、街の景色がバンクーバー市内とは異なり、ヨーロッパの街並みを連想させる。ちょうど僕が訪れたとき、ビクトリアの街で「障害者スポーツフェスティバル」が開催されていたため、街中花が飾られていて、より一層ビクトリアの街を華やかなものにしていました。有名なエンプレスホテルのアフタヌーンティとシャレ込もうとしたのですが、あいにく満員で諦めました。因みにお客さんの大半は日本人でした。夕方7時過ぎ、ホテルに戻りました。
 ホテルで一休みした後、夕食をとりに街に出てみる。それにしても日本人が多いのには驚く。どのギフトショップも、どのレストランも日本人観光客でいっぱいなんです。お店の店員もほとんどの店で日本人を雇っていました。ウロウロすること30分、結局日本食レストラン「千代田」に落ち着きました。お寿司を食べたんですが、これが旨くて安い。当然、夕食は毎晩この店に通いました。そういえば店の隣が、あの大橋巨泉の経営する「OKショップ」でした。

ブッチャーガーデン ビクトリアの街(後ろがエンプレスホテル)


【8月24日】
 朝8時30分、バンクーバー半日市内観光へ。空港で僕を出迎えてくれたショーコさんが案内してくれました。ショーコさんは日本人で、カナダ人の旦那さんを持ち、バンクーバーでガイドの仕事をしているそうです。とっても親切な方でした。
 最初に向かったのがバンクーバー市内を一望できる「クイーンエリザベス公園」。園内には太極拳をしている中国人がたくさんいました。つづいて「中国人街」「日本人街」を車中より見学する。というのも中国人街は安全とされているバンクーバー市内で唯一危険な場所だそうです。街のあちこちで、慈善配給に並ぶ浮浪者が長い列を作っていました。また、日本人街は名ばかりで今は倉庫街と化して、昼間でも人通りの少ない荒んだ街だそうです。
 つづいて向かったのが、バンクーバー発祥の地「ガスタウン」です。その名のとおり「ガス=蒸気」を動力にして街の暖気をしていたそうです。その名残がこの街の名物「蒸気時計」です。現在でも蒸気の吹き出しによって時刻を告げています。そして、僕がこの時計のところで写真を撮っていると、現在ある時計の製作者と会うことが出来ました。ちょうど時計の整備をしていたんです。僕が日本から来たことなどお話しするととても喜んでくれ、僕とショーコさんを自らのお店(時計屋さん)に招き入れ、実はこの蒸気時計と同型のものを2ヶ月ほど前、北海道の小樽市に設置したことなど、その時のスナップ写真やそれを報じた日本の新聞記事など見せてくれながらお話ししてくれました。お別れに絵はがきをプレゼントしてくれました。
 お昼ご飯を、皇居の3倍の広さを持つ「スタンリー公園」でショーコさんと一緒にとりました。半日市内観光はここでおしまい。その後、僕は一人で「バンクーバー美術館」「バンクーバー水族館」を見て歩きました。どちらも完全にバリアフリーです。



蒸気時計の製作者と

【8月25日】
 きょうはオプショナルツアーの無いフリーな一日。というわけで、まずタクシーで「グラウスマウンテン」へ。ホテルから20分ぐらいのところに位置している。山の麓までタクシーで行き、さらにロープウエイに乗って山頂まで行ってみる。眺めは抜群でバンクーバー市内を一望できる。
 再びタクシーに乗っていったん市内に戻り、デパートで買い物や昼食をとる。昼食後、今度は市内を走る無人電車「スカイトレイン」に乗ってみる。どの駅にもホームへの昇降用エレベーターが設置され、電車とホームの隙間や段差はなく、各車両には1ヶ所、車イス用のスペースが設けてありました。電車ひとつとっても、これだけバリアフリーが進んでいるので、車イスに乗っていても移動には全く不安がありませんでした。明日の帰国準備をして少し早めに休みました。

【8月26日】
 早朝5時にホテルを出発、空港へ。行き同様、サンノゼで乗り継いで日本に帰りました。
 帰りはエコノミークラスでしたが、ボーイング社に比べダグラス社の飛行機の方が座席もゆったりとしているように思いました。座席に座っての圧迫感・拘束感・窮屈感が少ないようでした。機内トイレも、車イスが便器に対して平行に横付けできるように設計されている箇所もありました。でも、それにしてもトイレ内のスペースはもう少し広くできないんでしょうか。

【8月27日】
 午後3時を少し回った頃、無事成田空港に到着しました。



 今回、カナダへ旅行して一番印象に残り感動したのが、バリアフリーの充実である。市内を走る電車は既述のとおり、その他にもバス・タクシーとどれも車イス利用者への配慮がなされていました。また、バンクーバー港内を行き来するシーバス、ビクトリアへ向かうとき乗船したフェリーでさえも、車イスで不便を感じたことは一度もありませんでした。レストランやデパート・美術館などのトイレも、その内の1ヶ所は扉が広く、手すりがついていて、車イスのまますっぽり入れるようになっていました。このように車イスに乗っていても、外出する上での不安がありません。ですから、街中で車イスに乗る人をたくさん見かけました。当然ですね。
 そして、こうした設備は障害者のためだけのものではなく、お年寄りや子供連れのお母さん、妊婦さんなど幅広く利用していました。きっとそこには「障害者専用」ではなく「障害者優先」の社会意識が根底にあるからでしょう。
 当時、消費税が14%(国税と州税が各7%)と、バリアフリーの充実・維持にはそれなりの負担もあると思いますが、僕はそのお陰で、たとえ障害を持っていても健常者と分け隔て無く、平等に社会参加が出来るこの国の方が積極的な人生が送れると思いました。カナダ・・・・・、とても素敵な旅でした。是非もう一度行ってみたい国です。