ロンドン・パリ旅行


2000.7.25 〜 8.1

航空機及びホテル予約依頼:日本旅行



      






【7月25日】
 日本時間、午前11時、全日空で一路ロンドンに向けて出発です。ロンドンまでの飛行時間は約12時間。かなり退屈である。しかし、機内で偶然隣り合わせた日本人留学生と知り合い、実はそれが縁でロンドン滞在中、二度にわたり市内観光に付き合ってもらったのです。旅には、こうした思いがけない出会いがあって、それが旅の魅力でもあるのです。
現地、午後3時、ヒースロー空港に到着。どんよりとした雲が低くたなびき、外へ出ると肌寒く感じました。現地係員のピックアップを受け、ホテル「コプソーン・タラ」に向かいました。ここで利用したのがロンドン名物のタクシー「ブラック・キャブ」です。前もって聞いてはいたのですが、なるほど、車イスに乗ったままで車内に乗り込むことができます。もちろん、そのまま乗っていることもできますが、運転中はかなりゆれますので、やはり座席に移ったほうが安全でしょう。
 郊外にある空港から市内までおよそ30分。車は市内中心部からやや離れたケンジントン地区に入ります。ホテル到着後、これから4日間お世話になる街ですので、街の様子や、トイレの有無など下調べもかねて現地係員と付近を散歩してみました。色とりどりの花に飾られたケンジントン・ハイ・ストリートの両側には石造りの建物が高さをほぼ同じくして並び、通りには、これも名物の二階建てバスが列を連ねて走っています。こんな景色がいかにも英国を感じさせてくれます。
隣接するケンジントン公園は市民憩いの場として、多くの人が夕暮れのひとときを思い思いに過ごしていました。園内には故ダイアナ妃が住まいとしていたケンジントン宮殿が今は主を亡くし静かに佇んでいます。
 ところで、この日ホテルに戻りTVのスイッチを入れると、コンコルド墜落事故の一報が流れていました。

ホテル「コプソーン・タラ」はアメリカン・スタイルの近代的ホテルですので、玄関や部屋へのアクセス、館内のレストランなど問題なく利用でき、また、フロント階には車イス用トイレが2ヶ所もありました。今回、ハンディ・キャップルームを使わずに通常の部屋を利用しましたが、部屋が割と広く、バス・ルーム(トイレ付き)にも車イスのまま入ることが出来ました。



【7月26日】
 ロンドン市内観光へ。この日の観光は日本人ガイドとの1日観光(6時間)で、各観光ポイント間はタクシーを乗り継いで移動しました。ちなみに、ガイドの他に専用の車(ドライバー付き)をお願いすると、1日観光で約8万円近くになってしまうので、僕はこのようにタクシーを乗り継いで観光します。
 ホテルを出発して、ケンジントン・ストリートを東に進み市内中心部へ。車は昨夕訪れたケンジントン公園を左手に見ながら進み、ハイド・パーク、ピカデリー・サーカス、トラファルガー広場、セント・ポール大聖堂、旧市街(通称シティ)を車窓から見学。そして、最初に向かったのがロンドン塔です。イングランドを制したウイリアム王の命により建てられた城塞で、テムズ川の畔にそれはあります。中世の鎧をまとった騎士達が馬に乗って今にも出てきそうなこのお城には、血塗られた歴史が秘められていて、今なお霊魂がさまよっているとのことです。そのテムズ川に架かる橋タワー・ブリッジもロンドン名所の一つとしてガイドなどには必ず登場していますね。
 続いて向かったのが、バッキンガム宮殿。言わずとしれたエリザベス女王の宮殿で、ちょうど宮殿を訪れた時間にあの有名な衛兵交替式が行われるところでした。また、この日は衛兵交替式と同時に騎馬衛兵の交替式もあって、それを一目見ようと集まった見物客で付近一帯は大変な混みようです。11時30分、宮殿横手にある衛兵官舎で号令とともに音楽隊の演奏が始まり、まず先達に音楽隊が、それに引き続いておなじみの衛兵がおよそ50人、官舎から行進して出てきました。一行は200bほど行進してバッキンガム宮殿へと入っていきます。そこで、これまで警備に当たっていた衛兵と、今、官舎から出ていった衛兵が交替するわけで、実際の交替式は宮殿の柵内で行われるため、それを見たい人は朝からその柵前で待っていなければ見られないそうです。12時過ぎ、それまで勤務していた衛兵が交替式により任を解かれ、再び官舎に戻っていきます。このときも同じように、音楽隊を先導にして隊列が行進しますので、通り沿いからは交替式に向かう衛兵の行進(パレードを往復二度見ることが出来ます。
 チャイニーズ・タウンで昼食をとり、その後向かったのが、ウエストミンスター寺院。イギリス国内でもっとも高いゴシック様式の大聖堂で、ステンドグラスを通して射し込む光は神々しいほどの輝きを放っていました。また、院内には歴代王室の墓所や著名人の墓があって、興味深いのは、そうした著名人の墓が足下にあり見学者はその上を知らず知らずの内に歩いているんです。日本人的感覚からは、墓の上を足踏みするなんて不謹慎と考えますが、当地では人は死によって土に帰り、またその墓に触れることでその人の徳を受け継ぐと考えるそうです。今なお、この大聖堂では全ての王室の戴冠式が行われるそうです。しかし、その場に立ってふと思い出されたのが、故ダイアナ妃の葬儀がこの場所で執り行われていたことです。チャールズ皇太子や若き王子に送られて、ダイアナ妃の棺が粛々とこの聖堂に運び込まれたのを思い出し感慨深かったです。
 ウエストミンスター寺院を出ると、どこからともなく鐘の音が聞こえてきました。その鐘はテムズ河畔に建つロンドンの象徴、国会議事堂に併設する大時計からのものでした。通称、ビッグ・ベン。この大鐘は1時間おきに、また、小さな鐘は15分おきに時を知らせて響き渡ります。僕が聞いたのは、この小さな鐘で、定時に改めてその大鐘ビッグ・ベンを聞くことが出来ました。この荘厳なゴシック様式によって建てられた国会議事堂こそロンドンの象徴でしょう。

ロンドン塔の玄関前に車イス用トイレがあります。ただし、こちらでは通常鍵が掛かっていることが多く、近くにいる係員にその鍵を開けてもらわなければなりません。ちょっと煩わしいですね。
さて、海外に行って困ることの一つに、今お話ししたようなパブリック・トイレの少ないことがあげられます。特に、ヨーロッパはその傾向があって、日本ならデパートやホテルなどに誰もが自由に使えるパブリック・トイレがありますが、こちらロンドンは残念ながらそうしたパブリック・トイレが少ないようです。ですから、美術館や博物館にあるパブリック・トイレを利用するようにしましょう。ガイドさんとはいえ、そうした情報は持ち合わせていないことがほとんどですので、前もってガイド誌により美術館や博物館の場所を調べておくのも良いでしょう。後述する大英博物館やナショナル・ギャラリーには車イス用トイレが完備されています。




ロンドン塔


バッキンガム宮殿前の衛兵交替式


ビックベンこと国会議事堂



【7月27日】
 午前中、ホテル周辺を散策。クラシック音楽の殿堂ロイヤル・アルバート・ホールを見学したり、ケンジントン市内のお店をブラブラ。ここで、往きの飛行機でお世話になったスチュワーデスさんと偶然お会いしたんです。当たり前ですが、普段着の彼女たちって、普通の女の子ですね。 お昼過ぎ、前述したようにロンドンへ向かう機内で知り合った日本人留学生と再会。彼女のご厚意によりロンドン市内を案内してもらいました。
 この日は僕の希望で大英博物館に行きました。収蔵品の質と量は世界規模で、特にエジプト・ギリシヤ・ローマの出土品が数多く展示されています。中でも、僕が是非にも見たかったのが、ロゼッタ・ストーンと古代エジプトのミイラです。
 ロゼッタ・ストーンは1799年、エジプトのロゼッタ村で発見され、表面には象形文字と古代エジプト文字、古代ギリシヤ文字の3つが同じ内容で刻まれているため、アルファベットを含む古代ギリシヤ文字を手だてに解読され、古代史解明の一役を担ったのです。実は、大学時代、この石を題材にした教科書が英語の授業で使われ、授業以上に先生のこの石に関する話がとてもおもしろく、いつかこの石を直に見てみたいと思っていました。やはり世界的至宝とあって、多くのお客さんがその石を取り囲み古代ロマンに想いを馳せていました。
そ して、もう一点、赤い毛髪が今も残るミイラ。紀元前3100年以前のもので、古代エジプトでは魂の棲みかとして、その身体をミイラにしてきたと言われています。しかし、そのミイラを目の当たりにすると、ふとした弾みで起きあがってくるのではとさえ思えるほど生々しく、もしその説が正しければ、やはりそこには魂が今だ棲みつき、5000有余の年月を超え現世に生き続けているのではと思わずにはいられません。夜間、このフロアーにだけは決して足を運びたいとは思いませんね。
 大英博物館を後にして、ピカデリー・サーカスへ。市の中心部で、街のヘソとも言われるこの場所は、東京で言えば渋谷のようなところ。そこに建つエロス像の前は人波の絶えない賑わいを見せていました。目抜き通りを中心に、通りの両側には様々なファッションのお店やレストラン、パブ、カフェが軒を連ね、散歩しながらのウインドウ・ショッピングには最適なエリアです。

現在、大英博物館は改築中で、車イス利用者は正門から入れず、裏門から入ることになります。タクシーで行く場合、はじめから裏門に回ってもらう方がいいでしょう。



【7月28日】
 午前中、ナショナル・ギャラリーへ。トラファルガー広場《写真右》に面して建つこの美術館には、ルネサンス期の作品が数多く展示されており、中でも、ゴヤ、セザンヌ、ミケランジェロ、ダ・ビンチらの作品が目を引きました。
ナショナル・ギャラリー見学後、再び日本人留学生と会い、今ロンドンで一番新しい観光地サウス・バンクまでのんびりと散歩です。
 サウス・バンクは国会議事堂の対岸に位置していますので、トラファルガー広場から国会議事堂に向かって真っ直ぐのびる通り(ホワイト・ホール)の先にあります。途中、通りの右手には騎馬衛兵の本部ホース・ガーズがあって、正門の左右詰め所には制服姿も凛々しい騎馬衛兵が馬上警備にあたっています。また、その先には歴代首相が暮らす首相官邸があります。
 ミレニアム(2000年祭)を記念して特別プロジェクトが展開されているサウス・バンク。その人気の中心がテムズ川沿いに立つ大観覧車ロンドン・アイです。今回、その観覧車に乗ることは出来ませんでしたが、車イスでも乗ることが出来るそうです。この日は週末とあって、長蛇の列が出来ていました。次回は是非乗ってみたいですね。
 さて、ロンドン滞在中にどうしても行きたかったのが、ご存じロンドン・ミュージカルです。幸いにも、この日の公演チケット(「オペラ座の怪人」)をロンドン市内1日観光の途中、上映劇場(ハー・マジェスティ劇場)に立ち寄って買い求めました。当初は、27日のチケットを買いに行ったんですがその日の分がなく、偶然にも“花金”のこの日のチケットがとれたんです。そこで、サウス・バンクを後にしてタクシーで劇場に向かいました。劇場はNYのブロードウェイと並ぶロンドン・ミュージカルのメッカ、ウエスト・エンド(ピカデリー・サーカスの近くです)にあります。
 と言うことで、ロンドン最後の晩は、オペラ座を舞台に繰り広げられる謎の怪人と美しい歌姫との悲恋物語で締めくくりました。

ロンドン市内中心部は歩道が良く整備され、車イスの走行に支障はありませんでした。
また、ミュージカルのチケットですが、通常32ポンドの席が、車イスの僕はほぼ半額の17ポンドでした(当時、1ポンドが約170円ですので、日本円にして約3000円です)。場内へは非常口からすんなりと入れました。もちろん、車イス用のトイレも完備しています。
ところで、こちらの終演時間は日本よりも遅く、ほぼ10時近くになります。安全な国とはいえ、ホテルへの戻りはタクシーを使った方がいいと思います。その際、終演後はお客さんが一斉に出てタクシーが捕まえにくくなるのでご注意下さい。




【7月29日】
 今日はロンドンからパリに移動です。この日の楽しみは、何と言ってもドーバー海峡を海底トンネルで越えるユーロ・スター《写真右》の乗車です。
 昨日訪れたサウス・バンクにある真新しい駅舎ウォーター・ルー駅を列車は出発。ちなみに今回は1等車を利用しました。予約の際に車イスであることを伝えたら1等車両にそのためのスペースがあると言うことでそこになったのです。1等車ということで、列車が出発するやいなや車両専属のボーイさんが軽い飲み物とおつまみを持ってきます。続いてフルコースのお食事サービスと、まるで機内サービスのようなもてなしを受けました。以前、ローマからフィレンツェまでやはり1等車を利用しましたが、その時もドリンクサービスがありましたが、日本では、例えグリーン車に乗ってもこのようなサービスはありませんね。
 ロンドン市内をしばらく走った後、ほどなくロンドン郊外の田園地帯に入ります。車窓に広がる景色は、なるほどイギリス国土のほぼ8割が田園地帯であることをうなずかせるもので、どこまでも緑一色の田園が広がっています。ところどころに、煙突のある小さな家が点在し、羊がそこかしこに放し飼いされています。
 列車は1時間ほど走ったところでドーバー海峡にさしかかります。その直前「これよりドーバー海峡トンネルに入ります」との車内アナウンスが流れ一気にトンネルに突入しました。20分ほど走って列車はトンネルを抜け、そこはもうフランスです。車窓からは、先ほどのイギリス田園地帯に変わり、ワイン国フランスならではのブドウ畑が一面に広がっています。この頃になると列車も300`近いスピードを出しているのでしょう。空模様の変化を追いかけるように、時折激しい雨の中を走ったかと思うと、一転、目映いばかりの陽光が僕たちの下に降り注いできます。ミレーの風景画を思い出させる景色の中、列車は更にスピードを上げパリを目指します。

今回、ユーロ・スターの座席は前もって日本で予約していきました。その結果、先ほどもお話しした通り1等車内の車イススペースを利用することが出来ました。また、同車両には身障者用のトイレもあり、3時間を超える長旅にとってトイレが身近にあるというのはとても安心です。

 午後3時過ぎ、パリ北駅に到着。ここで、僕はパリ在住の日本人の出迎えを受けました。ロンドンでの日本人留学生に続き、不思議な縁に結ばれた今回の旅。この出迎えに来て下さった方は、この旅行の計画中に偶然にも僕のHPをパリでご覧になりメールを下さった方なんです。
 ちょっと話はそれますが、当初、僕は全日空ハローツアーが主催する「ロンドン・パリ8日間」というツアーに申し込みました。しかし、車イス利用の単独参加を認めてもらえず、結局、航空チケットとホテルのみを旅行社にとってもらっての旅行になりました。そのため、ツアーには当然付いている空港〜ホテル間の送迎、あるいは今回のようにユーロ・スターを利用したため、ロンドン・パリそれぞれの発着駅〜ホテル間の送迎もありませんでした。
 今回、ロンドンは初めてでしたので、ヒースロー空港〜ホテル間は現地旅行会社にお願いして日本人スタッフによる送迎を依頼しましたが、パリ移動日のロンドン滞在ホテル〜ウォーター・ルー駅間、パリ到着後のパリ北駅〜パリ滞在ホテル間、並びに、日本帰国時のパリ滞在ホテル〜シャルル・ド・ゴール空港間はタクシーを利用するつもりでした。その時です。先ほどお話ししたパリ在住の方からメールが届いたのが。その方はこの3月に会社を退社し、残りの人生、障害をお持ちの方、また、車イスに乗っている方のパリ観光のお手伝いをしていきたいとのことでした。もちろん、僕がパリを訪れることなど知らずに、このようなメールを僕にくれたのです。そこで早速、その方に数日後パリを訪れること、そして、ロンドンからパリに着いたときのホテルまでの足と、帰国時のホテルから空港までの足がないことをお話ししました。すると、その方は僕のためにパリでの送迎を手配して下さったのです。日本を発つ直前、数回のメール交換から交友を結び、結果としてその方の寛大なる心配りを賜ることになりました。おかげで、パリ北駅からホテルまでの足も、また、帰国時のホテルから空港までの足 も確保されたのです。一人旅と気張ってはみても、実はこうした縁で知り合った方々の無償の協力なしには、この旅がこれほど充実したものになったかは定かではありません。
 話は少々それましたが、こうした偶然なる出会いから知り合いになった方がパリ北駅で僕を迎えてくれたのです。たった一月前は相手の名前も顔すらも知る由のなかった方と、インターネットという最先端ツールを介して交友を深め、今こうして出会ったのです。まるで旧知の友のように。
 駅には僕をホテルに送るため、車イス対応の車が用意されていました。早速その車に乗り、パリ滞在ホテル「クラリオン・セント・ジェームス&アルバニー」に向かいました。
ホテル到着後、しばらく休憩をとってからルーブル美術館の付近を散策。その日は、その方と一緒に夕食をとりながら、これまでの海外旅行体験や、今後更に発展して行くであろう障害者の海外旅行について語り合い、それは時の過ぎるのを忘れるほど楽しいひとときでした。

ホテル「クラリオン・セント・ジェームス&アルバニー」は、パレ・ロワイヤルやルーブル美術館にほど近いところに位置しているため、食事や買い物にはとても便利でした。ホテル入口に一段段差がある他は(そこにはドアマンがいるので手伝ってもらえます)、館内は随所にスロープが設置されていました。ただし、エレベーターが思ったより小さいので、大型の車イスだと中に入れるかどうかちょっと心配です。
今回、ロンドン・パリとも一泊約2万円のホテルを選びました。もちろん、郊外にはもう少し安いホテルもあるでしょうが、例えば市内観光の度にタクシーで市内中心まで出ていかなければならないことを考慮すると、多少割高でもロケーションの良いホテルを選んだ方がいいでしょう。



ルーブル美術館
(後ろのピラミッドが入り口です)


【7月30日】
 今日は、足の向くまま気の向くままにパリ市内を散策です。ホテルからタクシーを利用して、まず向かったのがオルセー美術館(身障者は無料です)。ここでお薦めなのが、パリ市内を一望できる最上階の展望台です。そこには女神か、あるいは天使をかたどった大きな像が、眼下に広がるパリの街を静かに見守っています。オルセーにお出かけの際は、是非ここにお立ち寄り下さり、パリならではの景観の美しさをご堪能下さい。
 再びタクシーに乗って凱旋門まで。そこからは、なだらかな下り坂になっているシャンゼリゼ通りをルーブル美術館に向かって下ります。この辺りも歩道が良く整備されているので、車イスでも問題なく歩けます。途中、ウインドー・ショッピングやカフェでお茶するのも良いでしょう。

街に出てしまうと、車イスで入れるトイレがほとんどありません。美術館などを適宜に利用することをお薦めしますが、シャンゼリゼ通りにあるマクドナルド(凱旋門を背にしてシャンゼリゼ通りを少し下った左側)、また、パレ・ロワイヤルのところにあるマクドナルドには車イス用トイレがありました。



オルセー美術館屋上の展望台
眼下にセーヌ川、対岸にルーブル美術館が望めます


シャンゼリゼ通りから見る凱旋門



【7月31日】
 いよいよパリとも今日でお別れです。しかし、飛行機が夜8時出発ですので、それまでの時間を利用して、新装なったパリ・オペラ座近辺を散策。続いて、ルーブル美術館(身障者は無料です)に立ち寄りました。ルーブルは2度目とは言え、その大きさと複雑な構造のため、今回もまたずいぶん迷ってしまいました。その上、場所によっては業務用のエレベーターを利用するため、案内図にもそれが掲載されておらず、余計迷ってしまうのです。しかし、苦労の甲斐もあって、モナリザやミロのヴィーナスに再び会うことが出来ました。
 夕方、空港へ送って下さる方とホテルで落ち合い、シャルル・ド・ゴール空港へ向かいました。
夜8時、一路成田に向け全日空はパリの大空に飛び立ちました。



パリ・オペラ座

【8月1日】
 日本時間、午後3時、無事成田に到着。楽しかったロンドン・パリ旅行に終わりを告げました。