1994.4.29 〜 5.3

主催:日本旅行



 いよいよ一人旅の始まりです。その記念すべき第1弾はサイパンのお隣り「グアム」です。いままでは友人がいたのでちょっと手を借りることもできましたが、今度の旅は一人。ちょっぴり不安もありましたが、とにかく挑戦してみました。


【4月29日】
 前夜、成田空港近くのホテルに前泊する。午前10時、成田発の日航機で一路グアムへ。グアムまでの飛行時間は約4時間。サイパンと同様に、入国手続きは優先的にやってもらえるので実にスムーズ。ハンディキャッパーは最後に飛行機から降りますが、入国審査を終えてロビーにでるのはたいがい一番最初になります。だからけっこう待つこともあるんですね。
 バスでハイアットリージェンシーホテルに向かう。新築のホテルで館内も新品同様、部屋もまだ「新しい」臭いがして気持ちいい。それにしても広い部屋、一人でいるにはもったいないくらい。でも、このくらい広いと車イスに乗ったままでも、充分に部屋の中を行き来できて楽でした。それにしても、窓からの眺めは抜群。太平洋、独り占めって感じです。



【4月30日】
 朝、そよ風が南国の薫りを運んでくるなかお目覚め・・・・・、う〜ん、ちょっと贅沢な瞬間。この日は明日からのオプショナルツアーを申し込んだり、ホテル内やホテル付近の散策、あとはプール(写真)とビーチでのんびりと過ごす。ここはサイパンのハイアット同様、ホテル内に日本食レストランがあるので助かります。少しぐらい高くっても、やっぱり日本食を日に一度は食べないと食事をした気がしません。「ざるそば」が妙にうまかった!



【5月1日】
 オプショナルツアーに出発。4WDジープでグアム南部地区の「アドベンチャージープラリー」へ。ジープで南部地区の観光も兼ねるということで申し込んだんですが・・・・・、「アドベンチャー」という言葉にちょっと引っかかっていましたが・・・・・・、わぁ、やっぱりやめておけば良かった。ツアーが終わったとき、僕の頭は真っ白。
 運転手と僕、あと二人連れのお客さんの4人、車に乗り込むとさっそく南部地区へ、周りはだんだんとジャングルみたいになってくる。と突然、車は目の前の断崖絶壁を昇ったかと思うと、今度は真っ逆さまに崖を落っこちる。なんのために・・・。それも凄いスピード。コワイのなんのって、はじめは笑っていたみんなも、次第に笑みが消え、無言になって車にしがみついているんです。いや、ヘラヘラ笑っていようものなら、舌をかんじゃいます。「何が観光だ!」「車は道路を走れよッ」「こんなところで死にたくねぇ〜」って感じ。シートベルトのありがたさを痛感した以外、「いったい何だったの、このツアー」。ラリーのあと昼食をとりにレストランに寄ったんですが、何も食べたくない、何も食べられない状態。最後に運転手さんのご厚意?で海を見に行こうというのでお願いしたら、これまた鳥でなければ行けないようなところへ入って行くんです。まるで岩場。お陰でツアー中、食事以外、一回も外へ出られなかった僕でした。
 フラフラ、ガクガクになってホテルへ戻った僕は、しばしプールで一休み。夕食後、落ち着いたところで「さぁ、ドックレースだ」。8頭立ての競走犬が、競馬同様トラックを周り、その単・複・連を当てるというもの。僕は部屋番号「528」を使い「258」の3点買いでレースを楽しみましたが、残念ながら1レースもとれませんでした。それにしてもお客の大半は、やっぱり日本人でした。



【5月2日】
 午前中、サイパンの時ちょっと味を占めた「ヘリコプター遊覧飛行」に再び参加しました。上空から「恋人岬」や自分が泊まっているホテル、そして先日亡くなった元日本兵横井さんが隠れ住んでいた洞穴を案内してもらう。グアムにはアメリカ軍の空軍基地があるので、グアム島一周といっても実際は島全体の3分の2程度の遊覧飛行でした。
 今日はグアム最後の晩なので、いつもの日本料理屋へ行って、ちょっと奮発。“天ぷら刺身定食”を一人旅が無事成功したのを祝って自らにご馳走しました。いつもは“ざるそば”か“玉子雑炊”ばっかりだったので、久しぶりのご馳走でお腹いっぱいになりました。ところが店のマネージャーがやってきて、毎日の来店を感謝しますといって、今日の食事は私どものプレゼントとさせて下さいとのありがたいお言葉。ということでご馳走になっちゃいました。
 食後、夕闇せまるビーチ(写真)で一休みしてから、ホテルの正面に建つエンターテイメント・ホール「サンドキャッスル」でラスベガスのショーを楽しむ。迫力満点の猛獣ショーや大仕掛けのマジックショー(でも、ちょっと二流っぽいかも)が第1部、第2部は、これぞラスベガスと思わせる(多分?)歌ありダンスありの豪華なレビューでした。ホールに入場するとバニーちゃんがススッと寄って来て「ハイ、チーズ」「カシャ!」、ショーが終わるとロビーに先ほど撮った写真が所狭しと飾られていて「ハイ、10ドルね」、でそれを買うと、先ほどの猛獣使いがそれにサインをしてくれるという、まさに「悪魔のルートサービス」。記念だ、とか言ってみんな買っていました・・・・・・、そして、僕も(^-^;



【5月3日】
 昨日、ラスベガスのショーを見に行く前、ホテルのロビーで一人の紳士に声をかけられました。その紳士は車イスに乗っている僕に「グアムはいかがですか?車イスに乗っていて不便を感じたところはありませんか?」と尋ねてきました。その紳士は弁護士で、主な仕事はグアムに住む障害者に適した仕事を紹介したり、障害者が生活していくうえで不便を感じる点や改善してほしい点があったとき、その人と政府間との交渉をお手伝いするそうです。また、障害を持つ者がグアムを自由に快適にエンジョイできるように、様々な改善に取り組んでいるそうです。僕が今回一人でグアムに来たことなどお話しすると、その紳士は僕に大変興味を持たれて「明日、出発までの時間にぜひ事務所へ遊びに来て下さい」と誘ってくれました。事務所はグアム島最大のショッピングモール「マイクロネシア・モール」の中にありました。片言の英語で、日本の障害者に対する社会の現状や障害を持って海外へ出かける際の注意点などお話ししました。ただし、どこまで僕の真意が相手に通じたかは、全く謎ですが・・・。
 ショッピング・モールからいったんホテルに戻って帰国の準備です。午後3時にグアムを出発、帰国の途につきました。



 今回、初めて一人旅に挑戦してみましたが、ある程度自分の身の回りのことが出来、受け入れ側の施設や設備がバリアフリーに整備されていれば、特に大きな問題はありません。そういう点で、ヨーロッパ圏はその整備が不十分ですので、アメリカ・カナダ圏が安心ということになるのでしょう。