カナダ旅行(2) ビクトリア・ロッキー・ナイアガラ



2000.4.28 〜 5.5

主催:近畿日本ツーリスト クラブツーリズム





 カナダ旅行は今回が2度目になります。前回(1994年)はバンクーバーを拠点にビクトリアを観光しましたが、今回はそのビクトリアを含め、大自然の神秘にあふれるカナディアン・ロッキー、そして世界一有名な滝ナイアガラを巡ってきました。今回のツアーも、近畿日本ツーリストが主催するバリアフリーツアーで、17名の参加者の内、車いすを利用されている方や杖を利用されている方など、様々なハンディをお持ちの方が参加されましたが、互いに助け合いながらの楽しい旅になりました。なによりも、無限に広がる大空と、果てしなく続く地平線の広がりが印象的でした。

【4月28日】
 ツアー一行17名、夕方発のカナディアン航空で一路バンクーバーに向けて出発です。バンクーバーまでは約8時間のフライトで、途中、日付変更線を越えるため、現地バンクーバーには同日(28日)の朝10時に到着します。日本との時差は−16時間。要するに、4月28日を朝からもう一度過ごすことになります。ここで気になるのが、いわゆる時差ボケというもので、僕は多少眠くても現地のタイムスケジュールに合わせ、その日を過ごすようにしています。少々辛くても、夜10時頃まで起きていて一気に爆睡。そうして、朝7時頃起きるようにすればあまり時差ボケは感じないようです。
 空港到着後、現地係員の出迎えを受け、僕たちは市内観光に向かいました。
 さて、ここで今回の旅行最大の懸案事項に直面です。というのも、このバンクーバー滞在中(ビクトリア観光も含め)、実はリフト付きバスを利用できなかったのです。何でも、現地ツアー会社が不況のあおりを受けリフト付きバスを手放してしまったそうで、ここバンクーバーでは通常の観光バスを利用せざるを得なかったのです。幸い、僕以外の車いす利用者は自力歩行でバスの高いタラップを上っていましたが、僕はそれが出来ないため、乗降の度、パワー漲る現地の運転手さんが座席まで僕を抱え上げてくれました。あの狭くて高いタラップを70キロ近い僕を何度も何度も抱え上げてくれた運転手さんに心より感謝です。でも、そうして抱え上げるのが僕一人だから良かったものの、これが数人いたらとても無理な話で、今後このツアーを行うためには早急にリフト付きバスの調達が求められますね。
 さて、話を元に戻して、市内観光でまず向かったのが、その昔小さな工場群だった跡地が再開発され、工場の外観を残して内部はおしゃれなショップやレストラン、スーパーマーケットに生まれ変わった街グランビル・アイランド。そこにあるパブリック・マーケットには豊富な果物や食材が所狭しと並んでいて、僕たちがそこを訪れたのが昼前ということもあって、観光客に混ざり地元の人がたくさん買い物に訪れていました。
 続いてチャイニーズ街を抜け、昼食をとりにバンクーバー発祥の地ギャス・タウンに向かいました。19世紀の面影を残す石畳や煉瓦造りの建物が建ち並び、街のシンボルといえる蒸気時計が今もなお時を告げています。前回ここを訪れたとき、その蒸気時計を製作した人と出会い、その時計の由来や、同型の時計を北海道の小樽市に建造したことなどの話を伺いました。昨夏、小樽を訪れた際に、その時計を見て感慨深い思いをしたものですが、こうして二度までもこの時計に会え懐かしさでいっぱいでした。
 その後、市内から徒歩15分の位置にあってバンクーバー市民の憩いの地スタンレー・パークを散策。続いてお決まりの免税店に立ち寄ったのち、バンクーバーでの宿泊地ホテル・バンクーバーに到着、長〜い一日を終えました。



【4月29日】
 ビクトリア観光へ。バンクーバー一帯のブリティッシュ・コロンビア州の州都でもあるビクトリアは、バンクーバーからフェリーに乗っておよそ1時間半、バンクーバー島の南端に位置し、そこは19世紀のイギリスにタイムトリップしたような街並です。州都であるにもかかわらず、街は緑と色鮮やかな花が其処彼処に咲いていて、のんびりとした雰囲気の中、ゆったりと時が刻まれているようです。ちなみにこのフェリ−ですが、バリアフリー完備で、エレベーターや車いす用トイレがちゃんと整備されていて、又、船への乗り込みも障害者は常にプライオリティ・ゲストとして最優先でした。それと、揺れは全くありませんでした。
 フェリーから降りてまず向かったのが、ビクトリア観光の定番ブッチャート・ガーデン。地元の起業家で、一代で財を成したというブッチャート氏個人の所有地に、氏が世界中を旅して持ち帰った花の種を自宅の庭に植えたのが始まりだそうです。今も世界中の花が四季を通して咲き誇り、ちょうどこの時期は色とりどりのチューリップが僕たちの目を楽しませてくれます。園内を散策後、アフタヌーン・ティーをごちそうになるなど、普段はとうてい味わえない、のどかなひとときを過ごしました。
 ブッチャート・ガーデン後にして、僕たちは再びバスに乗りこみ太平洋に面した海岸線をドライブ。この海岸線一帯には、現役を退いた人たちが余生を過ごすために建てた家が海に面して建ち並んでいます。穏やかな気候に恵まれたこのビクトリアは、観光客だけでなくカナダ人にとっても憧れの地だそうです。
 バスは海岸線を抜け、街の中心部に入ってきました。そこには、ブリティッシュ・コロンビア州の政府機関が集まっていて、中でも僕たちの目を引くのが州議事堂です。緑鮮やかな芝生に囲まれ威風堂々と建つこの議事堂は、街のシンボルともいえるのでしょう。その周辺にはアフタヌーン・ティーで有名なホテル・エンプレスや洒落たお店が数多く建ち並び、この日も観光客で賑わっていました。
 帰りも往きと同じフェリーに乗ってバンクーバーに戻りました。



【4月30日】
 この日は、明日向かうカナディアン・ロッキーの観光に備え、飛行機でカルガリーまで飛び、その後、バスに乗ってロッキーの玄関口、バンフまで移動の一日です。
 バンクーバーからカルガリーまで、およそ1時間のフライトです。空港到着後バスに乗り込み、一路、バンフに向かいました。この日からはリフト・トイレ付きバス(車内のトイレは車いすのまま入れました!)が最終のナイアガラ観光まで用意され、やれやれひと安心です。
 カルガリーの市内を抜けると、間もなく、道の両側には果てしなく牧草地が広がり、遮るもののない空がこんなに広いものかと改めて見上げるほどでした。その道には、以前行われたカルガリー冬季オリンピックの競技会場や、いわゆるネイティブ・アメリカン(旧称インディアン)の居住区が見られ、正面には残雪を戴くカナディアン・ロッキーの山並みが一大パノラマのように展開しています(写真・右)
 バスに揺られること約2時間、僕たちはロッキー観光の中心地で、リゾート地としても人気のある街バンフに到着しました。周りを美しい自然に囲まれたバンフは、街中に野生の鹿が現れ、誰気にすることもなく草を食べている光景さえ見られます。
 この日はちょっとしたハプニングがあって、夕食に向かおうとバスに乗ったところ、後輪がパンクをしていて立ち往生。この後は周辺をドライブして、その後、夕食をとってからホテルに入る予定でしたが、結局、修理工場の人が1時間ほどかかって到着し、とりあえず応急処置をして僕たちは先にレストランに向かいました。実は、この修理工場の車が、搭載している機材も含め目を見張るほどの年代物(平たく言えば、超ポンコツ)で、いざ修理に掛かっても機材が満足に動かず、1時間待った挙げ句にこの年代物では・・・と、一同、気を揉んだんですが、どうにか事なきを得てバスが動き出したときは、内心、歓声を上げたかったほどでした。
 無事、タイヤの交換も済み、食後、周辺のドライブに向かいました。というのも、この時期、日の入りが大変遅く、夜9時を過ぎてやっと夕闇が迫ってくるほどで、夕食をとってからでも十分にドライブが可能でした。往年の名画「帰らざる河」(マリリン・モンロー、ロバート・ミッチャム)で撮影に使われたボウ滝、バンフの街を見下ろすカスケード・マウンテン周辺を散策。“森と湖の国カナダ”を実感させる景観が車窓に広がりました。
 散策を終え、夜8時過ぎ、ホテル・リムロック・リゾートに到着。山間の街バンフも、ようやく夜の帳に包まれようとしています。



【5月1日】
 今日はこの旅行最大のハイライト、カナディアン・ロッキーの観光です。美しい山並みと大小さまざまな湖。そして、何万年の歳月を経て創られた氷河・・・・、そこは大自然の神秘が満ちあふれています。
 朝方、山岳特有のお天気で、低くたれ込めた雲から冷たいにわか雨が降り続いています。途中、立ち寄った「ロッキーの宝石」レイク・ルイーズでは、冷たいみぞれ雨が降りしきり、吐く息も白い陽気となりました。この辺りはすでに標高が1300メートルで、一帯は依然冬の様相を残しており、湖には一面氷が張っています。
 今日の目的地、コロンビア大氷原までバンフからおよそ180キロの道のりで、バスで2時間以上かかります。しかし、道の両脇には様々な表情を見せるカナディアン・ロッキーの山並みが遙かに続き、車窓からの眺めは決して見飽きることがありません。幸い、お天気も次第に好転し、コロンビア大氷原に着く頃は青空さえ見えてきました。
 午後2時過ぎ、コロンビア大氷原の一つアサバスカ氷河に到着しました。そのアサバスカ氷河、最も厚い部分は氷の下が360mにも達し、その面積325kuは名古屋市がすっぽり入る大きさだそうです。僕たちはその手前で雪上車に乗り換え、実際に氷河の上まで進みました。もちろん、この雪上車にもリフト付きが用意され、車いすでも何ら問題もなく乗り込めました。
 直径が1m以上もある巨大タイヤの雪上車に乗り、蒼い光を静かに放つ氷河の上をゆっくり進んでいると、そこが地球ではなく、どこか遠い異星の上にいるような錯覚に陥ります。20分ほど進んだところで雪上車は止まり、実際にその氷河の上に降り立つ時が来ました(写真・左)。リフトが静かに下がり、いよいよ氷河の上に降り立つ瞬間、僕の頭にはアポロ11号のアームストロング船長が人類史上初めて月面に降り立ったときのことを思い出していました。何万年の歳月を経て創られた氷河は思った以上に硬く、晴れているとは言っても、身も凍みるほどの寒風が吹き付けています。その寒さは、ものの10分と外に出ていられないほどで、おまけに一面の雪景色が目に眩しく、次第に目が開けていられなくなってきました(サングラスが必要!)。紫外線も非常に強いらしく、ホテルに戻って鏡を見ると幾らか顔が焼けていました。
 いわんや、この大氷原、長い歳月にわたり厳しい自然の摂理によって育まれ、なおかつ、人の往来を阻み続けたからこその創造物で、それ故に、僕たちは今こうして地球の贈り物に接することが出来るのです。



【5月2日】
 カナディアン・ロッキーの観光を無事に終え、残すはナイアガラ観光です。今日はそのために丸一日をかけてトロントに移動です。
 様々な表情で僕たちを魅了したカナディアン・ロッキーに別れを告げ、再びカルガリー空港までバスに乗り、11時発の飛行機でトロントに向かいました。約4時間のフライトです。同じ国の中を移動するのに、飛行機で4時間もかかるとは・・・・。4時間と言えば、成田からサイパンやグアムまで飛んでしまう距離です。カナダという国が如何に広いかを知ることが出来ますね。
 夕方、トロント市内にあるロイヤル・ヨークホテルに到着しました。このホテル、“ロイヤル”と銘打っているところからも分かるように、英国王室がトロント滞在に利用するホテルで(バンクーバーでは僕たちが泊まった「ホテル・バンクーバー」が定宿だそうです)、ロビーにエリザベス女王夫妻の写真と、夫妻に出されるアフタヌーン・ティーが展示されています。それだけに、このホテル、なかなか格式高いホテルでした。
 この日の夕食は鉄板焼きで有名な「紅花」。久しぶりに日本のご飯とみそ汁が出され、その美味しかったこと。中には、たとえばホテル側の配慮で朝食に出される和食メニューを横目で見て通り過ぎる方もいらっしゃますが、僕はやっぱり和食メニューの前に足を止めてしまいます。おかげさまで、この日のみそ汁で壊れかけた僕の味覚が一気に蘇生されました。



【5月3日】
 さぁ、このツアーもいよいよ最後。楽しみなナイアガラ観光です。朝、ホテルを出発、トロント市内からフリーウェイを通って約一時間半、カナダとアメリカの国境にある世界一有名な滝ナイアガラに着きました(写真・右)
 バスから降りると、その眼前には二つの滝、巨大なカナダ滝と、やや小振りなアメリカ滝が威容を誇っています。僕たちは、早速、遊覧船「霧の乙女号」に乗ってその滝壺の間近にまで進みました。みんな一様にブルーのカッパを身に着け、びしょ濡れになりながらその滝を真下から見上げると、怒濤の如き凄まじさで落下してくる水量にはただただ圧倒されるばかりで、その様相は圧巻の一語に尽きます。ただし、この二つの滝、その水量には圧倒されますが、日本の滝に見られるような、たとえば日光の「華厳の滝」や富士の「白糸の滝」のような優美さや優麗さは感じられません。その姿においても、カナダ的・アメリカ的大らかさを感じました。
 遊覧船から降り、その滝を展望できるレストラン「テーブル・ロック・ハウス」で昼食をとった後、ナイアガラからバスで1時間のところにある小さな田舎街ナイアガラ・オン・ザ・レイクに向かいました。その昔、アッパー・カナダの首都であったというこの街は、19世紀で時計が止まってしまったような家並みや並木道が古き佳き時代を彷彿とさせてくれます。これまで、バンクーバー、カルガリー、トロントと近代的ビルが林立する現代都市を見てきましたが、その始まりはこのような街が発展したものなのでしょうね。



【5月4日】
 いよいよ、今日は日本に帰国の日。みんなそれぞれに気心も知れ、もう少し旅を続けたいと思うこの辺りが頃合いなのでしょう。今日・明日は、そのほとんどの時間を機上で過ごすことになります。
 まずはトロントからバンクーバーまで飛び(約5時間)、その後、成田に向かい、想い出の地カナダに別れを告げました。
 ここで、ちょっとうれしいハプニング。成田へ向かう飛行機で、何とビジネスクラスへの座席替えがあったんです。エコノミークラスと比べ、食事やその他サービスに格段の差があることもそうですが、何よりうれしかったのは、ゆとりのある座席で体がとても楽だったことです。エコノミークラスの座席は、あまりにも窮屈で乗ったら最後、降りるまで長時間、体を拘束されてしまいます。立ち上がってみたり、例え狭くても機内を歩きながら体や足をほぐすことさえ出来ない僕には、せめて、ゆとりのある座席が利用できればどんなに体が楽でしょうか。
 飛行機という乗り物、国際線ともなれば10時間、12時間の長きにわたり座っていなければならないことがあります。決して贅沢をするわけでなく、もう少しリーズナブルな価格でビジネスクラスが利用できるよう、航空会社に切に望みたいものです。兎にも角にも、カナディアン航空の配慮には心底より感謝です。



【5月5日】
 日本時間、午後3時すぎに無事、成田空港に到着しました。感動と驚き、そして、大自然の神秘に触れた旅もついに幕引きとなりました。



 カナダのバリアフリーは、ハード(施設や設備)、ハート(心)の両面においてとても充実していると思います(バンクーバーでリフト付きバスが利用できなかったのは意外でしたが・・・・)。特に、行き交う人々が投げかける微笑みは、僕たちに勇気を与えてくれました。また、近畿日本ツーリストの入念な下調べもあって、少なくとも今回の旅行中、利用したホテルやレストラン、その他、様々な観光ポイントで憂慮する事はほとんどありませんでした。