北イタリア(ヴェニス・フィレンツェ・ミラノ)
三都周遊旅行記




主催:クラブツーリズム・バリアフリー旅行センター

2006.8.22〜8.29


行程表






 イタリアは1998年以来、8年ぶり2回目になります。前回はローマ→フィレンツェ→ミラノ、今回はヴェニス→フィレンツェ→ミラノと巡りました。実は前回のイタリア旅行は個人旅行で、自身でコースを決めたのですが、その際、どうしてもヴェニスを訪れてみたかったのですが、よくよく調べると車イスで散策するのにヴェニスは立地が悪く困難であることから断念した経緯があります。でも個人的にはどうしても行ってみたかった街ヴェニス。ゴンドラ・サンマルコ広場・ヴェネチアングラス・映画「旅情」や「ヴェニスに死す」と、ヴェニスへの憧れはずーっと消えることなく、いつまでも心の中に残っていました。今回、当ツアーにヴェニスが組み込まれたことで、これまでの思いを遂げる機会となり、自ずと期待も高まりました。
 イタリアは街の至る所に文化遺産が今もその名残をとどめ、歴史を今に感じることができます。また、今年は「ダ・ヴィンチ・コード」の流行によりイタリア各所に遺る歴史事象に注目が集まり、フィレンツェでは“レオナルド・ダ・ヴィンチ”の足跡を、ミラノでは彼の代表作“最後の晩餐”を目にする楽しみも加わりました。僅か8日間の短い旅行でしたが、その楽しみを存分に味わうことのできる旅になりました。



【8月22日】 成田→(フランクフルト経由)→ヴェニス
 お昼過ぎに成田を発って12時間、乗り継ぎ地のドイツ・フランクフルトに到着。そこを経由して旅の玄関口ヴェニスに着いたのは翌23日の未明。成田を発ってほぼ19時間の行程は、ただ飛行機に乗っているだけとはいえ、肉体的にも精神的にも結構こたえました。翌日は(といっても今日になりますが)、朝からヴェニス観光です。ホテル「ノボテル・ベネツィア・メストレ」に着くやいなや荷ほどきもそこそこにベッドに入りました。


【8月23日】 ヴェニス観光
 このツアーで一番楽しみにしていたヴェニス観光へ。イタリア北東部、アドリア海に面し、約120の島々、約150の運河、約400の橋が架かる「水の都ヴェニス」。世界的に知られる観光都市で、街の風情が訪れる人々の旅情をかき立てます。街の中心地へは車の乗り入れが禁じられているため、街の入り口にあるターミナル広場で水上バスに乗り換え、運河を渡ってヴェニス観光の中心地サンマルコ広場へ。この運河がヴェニスでは道路の代わりになっているため、移動手段は水上バス・水上タクシー・徒歩に限られています。
 運河の両岸には、石造りの家々が河岸一杯に建ち並び、豪華な館や美しい宮殿があちこちに見られました。その建物の周りに掘り割りがまるで路地のように巡り、その風景こそが“水の都”と言われる所以でしょう。その運河に架かる代表的な橋「リアルト橋」「アカデミア橋」。川面に映る橋の影が旅情をかき立て、ヴェニスの象徴とも言えるゴンドラの姿に否応にも気分は高まります。
 ヴェニス観光の中心、サンマルコ広場。その中心に建つ「サンマルコ寺院」「ドゥカーレ宮殿」。その前に広がる長方形のサンマルコ広場は、各国から訪れる観光客で大変な賑わいを見せていました。広場の周りや一歩路地を入るとレストランをはじめベネチアングラスや陶器、レースなどの伝統工芸品を売る店が所狭しと軒を連ねています。こうした迷路のように入り組んだ路地裏散策もヴェニス観光の一興でしょう。ただ残念だったのが、この日、ヴェニス観光の目玉“ゴンドラ”に乗ることになっていたのが、生憎波が高く、船着き場でゴンドラへの乗降が危険との判断からキャンセルになったことです。波の穏やかな船着き場を選べば可能だったと思うと残念でなりません。ゴンドラは次の機会になりました。


♪ヴェニス名物のゴンドラ

♪サンマルコ広場の大鐘楼とサンマルコ寺院

♪サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会とリアルト橋

♪カーニバルの仮面とベネチアングラスのお店



正直言って、車イスでのヴェニス観光はかなり困難を極めます。先ず、ターミナルからサンマルコ広場までの水上バスは車イスのまま乗り込めますので問題ありません。また、サンマルコ広場に限っては平らですので特に問題なく散策できますが、その広場を出ようとすると難題が降りかかってきます。広場を取り囲むように運河が流れ、それを越すにはどうしても橋を渡らなければなりません。しかし、その橋が階段状になっていて、おまけに急傾斜ですので独りで越えるのはとても無理な話し。車イスだと、ヴェニス観光はサンマルコ広場、その周辺に限られてしまうようです。


【8月24日】 ヴェニス→ボローニャ→フィレンツェ
 ヴェニスを発って、フィレンツェへ移動。途中、ボローニャに立ち寄り市内観光へ。ヨーロッパ最古のボローニャ大学、日本でもお馴染みのボローニャ歌劇場、また、街の中心マッジョーレ広場にあるボローニャのシンボル、ネプチューンの噴水、ボローニャの聖人サン・ペトロニオを祭り、イタリア最古のオルガンがあるサン・ペトロニオ教会、現在、市役所として使われているポデスタ宮を見学。ポルティコ(柱廊)という屋根付の通路もボローニャの名所になっています。中世ヨーロッパの佇まいが訪れる人を魅了する街です。
 夕刻、バスはフィレンツェに到着。ホテル「スターホテル・トスカニー」で荷を解き、明日のフィレンツェ観光に備え体を休めました。


♪ネプチューンの噴水/サン・ペトロニオ教会/ポデスタ宮/ポルティコ

♪裏通りに並ぶお店(くだもの屋さん/お肉屋さん/お花屋さん)


【8月25日】 フィレンツェ観光
 メディチ家の支配下にあったフィレンツェ。中世からルネサンス期のヨーロッパにおいて、商業および金融の重要な中心地のひとつであり、文化の中心地域としても発達しました。また、ルネッサンス発祥の地であるフィレンツェは歴史と芸術に溢れ、ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ダンテなど歴史上の著名人が多数活躍した場でもあります。
 街を流れるアルノ川の両岸には、“花の聖母教会”の名を持つドゥオモとジョットの鐘楼、市政庁の置かれるヴェッキオ宮、ボッティチェッリの作品“ヴィーナスの誕生”“春”でお馴染みのウフィツィ美術館、メディチ家所縁のサン・ロレンツォ聖堂、サンタ・クローチェ教会、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会、メディチ家の居城ピッティ宮、アルノ川に架かるフィレンツェ最古のヴェッキオ橋、街を一望に見渡すことのできるミケランジェロ広場など必見スポットがいっぱいです。街角のふとした光景にも歴史と芸術の香がそこはかと漂い、その美しい姿を目にするだけでも満足できること間違いありません。


♪ドゥオモ/ドゥオモの天蓋に書かれた「最後の審判」/ドゥオモとジョットの鐘楼

♪シニョリーア広場に建つネプチューン像

♪ウフィツィ美術館とヴェキオ宮/ボッティチェッリの代表作「ヴィーナスの誕生」「春」/ヴェッキオ橋

♪ミケランジェロ広場からフィレンツェの街を一望できる(絶景!)



フィレンツェも、ヴェニスやボローニャ同様に路面が石畳のため車イスには少々辛い散策になります。また、これはイタリアを始めヨーロッパ全体に言えることですが、街中に公衆トイレがほとんどありません。車イス用トイレも然りです。ですから、美術館や博物館などを利用することをお薦めします。大きな美術館にはたいがい車イストイレがあります。また、イタリアではトイレを利用する際、0.5〜1ユーロほどお金がかかりますので、小銭を用意しておきましょう。


【8月26日】 フィレンツェ→ピサ→パルマ→ミラノ
 フィレンツェを発って、この日は最後の訪問地ミラノへ移動。途中、世界遺産指定のピサ、チーズとハムで有名なパルマに立ち寄りました。
 ピサで最も有名な観光地は奇跡の広場に建つピサの斜塔、大聖堂、洗礼堂などロマネスク様式の建造物です。世界的に有名なピサの斜塔は、ピサ大聖堂の鐘楼として1173年に着工されました。しかし、斜塔自体の重量による地盤の不等沈下で傾斜が起こったため、何度も工事の中断を余儀なくされ、完成までに約200年の歳月がかかりました。しかし、建設後も傾斜は進行し、その後も修復工事が行われましたが傾斜は止まらず、1990年から10年の歳月を費やして大改修工事が行われ、ようやく傾斜を止めることができました(修復前、2055年には倒壊してしまうとの噂がまことしやかに流れていたそうです)。今後200年は倒壊の危険性はないとされています。それでも、最大70pあった傾きが20p程改善されたに過ぎず、今でもはっきりとその傾斜を見ることができます。でも、ピサの斜塔が真っ直ぐになってしまったら“斜塔”ではなくなり、観光スポットではなくなってしまいますね。因みに、16世紀にガリレオが“落下の法則”の実験をこの塔で行ったのは有名な話しです。塔の建つ広々とした緑の芝生から見上げる斜塔の美しさは青空に映え、期待を裏切りません。


♪街外れでバスを降り、このSL型自動車に乗ってピサの斜塔に向かう(楽しかったぁ!)

♪ご存じ、ピサの斜塔

♪ドゥオモ/ドゥオモと斜塔/ドゥオモ内部/洗礼堂(右手)

 パルマハム、パルメザンチーズ、そして、かつてサッカーの中田英寿が在籍した街、パルマ。19世紀後半から20世紀前半にかけて活躍した大指揮者トスカニーニが生まれ育った街としても有名です。街の中心にある広場にはバラ色の大理石で作られた華麗な洗礼堂、ドゥオモ、サン・ジョバンニ教会が建ち並び、静かな佇まいのなかにあってイタリアの歴史・芸術の奥深さを感じることができました。
 夕刻、ミラノに到着。車窓からミラノ中心街をざっと見学し、夕食を済ませ(ミラノ名物「カツレツ」)、ホテル「アタホテル・エグゼクティブ」に入りました。

♪パルマの街並み/ドゥオモの内部/ミラノ風カツレツ(美味しそう?)


【8月27日】 コモ湖→ミラノ観光
 午後からのミラノ観光を前に、午前中、ミラノからバスで1時間弱のコモ湖へ。北イタリアのリゾート地コモ湖はスイスとの国境近くに位置しているため、この日、晴天に恵まれたことでバスの車窓遙かに秀峰モンブランを見ることができました。湖畔には楽園のように美しい庭園つきヴィラやハリウッドスターやヨーロッパの王室、富豪、芸術家達の瀟洒な別荘が沢山建っています。そこで1時間ほど遊覧船に乗りました。湖面をそよぐ風が軽やかにして爽やか。湖を囲む山々は夏山らしい風情を見せ、蒼く澄み渡る湖面はどこまでも広い。まさに地上の(湖上の?)楽園を思わせる風景です。映画「ロード・オブ・ザリング」に登場するお城のシーンが撮影されたことからも、その美しさがお分かりになると思います。
 また、ここコモ湖はヨーロッパのほとんどの有名ブランドが、スカーフやネクタイなどを製造する「シルクのメッカ」でもあります。僕たちも工場直売のシルク販売店に立ち寄ったのですが、実は店内にあるトイレを借りるための立ち寄りでしたが、この日はお店がお休み。そこで特別にお願いをしてお店を開けて貰ったのですが、皆さん、トイレを済ませたあとはしっかりお買い物をしていますので、お店にしてみれば“開け得”になったと思われます。

♪コモ湖観光

 イタリアン・ファッションの発信地、またイタリアの金融・商業の中心都市ミラノ。“近代的な街”と“歴史遺産の街”、その両面を併せ持つ街。そして、今般は「ダ・ヴィンチ・コード」の一大ブームにより、レオナルド・ダ・ヴィンチ作“最後の晩餐”が世界的に注目を集め、それを見たさに世界中から観光客が集まる街でもあります。
 観光はダ・ヴィンチの像が建つスカラ広場を中心に、歴史あるレストランやブティック、おしゃれなカフェなど様々な店が並び、ショッピングや食事など、ミラネーゼになったつもりで歩ける「ヴィットリオ・エマヌエレU世ガレリア」、ミラノのシンボルでもあり、最大の観光ポイントでもあるゴシック様式の建造物「ドゥオモ」、そして、ダ・ヴィンチ“最後の晩餐”の「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会」を見て回りました。
 プラダ・グッチ・エルメスなどのブランド店、レストラン、カフェが軒を連ねるヴィットリオ・エマヌエレ2世ガレリア。アーチ型のガラス天井で覆われており、天井周辺の絵画、舗道のモザイク模様は素晴らしき芸術作品です。つい口をあんぐり開けて天井を見上げてしまう。ゆえに、スリにご注意!
 そこを抜けると広々としたドゥオモ広場に出ます。その広場に悠然とそびえ建つのがイタリア・ゴシック建築の最高傑作とも称えられている大聖堂ドゥオモ。1386年に着工、完成までに約500年もの歳月を要したと伝えられています。2245体の聖者像と135本の尖塔で飾られた白大理石造りの荘厳な外観が訪れる者に圧倒的な迫力でせまってきます。その尖塔は天に向かって聳え、神に少しでも近づきたいという意志の表れに見えました。堂内では外の喧噪を離れ、頭を垂れ、静かに祈りを捧げる信者の姿を見ることができます。神と対話をする信者の姿は厳かであり敬虔に映ります。また、堂内の美しいステンドグラスも一見の価値ありです。極彩色の鮮やかな色を用いながら、聖書の一節がいきいきと表現されています。

♪スカラ広場/ヴィットリオ・エマヌエレU世ガレリア/モザイク模様

♪ミラノ大聖堂/ステンドグラス

 続いてこのツアーの目玉、世界遺産“最後の晩餐”のあるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会へ。現在は予約制になっており、入退場や人数制限が全てコンピューターで管理されています。前回訪れた時は修復中だったので、修復を終えた絵に再会するのがとても楽しみでした。僕たちは午後3時に入館。最後の晩餐は教会内にある修道院の食堂の壁に描かれています。入って右手奥、薄暗い室内の中、その絵は静かに僕たちを迎えてくれました。修復後とあって、以前見た時と違い色が鮮やかに蘇っていました。キリストが弟子たちに向かって『汝たちの一人、我を売らん』と言った劇的な瞬間が描かれ、人間の表情だけでなく、人物の描かれている位置によってもその人間関係が表されるなど、ダ・ヴィンチらしい計算し尽くされた構図に感動を覚えます。見る際は余り近くで見るよりも少し離れて見る方が全体の構図がわかりやすく見えます。そういえば、前回は写真を撮れたのですが(フラッシュは禁止)、今は写真禁止になっていました。

♪サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会/ダ・ヴィンチ作「最後の晩餐」

 ミラノ観光を終え、夕食はツアーの一行と離れ街中のレストランへ妻と出かけました。レストランやカフェが建ち並ぶ一角で、街ゆく人を眺めながら、陽気でおしゃべり好きなイタリアンに囲まれての夕食。イタリア語と英語で書かれたメニューとにらめっこの末、結局のところピザ(マルガリータ)、サラダ、魚貝入りスープに落ち着きましたが、ツアー故の型にはまった食事と違いフランクな雰囲気でとても楽しかったです。

♪陽気なイタリアンに囲まれて・・・・・(^_^;)


【8月28日・29日】 ミラノ→成田
 いよいよイタリアも今日が最後。8日間なんてアッという間です。それに、前後2日は飛行機の中ですから実質6日間というものです。
 この日は出発までツアーの予定がなく終日フリーになっているので、もう一度ミラノ中心部へ。そこで、昨日、外観のみの見学だったスカラ座の館内見学へ。ヴェルディ、ロッシーニ、プッチーニなどの作品が初演された世界的なオペラの殿堂スカラ座。館内はまるで宮殿を思わせる絢爛豪華な装飾に彩られ、ボックス席から眺める檜舞台は世界に冠たるオペラハウスとしての偉容に満ちています。『是非、この場でオペラを鑑賞したい!』そう思わずにはいられません。また、併設されるスカラ座博物館には著名な音楽家のゆかりの品々や楽譜、衣装等が展示され、今もなお燦然と輝くスカラ座の歴史を肌で感じることができました。その後も、昨日訪れたヴィットリオ・エマヌエレ2世ガレリアやドゥオモ周辺を散策しながら、カフェでお茶をしたりショッピングをしながら過ごしました。

♪ミラノ・スカラ座/マリア・カラスの肖像画/衣装


 午後10時過ぎ、イタリアの思い出を胸いっぱいに一路、成田に向かいました。その帰りの飛行機で至福のハプニングが・・・・。僕たちが乗る飛行機に偶然、日本人中学生の団体が乗り合わせ、彼らがエコノミー席を埋め尽くしてしまったため僕たちの席が取れず、それでビジネスクラスに移動となったのです。これはラッキーでした。出される食事もさることながら、それより何よりギューギュー詰めのエコノミー席から解放され、ゆったりしたスペースに座って長旅を過ごせるだけでも至福というものです。旅の疲れも手伝って、帰りはぐっすり夢の中。かつて飛行機で眠ったことのない僕が、初めてぐっすり眠れたのですからいかに快適だったか。もう少しリーズナブルな値段でビジネスクラスに乗ることができれば、本当に助かるのですが・・・・。
 29日、午後4時過ぎ、無事成田に到着。中学生のお陰でイタリア旅行の掉尾を快適に締めくくることができました(^。^)v



 2度目となったイタリア旅行。ヴェニス→フィレンツェ→ミラノと巡り、今回もまた、遥かなる歴史とルネッサンスによって花開いた文化・芸術が美しい風景のなかに融和し、今も息づいていることを実感しました。それは見るものの心に深い感銘と感動を与え、旅の醍醐味となって僕を魅了します。
 ただし、車イスを利用する僕にとって、前回1998年当時と比べても、バリアフリーという点では何ら改善が見られず、各所でその進路に困惑することがありました。フラットに入れる施設など滅多になく、また、施設の中にはエレベーターや車イストイレもあるのに、その入り口には一人では登り切れない段差があって行く手を阻みます。教会・美術館・レストラン然りです。実際、街中で車イスを利用して生活しているイタリア人を見ることはありませんでした。自らに「イタリアで生活できるか?」と問いかけても、答えはノーです。
 文化財保護の観点から歴史的建造物に手を加えられないであろう事情はわかりますが、今を生きる私たちが、それがために支障をきたすのであれば、それは過去と現代の文化・芸術の融合を理想とするイタリアの立国精神に反するものではないでしょうか。是非、その趣旨に則って、誰もが快適に訪れる国になってほしいです。

 ところで、もう一点苦言を呈すれば、今回の旅行、“リフト付バスを利用”とうたっておきながらそれが手配されず通常のバスになってしまいました。バス乗降の際、添乗員とバス運転手がその度に僕を抱えての上げ下ろしは相当の肉体的疲労であったに違いありません。それは僕にとってもかなりの精神的ストレスにもなりました。添乗員並びにバス運転手には深く感謝していますが、リフト付バス利用と約している以上、旅行会社はそれを守ってほしいものです。