1992.8.22 〜 8.27

主催:近畿日本ツーリスト



 僕にとって初めての海外旅行です。その興奮はいかばかりのものか。自身もその準備段階から夢見る少年になっていました。今回は職場の仲間5人で出かけました。


【8月22日】
 成田空港に集まり、出国手続きを済ませ搭乗ゲートへ。僕は飛行機搭乗口で機内用車イスに乗り換えて座席へ向かいました。それにしても、エコノミー席が思ったよりも狭いのには少々驚きました。
 さて、正直なところ飛行機に乗るのは初めての僕、興奮と緊張が交差して落ち着かない。飛行機が滑走路に入り、エンジンの回転をどんどん上げていく。次第にスピードが加速されると、僕の体は後ろに引っ張られていく、「そうか、これがGか!」。機体が放物線を描くように急上昇する・・・・「う〜ん、快感」。こうして午後6時、定刻通り我々の乗る飛行機は一路ハワイに向けて飛び立ちました。飛行機は太平洋を航行、次第に窓の外は闇に包まれていく。食事や映画を見ている内に時間は過ぎ、ハワイまであと1時間のところで窓の外に朝焼けが広がってきました。空がすっかり明るくなり、眼下には蒼い海に囲まれたハワイ諸島が見えはじめました。いよいよ7時間の飛行も終わりを告げ、機体はハワイ・ホノルル空港に向かって高度を下げていきます。現地、早朝午前6時過ぎ、無事空港に到着、記念すべき海外第一歩を踏み出しました。
 外は早朝ということもあって、わりと涼しい。「常夏の島ハワイ」を期待していた僕はちょっとがっかりでしたが、そこはハワイ。到着ゲートから出て現地の女の子にハイビスカスのレイをかけてもらうと、もう気分はすっかりハワイ。実に単純である。
 さぁ、市内観光に出発です。「アロハ工場」「市庁舎とカメハメハ像(写真)」「イオラニ宮殿」 「ドール・パイナップル工場」を見学。この頃になると、日本を発ってから一睡もしていないせいで、目がシバシバして、ついには眠気がおそってきました。そんな僕たちを励ますように、現地案内人はDFSへ僕たちを連れていきます。眠気と時差ボケの中、知らず知らずに買い物させられ、午後3時、やっと「アラモアナホテル」に到着しました。一休みして、さっそくプールで一泳ぎ。冷たいプールの水が眠気を覚まし、見上げるとそこには青い空が澄み渡り、木綿のように真っ白な雲があちらこちらにポッカリと浮かんでいます。「ついにハワイへ来たんだな・・・、4日間なんて、アッという間に過ぎるんだろうな・・・・」そんなことを思いながらプールに体を浮かべていました。こうして、長い長い一日が終わりました。



【8月23日】
 午前中、プールで泳いでから、午後、タクシーで真珠湾・アリゾナ記念館(写真)へ。記念館はホテルから車で20分ほど行ったアメリカ海軍の軍港内にありました。記念館には、日本軍による真珠湾攻撃に関する資料が数多く展示され、戦争の悲惨がいまもなお語り継がれている。隣接するホールでは当時の実写フィルムをガイドが説明して見せてくれました。その後、ボートに乗って日本軍によって轟沈させられた戦艦アリゾナの艦上に建てられた慰霊碑に向かう。そこから海面を見下ろすと、数メートル下に戦艦アリゾナの船影が見える。慰霊碑の壁には攻撃によって亡くなったアメリカ人の名前が刻まれている。いま、慰霊碑に多くの観光客が訪れ記念写真を撮っている姿を見るにつけ、この平和が恒久にわたり続くことを願わずにはいられませんでした。
 続いてホノルル美術館へ。白壁と回廊に囲まれ、静寂の中に建つこの美術館は、地中海風土の雰囲気を醸し出し、いっとき、ハワイにいることを忘れてしまう。展示物はゴーギャン、ゴッホ、モジリアーニ、ピカソといった西洋絵画から、日本や中国の古美術まで幅広く飾られている。 夕食はちょっと豪華に、ホテル最上階のレストランで、サンセットを眺めながらとりました(ただし、食事は美味しくなかったな)。



【8月24日】
  「きょうは海に行って来ましょう」ということで、ホテルから歩いて15分ぐらいのところにあるアラモアナビーチへ海水浴に行きました。どこまでも続く白い砂浜に強烈な太陽光線が容赦なく降り注いでいる。少し焼きましょう、とビーチにねっころがったのは良いけれど、ほんの数時間でその暑さにgive-up。いったんホテルに戻って昼食をとってからタクシーでワイキキビーチへ。さすがワイキキ通り、人手が多くとっても賑やか。おぼつかない片言の英語を使って現地の人を相手に買い物をしてみる。ところが、帰ってくる返事は流ちょうな日本語、ここは日本か?。
 夕食はホテル近くの日本食レストランへ。6ドル(当時で900円くらい)で、カツ丼を食べてみる。久しぶりの日本の味が妙に懐かしく、ハワイに来ていながら「日本人はやっぱりこの味でなきゃダメよ!」とのたまってしまう。



【8月25日】
 ハワイもきょうで最後。そう思うと寝ていたのではもったいない、早起きして時間を惜しむようにまずプールへ。昨日の日焼けあとがヒリヒリしているのに、とりつかれた様に再び体を焼く。ここまで焼くと、さすがに服がすれても痛い。午後からホテルに隣接するアラモアナショッピングセンターへ「おみやげ」の買い出しに行く。それにしてもこのショッピングセンターは広い。2日がかりで見ないと、とても全店回りきれない。でもここはスロープやエレベータなどがよく整備されていて、とても快適にショッピングが出来た。
 ハワイ最後の晩は、もう定番ですね、「ポリネシアンショー」を見ながらのディナーです。ハワイアンダンス・タヒチアンダンス、そしてショーの最後はこれまたお決まりのファイアーダンス。バイキング料理はお世辞にも旨いとは言えないが、初めて生で見たショーは結構迫力があり、ハワイアンダンスは南国ハワイにいることを再認識させてくれる。それにしても、500人ほどの会場の9割を日本人が占めている。ハワイとは言っても、もはや日本人のための観光地のようです。
 いよいよ明日は帰国、ホテルに戻り荷造りを済ませ早めに休むことにしました。窓の外は満天の星空の下、ハワイ最後の夜が静かに更けていました。



【8月26日】
 早朝7時半にホテルを出発、空港へ向かう。午前10時、ユナイテッド航空821便は、楽しかったハワイの思い出をたくさん詰め込んで日本へ向けて飛び立った。眼下には僕たちを迎えてくれた白い雲と蒼い海原が、お別れでも言いたげに限りなく広がって僕たちをいつまでも見送っている。帰りは思い出話しにはなが咲き、7時間のフライトは短くもさえ感じた。



【8月27日】
 日本時間、27日、午後12時を少し回った頃、7時間のフライトを終え僕たちは無事成田空港に到着しました。こうして僕の初めての海外旅行は楽しい思い出と共に幕を下ろしました。



 車イスに乗る僕にとってもっとも不便さを感じたのが飛行機でした。空港内は特に問題はありませんでしたが、飛行機の中には数々の改善点があると思います。まずなんといっても早急に改善してほしいのが「機内トイレ」です。狭い・・・、狭すぎる。室内は体の向きを変えるのも難しく、とてもではないが介助者と一緒にトイレへ入るのは不可能です。今回は7時間のフライト中、一度もトイレに行かずに過ごしてしまいましたが、これ以上の時間のフライトでは不可能でしょう。現在のトイレのうち、一ヶ所だけでも広めに作ってほしいと思います。また、ウォシュレットをつけるのも良いかと思います。
 ホテルはハンディキャップルームとその隣の部屋を二間続きでとってくれました。ただし、洗面所やトイレのサイズが僕たち日本人より体の大きいアメリカ人を基準にしてるため全てに大きすぎた。
 街中は、どこへ行っても車イスの移動を遮るものはなく、また、外国人の僕たちに対する心遣いはとても自然で押しつけがましいことはありません。外国に出てみて僕自身がとても積極的になれたことが嬉しかった。