1997.8.20 〜 8.27

主催:近畿日本ツーリスト クラブツーリズム




【8月20日】
 成田空港、午前9時、今回の「北欧4ヶ国周遊旅行」に参加する一行10名が元気な姿で集まりました。今回のツアーは添乗員のSさんをはじめ、Yさんご夫妻、Mさん親子、Oさんご一家、そして僕同様に一人で参加されたKさんと僕の計10名となりました。添乗員のSさんより出国手続きに関する説明のあと、メンバー各々の紹介と旅の安全を願って、さぁ出発です。午前11時、フィンランド航空で成田から約11時間、フィンランドの首都ヘルシンキに到着しました。現地、午後3時過ぎに空港に降り立ち、その日は空港からまっすぐに宿泊地「シーサイドホテル」に向かいました。ヘルシンキはロシアの統治下にあったためか、ロシア色の濃い建物が多く、ヨーロッパにある街並みとはちょっと雰囲気が違い、暗く寂しい感じがしました。



【8月21日】
 午前中の自由時間を利用して、Yさん、Mさんと「アテニューム美術館」へ。
 昼過ぎ、全員揃って市内観光に出発。昼食後、「テンペリアウキオ教会」「シベリウス公園」「ウスペンスキー大聖堂」「元老院広場」「マーケット市場」を見学。
 夕方、この旅のハイライトの一つ豪華客船「シリアライン」に乗船し、この船でスウェーデンの首都ストックホルムに一晩かけて渡りました。船内はまさに「動くホテル」といわれるほどの豪華さで、一晩中バンドによる生演奏が行われたり、カジノがあったり、ショッピングモールやレストランは数知れず。船内には、日本人スタッフも乗船しており、僕たちの買い物のお手伝いや広い船内を案内して下さいました。夕方、船外に眺む、夕陽は息をのむほどきれいで素敵なものでした。



シベリウス公園
(後ろのオブジェはシベリウス像)


ストックホルムの街
00000000


【8月22日】
 午前10時、ストックホルム到着後、さっそく市内観光に向かいました。各国の大使館街を通りガムラスタン(旧市街)、ノーベル賞の授賞式が行われる「市庁舎」などを見学。つい最近、大江健三郎氏がここでノーベル賞を受賞したのかと思うと感慨深いものがありました。スウェーデンはヘルシンキとは違い、ヨーロッパ文化の影響を大きく受けた街づくりがされ、「北欧のベニス」と言われるほど、街全体が水に囲まれた、それは綺麗な水都でした。
 昼過ぎ、ストックホルムから空路でノルウェーの首都オスロに向かいました。オスロは樹木に囲まれた静かな街で、その中心に王宮と大学があり、夏休み明けの学生たちで活気に満ちあふれていました。昼食後、市内観光へ。時間の都合で車中観光が続く中、「フログネル公園」を下車見学。夕方、オスロ郊外にある「スカンディックホテル」に到着しました。



【8月23日】
 いよいよこの旅の二つ目のハイライト「フィヨルド観光」に出発です。オスロからスカンジナビア半島の西海岸に位置する第二の首都ベルゲンまでバスとフェリーを乗り継ぐ、二日がかりの旅になりました。
 初日はバスで中間地点のラルダールまで向かいました。スペリエン湖畔・ベグト渓谷など、北欧特有の深い森と渓谷、蒼く澄み渡る湖、果てしなく続く牧草地の緑が印象的で、自然が創り出す雄大な景色を堪能しました。また、かつてのバイキング国の名残である「ステープ教会」は、キリスト教的教会とは趣を異にするバイキング文化独特の様式を見せてくれました。330km近く走り、夕方、ラルダール「リンドストロームホテル」に到着。山の谷間にひっそりと建つ、ロッジ風のホテルでした。



スペリエン湖


ステープ教会



【8月24日】
 朝食後、ホテルを出発。ホテルのすぐ近くにある寄港地からフェリーに乗り、ノルウェー最大のフィヨルド「ソグネフィヨルド」の雄大でダイナミック、かつ幻想的な景観を船上から堪能しました。それまでの湖と違い、フィヨルドは地球氷河期以降、1万年以上の歳月をかけて創り上げられたそうです。その氷河期が終わり、地球温暖化により溶けだした氷河が大地を削ずり、そこに海水がしみ込んで出来たそうです。ですから、フィヨルドは「海」とのこと。丁度、グランドキャニオンを下から見上げる、といった感じでしょうか。まさにこの旅最大のハイライトでした。旅を通して、30度を超す毎日(この時期としては、北欧で100年ぶりの暑さと晴天続きだそうです)でしたが、ここだけは20度以下の寒さでした。
 バスとフェリーを乗り継ぎ、2日がかりのフィヨルド観光を終えて無事ベルゲンに着きました。ホテルは街の中心地にある「ブリストホテル」、建物の外観はとても古い感じですが、中は近代的なアメリカンスタイルの造りになっていました。
 この2日間、私たちのツアーに同行してくれた現地案内の北山君、ドライバーのヴィーダーさんともここでお別れです。好青年と好紳士の二人によって、とても素敵な旅をすることが出来ました。お世話になりました。
 ベルゲンはユネスコ遺産にも指定された、ハンザ同盟時代の職人たちが住んでいた家が建ち並ぶ港町。小高い山の頂上から見た、夕闇迫るベンゲルの夜景は、それまでの長旅の疲れを癒やしてくれる美しさでした。年間の降水日が200日を裕に超えるこの街も、私たちの到着を祝うかのように晴天で迎えてくれました。

ソグネフィヨルド 夕闇迫るベンゲルの街

ハンザ同盟時代の家並み



【8月25日】
 朝食をとったあと出発までの時間を利用して、市内見物と朝市へ。海の幸が多数並ぶ朝市は、早朝のすがすがしい空気の中、活気に満ち始め数多くの観光客で賑わいはじめました。
 ベルゲンを発ち、空路でこの旅の最後の訪問国デンマークの首都コペンハーゲンに向かいました。残念ながら2時間程度の市内観光だった為、「アマリエンボー宮殿」「ゲフィオンの泉」「人魚の像」を見学するにとどまりました。ストックホルム同様、もう一度ゆっくり見て回りたい街でした。
 夕方、空港近くの「ラディソンSASホテル」に到着。この旅の最後を飾る夕食は、それまでの楽しい旅の思い出話しと共に過ぎていきました。

僕の右後ろに見えるのが、かの有名な人魚の像です(^_^;)



【8月26日】
 早朝ホテルを出発し、空路でヘルシンキにはいる。乗り継ぎまで5時間近くあるので、Yさん、Kさんと空港からタクシーで30分ほどのところにある、民族村に出掛けました。園内にはフィンランドの古い住居が展示されていました。
 夕方5時、成田に向けて出発。帰りは往路に比べ1時間短縮し、約10時間のフライトとなる。



【8月27日】
 日本時間、朝9時、無事成田に到着。税関通過後、解散。みんな、それぞれ楽しかった旅の思い出を胸に家路につきました。




 旅行中、食事は魚料理が中心となり、中でもサーモンがよく出されました。また、乳製品はさすがに豊富で牛乳やチーズがとてもおいしかったです。それと「水」、これは本当においしかった。
 難点といえば、物価がとても高いこと。福祉国家のため、所得税はなんと40%以上だそうです。消費税が4ヶ国ともほぼ20%以上で、たとえばコーラ1本が500ccで約240円、たばこ1箱が約600円。併せて、手数料がこれまた高く、仮に2000円を両替すると、手数料だけで600円も取られます。

 さて、今回の旅行はいままでの一人旅と違い、初めてツアーに参加してのものでした。近畿日本ツーリストが「足の不自由な方を対象」と銘打って企画したツアーで、参加者は僕のように車イスに乗っている者、杖を使っている方などいずれもがハンディをお持ちでした。現地での移動はリフト付きバスが使われ、ホテルはハンディキャップルームが優先的に利用できました。また、北欧の国々は社会福祉が充実しているので、ホテルや船の中にもスロープや身障用のトイレが設置されていて、余り苦労することはありませんでした。ただ街中にある古い建物は、法律でその改造や改築が禁止されているため、やや不便さを感じることもありました。
 しかし総じて今回のツアーは、添乗員をはじめ現地の係員やバスの運転手がとても親切に面倒を見てくれ、また、ツアー参加者もそれぞれ助け合いながらの旅となりました。ハードな部分の不備は、みんなの助け合いでどうにかなるものです。それを実感できただけでも、この旅は意義があったと思います。