1994.12.26 〜 12.30

主催:日本旅行


 サイパンは今回が2度目です。初めてサイパンに出かけたとき、いろいろな友達に出会えたし、現地のみんながとても親切でフレンドリーだったのが印象的で、また出かけてしまいました。それに、あの青い空と海が見たくって・・・・・。



【12月26日】
 もうこの頃になると空港での手続きや、搭乗までの流れもだいぶ分ってきました。搭乗に際し僕がツアーデスクの方にお願いするのが、実際に飛行機に乗るまで自分の車イスを使わせてもらうことです。一般的には、ツアーデスクで空港の車イスに乗り変わるよう言われますが、この車イス、自分ではとても動かしにくく、使いづらいのです。ツアーデスクで搭乗手続きを済ませてから飛行機に乗り込むまで約1時間近くあるので、その間は自分の車イスを使わせてもらっていた方が便利だと思います。
 午前10時の飛行機でサイパンに出発、現地午後2時に到着しました。この日、日本では冬まっただ中だというのに、サイパンは30度を超す猛暑。真冬から真夏の世界へひとッ飛びです。今回のホテルは「日航サイパン」。サイパンの繁華街「ガラパン地区」からかなり離れている。ホテルの前にあるのがショッピングセンター「ラフィエスタ・サンロケ」です。
 ホテルに到着後は、さっそくプールへ。7〜8時間前はセーターやコートを羽織っていたというのに、今は常夏の国サイパンのプールで蒼く澄み渡る空、ポッカリと浮かぶ白い雲を眺めている・・・・・It's great !
 ところで、きょうはもう26日だというのに、サイパンの街は依然クリスマス気分。夜になるとホテル前の通りの両側をイルミネーションで飾っている。これがとてもキレイでロマンチックなんです。



【12月27日】
 朝食後、とにかくプールへ。日本でのあの寒さが嘘のように、まぶしい太陽が体を照りつける。午後から、前回泊まったハイアットホテルに出かける。その時知り合っていろいろと面倒を見てくれた受付の方はもういなかったが、やはり友達になったホテルのレストランで働いているニルダさんが笑顔で迎えてくれた。とっても懐かしかったな。
 ホテルに戻ってから日本食レストラン「弁慶」へ。おぉ、また会ってしまった・・・・、アントニオ猪木だ!奥さんが僕のことをおぼえていてくれて、しばしおしゃべり。毎年この時期にサイパンへ来てるそうです。猪木さんに会いたい人は、どうぞ。


【12月28日】
 ホテルの前にあるショッピングセンター「ラフィエスタ・サンロケ」へ。ここで驚きのハプニング。というのも、ホテルのTVに日本人観光客向けのチャンネルがあって、そこで何度も何度も繰り返しサイパンのガイドビデオが流されています。そのビデオでサイパンを紹介している女性リポーターがこのラフィエスタ・サンロケにいたんです。「ビデオに出ている方ですよね。」「そうです、見てくれたんですね。」実は、このサンロケ内に地元ケーブルTVの放送ブースがあって、彼女はそこで働いていたんです。でも、ビデオでの見覚え以上に、僕はどこかで彼女に以前会っていたような気がしていました。すると、彼女の方が僕のことを覚えていました。「去年サイパンにいらしてましたよね?」「えっ、僕のこと知ってるの。」「ええ、帰りにホテルから空港へのピックアップのガイドをしていました。車イスに乗っているあなたを私押しましたよ。」そうだったんです。僕もやっと彼女のことを思い出しました。当時、彼女はサイパンのツアー会社で働いていたんです。その時僕のお世話をしてくれたんです。すっかりうちとけて話しをしていると、さらにビックリ・・・・。なんと彼女、僕と同 じ八王子の出身で、それだけでなく彼女の実家と僕の家がすぐ近くだったんです。もうすっかり二人は同郷人よろしく、いつ終わることないおしゃべりに熱中していました。本当に世界は広いようで狭いですね。


【12月29日】
 いつものように、午前中はプールへ。そこで、この年プロ野球フリーエージェントでヤクルトから巨人に移籍した広沢選手に会いました。記念のスナップにも快く応じてくれ、広沢選手の人柄の良さを感じました。
 午後から再びハイアットホテルへ遊びに行きました。日航サイパンのビーチよりこっちのビーチの方が広々としているし、のんびりとした雰囲気が好きなんです。この日もまた、アントニオ猪木に会いました。国会議員である彼、「う〜ん、このチャンスに。」僕は彼のところに行って少し時間をもらい、今の日本の福祉制度や車イス利用者から見た社会の現状などお話しさせていただきました。猪木さんとは帰りの飛行機も一緒でした。空港の待合所でいつの日か再会出来ることを願ってお別れしました。


【12月30日】
 午前中、日航サイパンの副支配人と会い、ホテル内のバリアフリーについてお話ししました。日航サイパンにもそれなりにハンディキャッパー用の設備はあるんですが、不十分であったり不完全な部分がありました。せっかくの機会でしたので、僕が感じた範囲で改善して下さるようお願いしてきました。
 午後1時、ホテルを出発、空港へ向かう。午後3時の飛行機で成田に向かいました。