1998.8.14 〜 8.23

旅行依頼先:近畿日本ツーリスト クラブツーリズム




 歴史に触れる街“ローマ”、文化・芸術に出逢う街“フィレンツェ”、粋な着こなしを知る街“ミラノ”と、イタリアには世界中から人を惹きつける魅力がある。美しき国イタリア・・・・・、それは様々な魅力に溢れた街でした。 



【8月14日】
 成田空港、午後12時、JAL409便は一路ローマに向けてその翼を大空に羽ばたかせました。今回の旅行も、いつもの気ままな一人旅。出発前に空港で旅行会社の人と行程について綿密な打ち合わせを済ませ、機上の人となりました。飛行機はローマ直行便ですが、一旦給油のためミラノに降りますので、成田からは約14時間の長旅になりました(ミラノまで約12時間、給油休憩をはさんでミラノからローマが約1時間)。途中、スイス国境を越えてミラノに入る直前、12時間の長旅にへきへきしていた僕ら乗客が一斉に感嘆の声を漏らした瞬間がありました。それは眼下に広がるアルプス山脈で、機長がわざわざアナウンスしてくれました。雲海から突き出た険しいアルプスの山並みは神々しく光り輝き、そこに神々が住んでいると言われても、何ら異論を唱えることが出来ない情景でした。中でも、天にその高さを一段と誇るマッターホルンは夕映えに紅く染まりつつ、この世のものと思えぬ美しさを湛えていました。
 現地時間、14日、午後8時、飛行機は無事ローマ・フィウミチーノ空港(別称レオナルド・ダ・ヴィンチ空港)に到着、現地係員の出迎えを受け、タクシーにてパラティーノホテルに向かいました。ホテルはコロッセオの近くにあって、中心街からはちょっとはずれたところに位置しています。しかしこのホテル、館内はエレベーターもハンディキャップルームもあるのに、玄関に6〜7段の階段があるのには驚きました。簡易のスロープがありましたが、滞在中はいつもフロントの人に手伝ってもらい上げ下げしてもらいました。ちなみに外から帰ってきたときは、乗ってきたタクシーの運転手にフロントの人を呼んでもらうなど、やや面倒な思いをしました。



【8月15日】
 午前中、テルミニ駅前にあるローマ国立博物館へタクシーで向かいましたが(以後、市内観光は全てタクシーを利用することとなる)、博物館が改築中で、今はその前にある仮の建物で展示していました。展示物は、主にローマ時代の彫刻とモザイクで、余り気を引く展示物はなかったように思います。しかし、仮の建物とはいえ、車イス用の出入口、エレベーター、車イス用トイレの設置と、それまでのイメージを覆す整備に安心したのですが、やはりそれが偶然の産物に過ぎないと知ったのは、早くも午後の市内観光からでした。
 お昼過ぎ、日本人ガイドと一緒に市内観光へ出発(日本人ガイドとの市内観光は以降どの街でも4時間です)。ローマの象徴コロッセオ、映画「ローマの休日」でおなじみの真実の口、スペイン広場、ナヴォーナ広場、コイン投げで有名なトレヴィの泉などを巡る。しかし、何といっても圧巻だったのがバチカン市国にあるサン・ピエトロ寺院でした。カトリック教会の総本山として、その寺院は荘厳にして壮大なスケールを誇っています。ミケランジェロ、ベルニーニなどルネッサンス期とバロック期を代表する巨匠達が、その建築と装飾に携わったと聞きました。その美しさや、息をのむほどのダイナミックさは、いかなる形容詞を使っても、それを的確に言い表すことが出来ません。これは是非、自身の目で見て、体で感じてほしいものです。院内へは、寺院を正面に見て左手の奥(かなり距離あり、その上、坂道)にある車イス用スロープから入りました。なお、一般のトイレは、寺院を正面に見て左右にありますが、左手にあるトイレは、車イスのままブースに入れる個室がありました。でも、 衛生面はかなり悪いです。

 とにかく、市内には公衆トイレがほとんど無く、これにはいささか参りました。一般の人はカフェやレストランで済ませればよいが、僕たちはそうもいきません。それらのトイレは地下にあったり、段差や間口が狭く、車イスのまま近づくことさえ出来ません。ですから、大きな美術館や博物館に行った際は、出来るだけそこのトイレを利用しておきましょう。おおむね、主要な美術館や博物館には車イス用トイレがありました。あるいは、その街の中央駅(ex.ローマならテルミニ駅)にある車イス用トイレを利用するのもいいでしょう。



真実の口
スペイン広場



【8月16日】
 今日は一人で市内散策へ。まずは、ローマ市内にあって、ローマ市民の憩いの場ボルゲーゼ公園へ。その中にあるボルゲーゼ美術館へ向かいました(前もってホテルのフロントで、車イスで館内に入れるかどうか聞いてもらい、OKということで向かいました)。館内へは建物裏手から入れますが、残念ながらそのフロアーしか見られません。でも、ベルニーニの最高傑作「アポロとダフネ」は見ることが出来ました。
 ボルゲーゼ美術館を出てから、木漏れ日のなか、緑豊かな公園をのんびりと散歩。その後、タクシーに乗ってサンタンジェロ城へ向かいました。残念ながら城内には入れませんでした。そこで、お城の横を流れるテヴェレ川沿いにバチカン市国まで散歩。途中、カフェに寄ってトイレに行こうとしましたが、地下にあって使えず。そのまま、再びサン・ピエトロ寺院へ向かいました。この日はちょうど日曜日とあって、院内では日曜ミサが行われており、パイプオルガンの荘厳な響きと合唱団のクリスタルボイスが奏であい、それはまさに聖霊の響きとなって聴く者の心をやさしく包み込んでくれました。
 夕食は昨日市内観光でガイドをして下さったAさんと一緒に、イタリア料理を食べながら楽しいひとときを過ごしました。

 市内観光はそのポイントごと、タクシーを乗り継いで向かいます。料金はだいたい1000円程度。ただし、向こうでは流しのタクシーはなく、決められたタクシー乗り場でないと乗車できません。ですから、行った先で見学後、周りにタクシー乗り場がない場合は、見学した美術館や博物館、あるいは近くのホテル、ひと休みしたカフェでタクシーを呼んでもらいました。僕の姿を見れば、たいがいは快く呼んでくれました。

サン・ピエトロ寺院



【8月17日】
 ローマに来てどうしても見たかったもの・・・・・、それはヴァチカン美術館にあるシスティーナ礼拝堂の天井画です。15日・16日が祝祭日で閉館していたので、フィレンツェに向かうこの日、電車の時間を少し遅らせてもらい美術館に向かいました。朝10時だというのに、もう美術館入口には長蛇の列。僕は車イスということで、列に並ぶことなく優先的に入場出来ました。イタリア芸術の至宝、いや、人類の遺産ともいうべき美術品が所蔵されているこの美術館は、ゆっくりと見るならばひと月はかかるという。僕には数時間の余裕しかないので、何はさておきこの美術館のクライマックス、システィーナ礼拝堂に向かいました。狭い通路を通り抜け礼拝堂に出た瞬間、目の前にその天井画が現れました。旧約聖書を題材にした天井画はミケランジェロが30代に描き、向かって正面にある祭壇画「最後の審判」は彼が60代に着手したといわれています。人類の終末が、圧倒的な色彩と構図で描かれており、作品を前にしてその迫力に息が詰まるほどでした。
 美術館見学後、一旦ホテルに戻ってから、現地係員と一緒にテルミニ駅へ向かう。ユーロレイル(イタリア版新幹線)で、ルネッサンス開花の地フィレンツェへ向け1時間半の列車の旅の始まりです。一等車ということで、ドリンクとお菓子がサービスされました。イタリア北部の農村地帯を列車は駆け抜け、午後6時過ぎフィレンツェに到着、駅で現地係員Kさんの出迎えを受け、メディティラネオホテルに向かいました。

 列車への乗り込みですが、向こうはステップがとても高く、また、ホームと列車の間もかなり開いていてとても危険です。どうやって列車に乗り込むのか待っていたら、フォークリフトのような車がやってきました。その車のアームに鉄板が敷いてあり、そこに車イスごと乗って列車のステップと同じ高さまで持ち上げ、そのまま列車の中に入ります。他の駅では、屈強なイタリア人が二人掛かりで、体重70k近い僕を軽々と持ち上げてくれたりもしました。大食漢だけあって、彼ら力はあるみたいです。
この列車の座席配置は新幹線と同様。ただし、通路は狭いので、車両の最前列か最後列の座席を取るのが良策。そこは他の列に比べ、一座席分少なく空きスペースになっているので、そのスペースなら車イスに乗ったままでもOK。なお、列車内のトイレは飛行機と同様のスペースで、とても狭く使いづらいものでした。




【8月18日】
 昨日、駅まで迎えに来てくれた日本人ガイドKさんと一緒に市内観光へ。まずはフィレンツェを一望できる高台の丘ミケランジェロ広場へ向かう。正面に花の都フィレンツェのシンボル、ドゥオモが見える。いわゆる、フィレンツェの街を紹介する写真は、全てここから撮っているという。そんな景色を眺めながら、Kさんはルネッサンスの立役者メディチ家とフィレンツェの街の成り立ちを詳しく話してくれました。続いて、メディチ家の貴重な美術コレクションで、ルネッサンス期の華麗なる美術遺産を数多く展示しているウフィッツィ美術館へ。当地で美術品の修復師としても活躍されるKさんは、伊ルネッサンス絵画史を含め、それら美術品の制作過程や制作意図をとてもわかりやすく説明してくれました。とにかくこの美術館、ルネッサンス絵画の巨匠と言われるボッティチェリ、ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロらの名作が所狭しと並んでいます。
 美術館を後にして、しばらく歩きで中心街を散策。フィレンツェ随一の繁華街、共和国広場から現在も市庁舎として使われているヴェッキオ宮、金銀細工のお店が建ち並ぶフィレンツェ最古の橋、ポンテ・ヴェッキオ橋を巡り、フィレンツェのシンボル、ドゥオモに到着しました。緑と薄紅色の大理石を幾何学模様に表装したこのドゥオモは、その造形において世界一美しいと言われているそうです。
 昼食はイタリアに来て初めて日本料理を食べました。といっても、僕が食べたのはもりそばです(約1200円)。店内はピザ、スパゲッティーに飽きた中年の日本人観光客で満員でした。
 ガイドさんとはそこで別れ、その後、一人でアカデミア美術館へ。ミケランジェロの「ダヴィデ像」が特に有名ですが、館内にはヴァイオリンの故郷として知られる、クレモナ地方で作られた数々の名器が展示されていました。中でもその注目を引くのが、ヴァイオリンの名器として世界にその名を馳せる「ストラディバリ」でした。
 フィレンツェは思ったより坂もなく、こじんまりとした街ですので、車イスでものんびりと散策が出来ました。共和国広場まで戻り、朝日新聞(即日版で、約500円)を買ってホテルに戻りました。

フィレンツェのシンボル、ドゥオモ



【8月19日】
 今日は車を4時間チャーター(約28000円)してピサの斜塔観光へ。フィレンツェからフリーウェーを通って約1時間。ピサの町中を走っていると、目の前に忽然とあの斜塔が現れました。それは写真などで見るよりも傾いて見えました。その斜塔に対し、横にデンと構えて建つのがドゥオモと洗礼堂。両者が対照的に見えるのが面白いですね。
 お昼過ぎにピサから戻り、メディチ家が住まいとしたピッティ宮で降ろしてもらう。宮殿背後に広がるボーボリ庭園は傾斜状になっているため、僕一人では不可能と判断し、同じ宮殿内にあるパラティーナ美術館を見学、メディチ家の絢爛豪華なコレクションが展示されていました。美術館を後にして、再びウフィッツィ美術館まで、途中ジェラート・タイムをとりながらのんびりと散歩をする。この近辺は多少の坂はあるものの、車イスでも十分散策が出来ます。
 この日の夕食、ガイドのKさんが、奥さん手作りのおにぎり弁当を差し入れてくれました。こってり味にやや食傷気味だった僕は、久しぶりに食べるお米、梅干しや玉子焼きの味に思わず舌鼓。本当においしかったです。

 ピサの斜塔で一般のトイレはドゥオモの裏手にありますが、入口が階段になっています。車イス用トイレは斜塔の前にある、新しくできた美術館の2Fにありました(エレベーター有り)。入館しなくても、お願いすれば貸してくれるのではないでしょうか。

ピサの斜塔



【8月20日】
 ガイドのKさんお薦めのピザショップで、イタリアに来て初めて、本当においしいピザを食べることが出来ました。薄く焼いた生地にトマトソースと香ばしいチーズがのった実にシンプルなものですが、サクサクっとした噛みごたえと、旨味がジュワッと口の中に広がって、これが本場のピザかと思いました。やはり本当のピザショップで一度は賞味してみるものですね。
 フィレンツェ駅でKさんと別れ、再び列車に乗ってミラノへ向かいました(約3時間)。今回の列車は、いわゆるコンパートメント・スタイルで、片側に通路があって、中が個室になっているものです。ところがこの通路が非常に狭く、車イスのまま通れないのです。この時ばかりは車掌さんに座席までおんぶしてもらいました。
 夕方過ぎミラノに到着。出迎えの現地係員と、ミラノ中央駅のすぐ近くにあるセンチュリータワーホテルに向かいました。



【8月21日】
 この日のミラノ観光で、イタリア旅行も最後。無事終了と思っていたのですが・・・・・。
 日本人ガイドSさんと一緒にミラノ市内観光へ。まずは、ダ・ヴィンチの最高傑作キリストの「最後の晩餐」があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会へ。その作品は教会内の修道院食堂の壁に描かれいます。部屋は作品の保護のため薄暗く、室温も高く維持され、部屋への入場者も数十名に制限していました。裏切り者(ユダ、キリストを売って得た金を小袋に入れて持っている)がいることを知っているキリスト、それを暗に探し出そうとする弟子達、背徳の念に駆られながらも知らぬ顔をするユダと、その内面の心理状態が巧みに描かれていました。
 続いて、ミラノ地方を統治していたスフォルツァ家の城、スフォルツェスコ城へ。ここで、ついにあの悪名高きジプシーに遭遇してしまったのです。タクシーを降りたとき、すぐそこにジプシーがいるのを発見。小さな赤ん坊を抱いた母親に12才ぐらいの娘が寄り添っている、典型的なジプシースタイルに、僕の警戒警報は鳴りっぱなしです。ガイドと無視していたのですが、ふと気が付くとこちらに向かって来るではありませんか。ジプシーは僕たちに近づくと、しきりに恵んでくれるよう手を差し出すのです。僕たちが「NO!」と何度も言っているのに、一向にその場から離れようとしません。これはいよいよ、まずいぞと思った、その瞬間、母親が僕のカバンにさっと手を伸ばし、ひったくろうとしたのです。僕はその手を払いのけ、盗られずに済みましたが、正直ちょっと怖かったです。これにはガイドさんもすごく怒って、ジプシーに何か大声で言いつけていました。やっとジプシーも諦めて離れていきましたが、僕一人だったら何をされていたかわかりません。とにかく油断してはいけません。ジプシーを見たら、さっさと逃げましょう。
 さて、再びタクシーに乗ってミラノの中心街、スカラ広場へ向かいました。ダ・ヴィンチの像が建つこの広場、目の前にはイタリアが誇るオペラの殿堂ミラノ・スカラ座がその威容を誇っています。パリのオペラ座と違い、決して豪華な建物とは言えませんが、イタリア・オペラの神髄がここにあるかと思うと感慨深いものがありました。
 そこから、ドゥオモ広場へ向かう途中にあるのが、ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア(アーケード)です。ガラス張りの天井が美しく、最高級のイタリアンモード専門店が建ち並んでいました。
 そのガッレリアを抜けると街のシンボル、ドゥオモがそびえ立っています。イタリア最大のゴシック建築で、その完成に500年の歳月が費やされたといいます。幾重にも突き出た尖塔が実に美しい姿をしており、その中心には黄金のマリア像が輝いていました。
 ガイドとの市内観光を終え、本来なら一人で市内散策に行くところですが、この日は真っ直ぐホテルに戻りました。ひったくりの一件を始め、ドゥオモ周辺では怪しい外国人が何かにつけて近寄ってくるなど、僕はローマ・フィレンツェに比べミラノの治安の悪さを痛感しました。ということで、この日は早めにホテルに戻り、明日の帰国に備え体を休めることにしました。

 ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアにあるマクドナルドには車イス用トイレがありました。感激!

ミラノの大聖堂



【8月22日】
 いよいよ、イタリアに別れを告げ帰国の日となりました。午前10時にホテルを出発、現地係員と一緒にタクシーで、ミラノ・マルペンサ空港まで約1時間のドライブです(約12000円)。午後2時、情熱の国イタリアを眼下に、JAL410便は成田に向け飛び立ちました(約11時間)。



【8月23日】
 日本時間、午前8時半、無事成田に到着。それにしても10日間の旅行日程で、その10日目が成田の朝8時半というのはちょっと勿体ない気がするのは僕だけでしょうか・・・・。まぁ、兎にも角にも無事日本に帰ってこられました。



 古代の栄光と繁栄、ルネッサンス期の爛熟した文化・芸術・・・・、それらが渾然一体として今もなお、その魅力を僕たち旅人に与え続けています。そして、その独特の文化は、どの街にも、その地方の特色と相まって僕たちを惹きつけてくれました。それらを自身の目で、耳で、肌で感じられたことは、貴重な経験として生涯の宝となるでしょう。
 しかし、あえて苦言を呈するならば、車イス利用者にとって、ある程度覚悟はしていたものの、やはりイタリアの福祉事情はかなり遅れていると思います。そのため、随所で苦労することが多かった国でもありました。
 まず、どの街も苦手な石畳が多く、歩道の切れ目はほとんどが段差になっています。歴史的建造物はもちろん、ホテルでさえ建物の入口には必ず階段があり容易に中へ入ることが出来ません。また、前述しましたがトイレが極端に少ないのは、外へ出て行く者にとって最大の不安でもあります。それともう一点、これは予想もしていなかったことですが、向こうのエレベーターは間口が極端に狭い場合があります。僕の泊まった三ヶ所のホテルは、いずれもその間口がほぼ70cmしかなく、その上、奥行きも無いため、エレベーターの中で回転することは不可能でした。
 歴史的遺物が多く、その保護から施設の改善、福祉機器の設置が困難であることも理解は出来ますが、実際、街の中を歩いていて車イスなどを利用している生活者に出合うことは、ついぞ一度もありませんでした。これを見てもわかるように、それは障害者にとって決して住み易い、かつ生活し易い街でないことの証にもなっているのではないでしょうか。
 「人間性の復興」を唱え広まったルネッサンス、その発祥の地イタリア。過去の遺物を世界遺産とし、それを観光の糧として、いわば国の生業とさえしている彼らに、新しい時代に向けて再度ルネッサンスを期待して止みません。