1996.1.2 〜 1.7

主催:日本旅行



 今回の旅行は「ロサンゼルス旅行」と銘打っていますが、実際は「ディズニーランド」と「ユニバーサルスタジオ」を巡るツアーです。12月に入いり旅行会社に行って、近場でまだ余裕のあるツアーを探してもらいここに決めました。アメリカはバリアフリーがよく整っているので、前もって調べて行かなくてもわりと安心して出発できますね。


【1月2日】
 昼過ぎに自宅を出て成田に向かう。車は空港周辺にある「駐車場サービス」に預けました。夕方の飛行機(JAL)でロサンゼルスに出発。10時間かけて太平洋を渡り、現地時間午前10時にロサンゼルス空港に到着しました。そういえば飛行機の中に、ヴェルディ川崎のメンバーが乗っていて(カズ夫妻も)、一時、機内が騒然としました。
 ロサンゼルス空港到着後、市内観光に出発しました。まず「サンタモニカ」へ。当時、松田聖子がこのあたりに住んでいたらしく、ガイドさんが「あの店によく来る」とか「この店の常連だ」とかいろいろと話していました。サンタモニカは広々と、果てしなくつづく海岸線がとてもキレイでした。昼食をとってから「チャイニーズシアター」に向かいました。僕のお目当てはマリリン・モンローです。さすが人気者、彼女の手形の周りに一番人が集まっていました。それにしても、彼女の手形は思ったより小さいものでした。
 ロスの市内観光を終えバスはチャイニーズシアターを出発、ディズニーランドのある街アナハイムに向かいました。ホテルは「シェラトン・アナハイム」、ディズニーランドの敷地に隣接するホテルの一つです。この地域は、ディズニーランドに訪れる観光客のためのホテルがたくさん建っていました。
 夕食後、ヘリコプターによる夜間遊覧飛行のオプショナルツアーに参加しました。ホテルから30分ほど行った飛行場で待つこと1時間、やっと夜間飛行に出発しました。実は、最初僕たちが乗る予定だったヘリが故障して飛べなかったのです。そこで、ヘリの代わりにセスナ機で行くことになったのですが、これもまた故障、エンジンがかからないんです。みんな「3度目の正直」とか「2度あることは3度ある」とか冗談を云って笑っているんですが最初の勢いはすっかり影を潜め、何となくひきつった笑顔を見せていました。かれこれ1時間、ようやく別のヘリが用意され飛び立つことができました。「皆さんにご迷惑をかけましたので」と云って、通常20分の飛行時間を大幅に延長して、約40分近く遊覧飛行をしてくれました。皆さん!宝石箱をひっくり返す、とはこういうことを云うんでしょうね。もぅ、本当にキレイ、まさに息をのむ絶景な眺めでした。ロスに行ったら、これは絶対にお薦めですよ。



【1月3日】
 さぁ、ディズニーランドへ(写真)。僕は30分おきにディズニーランドとホテルを送迎するシャトルバスに乗って行きました。全体の造りは日本のものとほぼ同じです。ただ、こちらの方がもう少し面積が広かったように思えます。身障用のトイレ等は言わずもがな、きちんと整備されていて安心して遊べます。
 この時期、昼間の直射日光はとても強くポロシャツやTシャツでも大丈夫ですが、日が陰る夕方になると急激に気温が下がり、一気に寒くなってきます。そのせいか、やや風邪気味になり、この日はホテルに戻って早々に休みました。


【1月4日】
 朝8時30分、ホテルを出発し、ユニバーサルスタジオへ移動しました。ホテルはユニバーサルスタジオのすぐ下にある「シェラトンホテル」でした。でもユニバーサルスタジオとは目と鼻の先なんですが、あいにく急な坂道になっています。ですからユニバーサルスタジオへ行く場合は、やはり送迎用のシャトルバスを利用することになると思います。しかし、残念ながら車イスのまま乗り込むことができません。僕が車イスからいったん降りてバスに乗り移ろうとしていたところ、ホテルの方が僕を呼び止め「ちょっとお待ち下さい。今、車イスのまま乗り込めるワゴン車を呼びますから」と云ってくれました。待つこと10分、ワゴンタクシーのような車が僕を迎えにやってきました。車にはユニバーサルスタジオと書いてあります。実はこの車、ハンディキャッパーが広いユニバーサルスタジオ内の移動の時使う車だったんです。その車がわざわざホテルまで僕を迎えに来てくれました。心憎い配慮ですね(^-^)
 園内はディズニーランド同様、よくできています。車イスに乗っていても全く心配なく楽しめます。「優先」配慮もよく行き届いているし、特に日本と大きく違うのが、それを見ている周りのお客さんたちが「やっかみ」や「ねたみ」の目で見ていないことですね。僕個人はこちらの方が楽しめました。結局、お昼過ぎに出かけ、夕方遅くまで遊んでいました。特に面白かったのが「バック・トゥ・ザ・ヒューチャーゾーン(写真)」と「バック・ドラフトゾーン」、また当時話題になっていたケビン・コスナー主演作「ウォーター・ワールド」のショウはとても迫力があって楽しめました。


【1月5日】
 今回の旅行、最大の楽しみが「グランドキャニオン観光(写真)」でした。午前中、ホテルを出発、ロス郊外の空港へ向かいました。ツアー参加者は20人ほどいたでしょうか。一行は4台のセスナ機に分乗し、グランドキャニオン近郊の空港まで2時間の空の旅を楽しみました。実はここでちょっと困ったことがありました。それは、僕の乗ったセスナ機(8人乗って満席でした)に車イスを載せるスペースがなかったのです。幸い僕の車イスは分解できたので、タイヤはそれぞれ左右の翼に、シートはプロペラの近くのトランクへ分納しました。もし分解できない車イスの場合は、ツアー申し込みの際にその旨を話した方がよいと思います。
 空港に到着後、今度は大型バスに分乗しグランドキャニオン観光に出発しました。実はこのバスが、リフト付きバスだったんです。ツアー会社が、車イスの僕がいることを知って、現地(グランドキャニオン)のバス会社にリフト付きバスを手配してくれたそうなんです。これは本当に助かりました。グランドキャニオン観光はビューポイントごとにバスを下車します。その度にバスのステップを昇り降りしていたら大変です。それに、なんといっても、あの日本人観光客の気を煩わさないですみますからね!
 グランドキャニオン観光・・・・・・、これ絶対お薦めです。雄大かつダイナミック、「大地」という言葉がぴったりあてはまります。目の前に広がる大パノラマに、自然の偉大さを痛感させられます。たとえ機械文明が如何に進歩しようとも、この景色を創り出すことはできません。特に、夕映えに赤く染まる大渓谷、ハッと息をのむこと間違いナシですよ。


【1月6日】
 午前11時、ロサンゼルス空港を飛び立ちました。


【1月7日】
 日本時間、午後5時、無事成田空港に到着しました。


 今回は旅行中体調を崩しちょっと辛いときもありました。特にこの時期の西海岸は気温の落差が激しく、日中はポロシャツ1枚でもいいのですが、夕方になると急に気温が下がりセーターかジャケットが必要になってきます。その辺の調節には気をつけたいですね。
 それにしても、いつも思うことですがアメリカはバリアフリーが良く進んでいて、どこへ行っても困ることがほとんどありません。今回出かけた「ディズニーランド」「ユニバーサルスタジオ」、その両方ともハードの面はもちろんですが、そこに働く従業員のみんなが僕たちのことを良く理解しています。マニュアル通りの杓子定規で融通の利かないサービスとはずいぶん違います。それが僕たちをさらに積極的にしてくれるようです。