1993.12.28 〜 1.1

主催:日本旅行



 前回のハワイ旅行で、車イスに乗っていても工夫や要領がわかれば充分に海外旅行を楽しめることがわかったので、今回は僕同様に車イスに乗る友人とサイパンにでかけました。



【12月28日】
 前夜、成田空港近くのホテルに前泊する。ちょっと話はそれますが、僕は集合時間あるいは搭乗機が午後1時以降の場合は、当日、自宅から空港に向かい、空港周辺の「駐車場サービス」を利用します。しかし、午後1時前の場合は、空港近くのホテルに前泊します。ホテルも1週間程度の駐車代は無料にしていますので、近隣の「駐車場サービス」を1週間利用するのとホテルに一泊するのと費用的には大差ありません。時間的な余裕を考えれば、前泊をお薦めします。
 さて、午前8時に空港に集合し、10時、ノースウエスト62便でサイパンに出発です。サイパンまでは約3時間弱のフライト。現地サイパン、午後2時(時差+1時間)に到着する。お天気はあまり良くなく、突然のスコールが僕たちを迎えてくれた。僕たちのように車イスを利用している者に対する空港職員の手際の良さで、実にスムーズに入国審査を終えられた。空港からはバスで各ホテルへ向かう。難を言えばこのバス(通常の大型バスを利用している)の、座席への乗降にはちょっと苦労する。運転手さんが「手伝ってあげるよ!」と言ってはくれるが、実際にあの狭いステップのスペースでは無理。結局はお尻をつきつき乗降しなければならない。早い時期に、ツアー客に車イス利用者がいる場合はリフト付きバスを用意してくれると助かるのだが・・・。
 バスは僕たちを乗せて、宿泊地ハイアットリージェンシーホテルに到着、部屋で荷をほどいてからさっそくプールへ。日本を発ってから、たったの6時間で常夏の島サイパンのプールでプカプカ。近くていいですねぇ。ホテルはトロピカルなたたずまいで、開放的なエントランスを南国の風がさわやかに吹き抜けてゆく。施設内は配慮がよく行き届いており、館内をはじめプールやビーチまでも問題なく動ける。
 夕食はホテル内のレストランでバーベキュー料理。値段もそこそこだし、余り美味しいとは思いませんでした。しかし、レストランからビーチを望むと、真っ赤な太陽がその日の仕事を終え、水平線の彼方にその残り陽を空一杯に放ちながら沈んでいきました。その美しさは旅の疲れを癒やし、心を洗い清めてくれるようでした。



【12月29日】
 朝、目覚めると部屋の中には南国の太陽がサンサンと照りつけている。バルコニーから見える太平洋は実に穏やかでのんびりとしている。この日は特に出かけることなく、明日からのオプショナルツアーを検討しながら、一日中プールやビーチで過ごす。特に何もなく・・・・、そう、プールサイドでアントニオ・猪木氏にあったこと以外・・・・・!!!。




【12月30日】
 オプショナルツアーに出発。午前中、まず、サイパン沖を半潜水艦で海中を散策するツアーへ。半潜水艦は上が普通のボートで、船底がグラスボートのように海中が見渡せる窓の付いた船です。20分ぐらい沖に出たところで船底に降りました。窓からは色とりどりの珊瑚礁や熱帯魚の群が手に取るように見えます。しかし、印象的だったのは第2次大戦中、壮絶な戦いの中で沈没した船や飛行機の残骸でした。あれからまだ、たったの50年しか過ぎていないんですね。さて、この半潜水艦、はじめのうちは珍しさも手伝って結構楽しいのだが、薄暗い船底で不規則に揺られていると余り気持ちいいものではなく・・・・・、そうです、船酔いしました。デッキに上がり海風を浴びていた方が気持ちよかったかも・・・・・。
 午後からはタクシーでサイパン島の2時間観光へ。「バンザイクリフ」「ラストコマンド」「バードアイランド」などを見て回る。そこは悲しい戦争の爪痕がいまも残されている。特に「バンザイクリフ」の切り立った崖っぷちに立ち、その崖の由来を聞くと平和のありがたさを痛切に感じる。アメリカ軍に追いつめられた多くの婦女子が、少しでも日本に近い所と願い、サイパン島最北端に位置するこの断崖から「バンザイ!」と叫びながらその身を投じ死んでいったそうです。多くの慰霊碑が建ち、いまでも手向けの花が絶つことはないそうです。サイパンに行ったら、一度はここに行くべきだと思いました。



【12月31日】
 1993年も大晦日。異国の地で初めて迎える大晦日。しかし、サイパンに居るとこの「大晦日」という言葉が実に似合わない。トロピカルサウンドの流れるビーチで青い空と海を見ていると、「紅白歌合戦」「蛍の光」「ゆく年来る年」「除夜の鐘」は浮かんでこないなぁ。
 というわけで、午前中はヘリコプターによるサイパン島遊覧飛行へ出発です。前日タクシーで廻った観光ポイントを今日は空から眺めました。わざと急降下したり、左右に機体を揺すったり、急旋回したりと、ヘリ遊覧のお約束も忘れずに30分近い遊覧飛行はアッという間に終わってしまいました。でも、これ結構迫力あって楽しいですよ。ちょっとお値段が高いけど・・・。そう言えば、このヘリコプター、つい最近落っこちてなかった?
 この頃、ビーチでウイリーという名前の黒人と友達になる。この男けっこう陽気な奴で、ビーチに行くといつもいて、ビールを飲んでは仲間とおしゃべりしている。本人はサーフィンのインストラクターといっているが、働いているところを一度も見たことがなかった。どうも、本業は日本女性専門のナンパ師らしい。でも、彼のお陰でいろいろな友達が出来たかも。そんな彼が、僕たちが帰国するときホテルの玄関までお別れにやってきました。普段ビーチから決してホテルの敷地内に入らなかった彼が、その時だけはTシャツを着て、その上靴を履いてお別れに来てくれました。けっこういい奴かもしれない・・・・。
 サイパン最後の晩はホテルで開かれた、カウントダウンパーティで年越しです。12時を合図に、場内は狂喜乱舞。でも、こういうときパーティの主役はアメリカ人のようで、日本人は固まってその様子を遠くから眺めている感じ、まぁ、僕もその一人だったかも。夜中の1時近くにパーティは終わり、静かな夜が戻ってきました。ベットに入り耳を澄ますとどこからともなくバグパイプの音色が聞こえてきました。


                    


                                 


【1月1日】
 午前中、時間を惜しむようにプールへ。そのあとホテル出発の時間までビーチで海を眺めながら過ごす。当然そこにはウイリーと仲間たち(写真)もいます。また、埼玉からご家族でいらしてたNさんご一家とも友達となって、みんなでおしゃべりをしたり写真を撮ったりと楽しいひとときを過ごしました。午後4時の飛行機に乗り日本に帰国しました。




 今回の旅では本当にたくさんの友達が出来ました。ウイリーやその仲間、Nさんご一家、またホテルのスタッフもとても親切にしてくれました。日本から飛行機で3時間というのが、とてもいいですね。バリアフリーもよく行き届いていて、その後サイパンには2度遊びに行きましたが、行く度に、さらにバリアフリーが充実しているのには驚きます。
 サイパンはハワイと違いこれといった観光地もプレイスポットもありません。ビーチで海を眺めながら、のんびりと過ごしたい方にはお薦めです。また行きたいですね。