1995.8.21 〜 8.27

主催:日本旅行



 いつの日か、本場のミュージカルとベースボールを見てみたいと思っていました。その夢がこの旅行で現実のものになりました。世界一エキサイティングな街“ニューヨーク”。でも、危険がいつも隣り合わせの街“ニューヨーク”。今までにない緊張感に充ちた、でもエキサイトな旅行になりました。



【8月21日】
 何となくいつもの旅行と違って、緊張している。まだ成田にいるのに・・・。
 全日空10便はそんな僕を乗せて、一路NYを目指して成田を飛び立ちました。NYまで12時間の空の旅。今回の旅行で僕は初めて全日空に乗ったんですが、これちょっと期待していたんです。それは、・・・・・・まっ、これはいいでしょう、かなり個人的な「趣」に関することですので・・・・。でも僕を充分満足させるものでした(^0^) さぁ、話しを元に戻しましょう。
 NYへ着いたら何をしようか、どこを見て回ろうか、あそこには行けるのかな、いろいろなことを思いめぐらせながらNYのガイドブックを見ていると12時間のフライトはわりと早く過ぎて行くような気が・・・・・、シナイシナイ。12時間は正直言って長いよ。飛行機に乗って最初の1時間と、到着前の1時間はわりと早く感じますが、残りの時間は退屈で窮屈で本当に辛いです。おまけに僕は寝られないんです。よく飛行機に乗るなり食事以外コンコンと寝てる人がいますが、本当にうらやましいです。飛行機に着いているエンジンを倍つけて、今の半分の時間で飛んでほしいね。そうすればNYまで6時間、これならそう退屈はしないと思いますが(^-^;
 現地午前11時、NY・ジョン・F・ケネディ空港に到着しました。現地係員の出迎えを受け空港を出発、マンハッタン島のNY市内まで車で30分の道のりでした。途中、車は大リーグNYメッツの本拠地「シェアースタジアム」の横を通りました。実はこの数時間後、僕はこのスタジアムにいたんです。車はいよいよNY市内に入ってきました。「セントラルパーク」「タイムズスクエアー(写真)」「ブロードウエー」とTVや雑誌で見たこれらの風景を、今、自分の目で見ていました。ホテルは「ペンシルバニアホテル」。年配の方なら、あのグレンミラーの名曲「ペンシルバニア6700」で有名なホテルです。そして、ホテルの前にあるのがスポーツの殿堂「マジソン・スクウェアー・ガーデン」、ロックファンならご存知レッド・ツェッペリンの伝説的ライブが行われたところであります。
 ホテルに着いてから現地係員と相談して、当夜、先ほどのシェアースタジアムで行われるNYメッツとサンフランシスコ・ジャイアンツの試合を見に行くことにしました。さっそく大リーグ観戦です。それから僕は、地図を片手にNYの街へ。5番街にあるJALチケットセンターへ、日本で申し込んでおいたミュージカルのチケットを受け取りに行きました。今回、どうしてもミュージカルが見たかったので、「オペラ座の怪人」と「サンセット大通り」のチケットだけは日本で予約しておいたんです。NYの街を一人で歩いてみましたが、昼間でしたのでそんなに不安は感じませんでしたが、やはり今までと違い緊張しました。
 夕方、係員と一緒に野球観戦に出発。もちろんこの野球観戦もオプショナルツアーです。今回このツアーに申し込んだのが僕だけだったので本来は催行されませんが(2名以上で催行のツアー)、どうしても見に行きたかったので僕自身で2名分だして見に行きました。せっかくのチャンスだったので、多少お金がかかっても行くことに決めたんです。夕闇の中、シェアースタジアム(写真)が現れ、照明灯のカクテル光線がまぶしいくらい光を放っていました。車イス席はバックネット裏にあって、選手を間近で見ることが出来ました。球場全体の雰囲気がとても良いんです。みんな野球を本当に愛しているんですね。日本のように勝敗至上主義ではなく、自分の好きなチームを、選手を、プレーを心底楽しんで応援しているんです。ですから、球場全体の一体感が実に心地よいんです。選手のプレーも、ピッチャーは思いっきり投げ込み、バッターは思いっきり打ち返し、思いっきり走る・・・・、僕はそこに野球の原点を見たような気がしました。これこそ、野球本来が持つ魅力なんでしょう。試合はNYメッツの圧勝でした。ただ残念だったのが、一日早ければこの球場で野茂投手を見られたんです。

シェアースタジアム



【8月22日】
 午前中、NY半日市内観光へ。「エンパイアステートビル」〜「ソーホー地区」〜「グリニッチビレッジ」〜「国連ビル」をバスの車窓より見学しました。最後にマンハッタン島の最南端「バッテリーパーク」でバスを下車、目の前にニューヨーク港が広がっています。そして、その沖合にあるのがアメリカのシンボル「自由の女神」です。バッテリーパークからだと女神像は小さくしか見えませんでした。普通は船に乗って女神像の建つ小島まで行くそうです。そのバッテリーパークのすぐ近くに、世界の金融市場の中心地「ウォール街」がありました。平日とあって、多くのビジネスマンで混雑していました。市内観光はこれでおしまい。
 さぁ、いよいよお昼ご飯です。僕はぶ厚いNYステーキを頭に浮かべていたのですが・・・・、あれっ、ここチャイニーズ街だぞ。・・・・「飲茶」なぜ?ここはNYよ。何もNYに来て飲茶を食べることもないでしょう。みんな不満タラタラでした。飲茶の味?・・・・聞かないでください。
 昼食を食べてから市内にあるDFSへ移動して解散しました。僕はホテルへ戻る道すがら、エンパイアステートビルへ行ってみました。1階にある受付で展望台へ行くチケットを購入して(障害者割引がありました)、エレベーターで展望台へ。北にセントラルパークやタイムズスクエアーが見え、南は先ほど行った国連ビルやバッテリーパークを一望することが出来ました。
 ホテルに戻ってからちょっと早めの夕食をとり(夕食といってもNY名物ホットドッグやホテルの1階にあるファーストフードですが)、今回のNY旅行でとても楽しみにしていたミュージカルに出発です。劇場まではタクシーで行きました(このタクシー、運転がすごく乱暴で恐いんですよ)。さて、きょうのミュージカルは「オペラ座の怪人(写真左)」、僕の大好きな作品のひとつです。いわゆるブロードウエーと42番街が交差するあたりに大小さまざまな劇場がひしめき合って建っていますが、中でもこのミュージカルを上演している劇場は、もうすでに開場を待つお客さんで黒山の人だかりがしていました。「オペラ座の怪人」は、NYでも依然人気があるそうです。
 僕は車イスに乗ったまま見ました。特に車イス用スペースはありませんでしたが、舞台下手の通路から見ましたが、なんの問題もなく楽しめました。トイレも完備しているし。ただし日本と違って、アメリカでは車イスに乗っている人も多く、また歩行が困難なお年寄りも身障用トイレを使うので、よく待たされることがあるんですよ。3時間の公演は瞬く間に終わってしまいました。何回見てもこのミュージカルはステキですね。なお、この公演は7.5ドル=約1000円で見られました。たった1000円ですよ。ビックリです。
 そしてここでひとつ注意したいことがあります。公演が終わるのが夜の部ですとだいたい10時をまわっています。ですから、よほどホテルまで近ければ別ですが、やはり危険なのでタクシーを利用した方が賢明です。公演が終わると一斉にお客さんがタクシーをつかまえますし、他の劇場も同じ時間帯に公演が終わり出てきますので、見ていた公演が終わったら直ちに表へでてタクシーをつかまえましょう。この際カーテンコールは控えておいた方が良いと思います。



【8月23日】
 午前中はホテル近辺をウロウロしたり、デパートで買い物をしました。そして、午後からはこの日もミュージカルです。きょうは昼間「サンセット大通り」、夜は「キャッツ」を見に行きました。「サンセット大通り」は日本でチケットを予約しておきましたが、「キャッツ」はなんの予約もせず、当日、「サンセット大通り」を見に出た際、劇場へ直接行ってチケットを買いました。「キャッツ」は日本で何度か見ていたのでストーリーも分かっていたし、お芝居そのものが唄ったり踊ったりするシーンが多いのでいいんですが、「サンセット大通り」の方はどちらかというと台詞のシーンが多くてちょっと退屈してしまいました。



【8月24日】
 ワシントン一日観光へ。僕の他に女性の二人連れが一緒でした。NY郊外のニューアーク空港から飛行機で約1時間、ワシントン空港に到着しました。ところで飛行機の中は、バリバリのビジネスマンで満員です。みんな飛行機に乗るとすぐにアタッシュケースから書類を引っぱり出して難しい顔をして読んでいたり、ワシントンポストやNYタイムズを広げています。その中にジャージとトレーナーの僕と日本のおばさんを代表するお二人の女性・・・・、ちょっと周りの雰囲気と違いすぎていました(^-^;
 現地係員の運転する車で市内観光へ。各国の大使館が並ぶ官庁街を通り、まず「無名戦士の墓」へ。この敷地内にケネディ兄弟の墓がありました。つづいて、有名な「リンカーン記念堂」〜「ワシントン・モニュメエント」〜「ホワイトハウス」を見学してまわりました。どこも、TVや映画のワンシーンで見覚えがあるところばかりです。実際、自らの足でその場に立つと感慨無量なものがありました。昼食はレストランでとったのですが、ここでアメリカの現実を目の当たりにしました。レストランの中が「白人スペース」と「黒人スペース」にきっちりと分かれているんです。人種差別撤廃などと声を高らかに宣言していますが、首都ワシントンでさえこの有様です。ちなみに僕た ちは「黒人スペース」の方で食べました。現地係員の友達がいたからなんです。それと、白人から 見ると僕たち日本人もやっぱり有色人種なんですね。
 昼食後、再び市内観光へ。「国防総省=ペンタゴン」〜「FBI本部」〜「CIA本部」を車窓から見学。最後に「スミソニアン博物館」に向かいました。館内は大変な広さで、まともに見たら1ヶ月はかかるそうです。偶然にも僕たちがここを訪れたとき、日本でも話題になった「エノラゲイ号と原爆展」を開催していました。実物のエノラゲイ号や日本に投下した原爆の模型、エノラゲイ号に搭乗した乗務員の様子を撮った写真が展示されていました。見終わった後、とても気になることがありました。それは、原爆を投下された広島や長崎の想像を絶する惨状や、原爆が持つその恐ろしい破壊力について、説明や展示がなかったことです。でも、ワシントン観光で世界の中心地を見ることが出来て本当に楽しかったです。
 夕方、ワシントンを出発、夜8時過ぎホテルに戻りました。途中、マンハッタン島を高台から望む箇所があるんですが、光輝く高層ビル群はまさに息をのむ美しさでした。



ホワイトハウス


リンカーン記念堂


【8月25日】
 午前中、現地係員と二人でもう一度市内観光へ出かけました。今回は、22日の半日市内観光で車窓見学に終わってしまったところや、個人的に見せてほしいところを回ってもらいました。まず「国連ビル」では実際にビルの中へ入ってみました。僕同様、いろいろな国から観光客が訪れていました。つづいて、アメリカの音楽の殿堂「カーネギーホール」、メトロポリタン劇場やジュリアード音楽院のある「リンカーンセンター」、セントラルパークに面し、かつてジョン・レノンが住んでいた超高級マンション「ダコタ・ハウス」、有名な黒人街「ハーレム地区」、そしてNYでハーレム以上に危険と言われているサウス・ブロンクス地区(係員の方もここを通るのは渋っていたのですが、特にお願いして通ってもらいました)、「NYヤンキースタジアム」と回ってもらいました。最後に「メトロポリタン美術館」で降ろしてもらい、僕は美術館を見てホテルに戻りました。
 夜、ミュージカル「美女と野獣」を見に出かけました。まだ日本で劇団四季が上演する前でしたので、ちょっと先取りした感じでした。場内はそれまでの公演と違い、お子様連れが多くさん来ていました。それと、日本の若い女性の多いこと。劇場の中にいると、ここがNYだとはとても思えません。
 こうして、短くもエキサイティングなNYの旅も終わりを告げました。いよいよ明日は帰国です。



【8月26日】
 朝9時、ホテルを出発。午後1時、僕を乗せた全日空9便はジョン・f・ケネディ空港を飛び立ちました。成田まで13時間のフライトです。



【8月27日】
 日本時間、午後3時、無事成田に到着しました。





 ニューヨーク・・・・・・・、世界有数の犯罪多発都市として、今までにない緊張感を持って行きましたが、実際はそれほど身に迫る危機感はありませんでした(一度、目の前で“ひったくり”は見ましたが)。現地係員が、「この地域外は、たとえ昼間でも絶対に行かない」「地下鉄はできるだけ乗らない」「夜はタクシーを使う」と言われた以上のことを守っていれば特に危険はないと思います。また、NY市当局も世界各国から訪れる観光客のため、街の安全化を推進しているそうです。そのため、大通りの交差点には必ず警察官が立っています。これだけでも随分と違います。一人で歩いていても、とても安心です。
 身障用の設備も以前行ったカナダ同様、とてもよく整備されています。まずは安心して街に出ることができます。そして、先ほど書いた注意事項さえ守っていれば、世界一エキサイティングな街“ニューヨーク”をあなたも心ゆくまで満喫できると思います。