サイパン旅行(4)

1999.4.3 〜 4.6

主催:日本旅行



 4年ぶりのサイパン旅行も今回で4回目になります。海外といっても、日本からたった3時間の空の旅。その手軽さがつい僕の足をサイパンに向かわせます。そして、その魅力はなんといっても、美しい海と果てしなく広がる空の青さにつきると思います。今回も、そんな自然に触れたくなり、いつしか僕は機上の人になっていました。

【4月3日】
 午前11時、成田発のノースウエスト航空で3時間の空の旅。現地時間の午後3時(日本との時差+1時間)、無事、飛行機はサイパン空港に到着しました。入国審査・税関審査を済ませ表に出ると、その飛行機でやって来たツアー客を多くの現地ガイドが待ち受けています。その中を通り抜けようとすると、2〜3人のガイドさんから「新井さん、こんにちは!」と声がかかりました。驚いて振り向くと、以前サイパンに来たときお世話になったガイドさんたちではありませんか。みんな僕のことを覚えていてくれたんです。もちろん、僕も彼らを見てすぐに「あっ、あのときのガイドさん」と、そこには4年の月日が流れていたにもかかわらず、互いにその顔を懐かしく思い出していました。そんな親しみ易い人柄もサイパンの魅力の一つなんでしょう。
 さて、そこで目を見張る出来事がありました。それは、空港からホテルまでの送迎が車いす用の小型バスになっていたことなんです。いわゆる、車いすに乗ったまま乗り込めるバスで、以前は大型バスしか用意されていませんでしたので、バスへの乗降にはとても苦労しました。他の乗客の目もあるし、なんと云ってもあのステップの高さには本当に閉口しました。それが今回は車いすのまま乗り込めるバスが用意されていたので、それはとても楽でした。旅行を申し込む際、特にそうしたバスをリクエストしたわけではありませんでしたが、ちゃんと用意されているところがサイパンの良さなんです。ますます気に入ってしまいました。
 空港からホテル(今回は「第一ホテル」に泊まりました)まで、車でおよそ15分ぐらいでしょうか。途中、車から見えるサイパンの街並みは、4年前とほとんど変わっていないように見えました。まるで時が止まっていたかのように・・・・・。海岸線を走ること15分、車はホテルに着きました。二、三の注意事項を聞いて鍵を受け取り、7階の僕の部屋へ。そして部屋の扉を開けると・・・・・、正面のベランダ越しに、眩くばかりに蒼く澄み渡る海が窓いっぱいに広がっていました。無事、サイパンに到着です。



【4月4日】
 目を覚ますとやや曇りがちのお天気。それでも気温はかなり高いと見えて、僕は昨夜かけて寝た毛布をすべて床に落としていました。ここ数日、サイパンは30℃を超す日が続いているそうです。普段よりやや遅めの朝食をとり、ビーチまで散歩してみました。太陽光線が薄い雲に遮られてても、やはりうっすらと汗ばんできます。お昼頃にはその雲も風にながされ、南国特有の強い日差しがジリジリと肌に照りつけてきました。
 お昼過ぎタクシーに乗って「ラ・フィエスタ・サンロケ」まで行ってみることにしました(片道のタクシー代は約20ドル)。「ラ・フィエスタ・サンロケ」は日航ホテルの前にあるショッピング・モールです。お土産品や雑貨を始め、有名ブランド店が数多く出店していた・・・・はずなのですが、いやいや、これが残念ながらそのほとんどが店変わりしていたり、多くの店がclosedしているんです。お客さんもまばらだし、とにかく活気が無く寂れた感じさえありました。日本の不景気がこんなところにも影響しているんですね。
 帰りがけ、すぐ前にある日航ホテルに立ち寄ってみましたが、以前泊まったときに比べ、身障用トイレやホテル内のスロープなどずいぶんと充実していました。ちょうど日本人スタッフの方に会ったので話を聞いてみると、ハンディキャップを持つお客さんが年々増えていて、また、そういうお客様の要望に応えていくようにしているとのことでした。
 さて、次に日航ホテルからタクシーでDFS(免税店)に向かいました。実はホテルからDFSまでの片道タクシー代は、DFSで負担してくれるんです。僕の泊まっている第一ホテルがそのDFSのすぐ近くにあるので、そこまでタクシーで来てしまえば、あとは第一ホテルまで散歩しても良い距離なんです。これで、およそ20ドル近く出費せずに済みました。DFSは四年前に比べ、売り場面積がずいぶんと広くなっていました。免税品を売るお店だけでなく、一般のお土産やディズニーショップ、ハードロック・カフェなどが店を出していました。
 ホテルに戻り、しばしプールでひと泳ぎ。火照った体がヒンヤリとした水温に冷まされてとても気持ちがよかった。夕食を済ませ部屋に戻る頃には、あれほど輝いていた太陽も今は水平線の彼方にその姿を没し、残り陽がわずかに空を朱色に染めています。・・・・・と、眼下に見える中庭でポリネシアンショーがリズム感も荒々しく始まりました。彼らが奏でる太鼓のリズムはそんな闇夜に響き渡り、南国気分をよりいっそう醸し出してくれました。



【4月5日】
 今日は少し体を焼こうと、朝食をとってからプールサイドへ。ところが、これが失敗の巻で、途中泳いだりしながら2時間ほど居ただけなのに、すっかり焦げ目が付いてしまい、夜になるともうTシャツが肌に触れるだけでもヒリヒリ状態。「これは冷やさないとマズいぞ」と思い、早速売店で「アロエ・ジェル」なるものを買ってイソイソ塗って休みました。あとで聞くところによると、サイパンの日差しはその強さが日本の3倍だそうです。2時間が、日本ではその3倍の6時間も焼いていたことになるんですね。気をつけなくてはいけませんね。



【4月6日】
 サイパンとも今日でお別れ。4日間と短い旅行でしたが、のんびり過ごすことができました(ちょっと体はヒリヒリしていますが(^-^;。ホテル出発の午後2時まで、ビーチで海を眺めていました。ただし、今度は日陰でね。ホテルから空港までは、来た時と同様に車いす用の送迎バスを利用することができました(これは本当に楽でした)。空港で2時間近く待って(正直、この2時間はすっごく退屈です)、午後4時の飛行機で帰国しました。




 率直に言って、サイパンにも日本の不景気がその影を強く落としていました。現地のスタッフに聞いても、年々観光客が減っているそうです。今回行ったショッピングモール「ラ・フィエスタ・サンロケ」も以前のような活気が無く、ホテルの前に広がる商店街も店が変わったり、それも質が落ちていて(不思議と中国陣形の店が多くなっていた)雰囲気まで悪くなっているように思えました。それはホテルのスタッフにもいえることで、やはり以前はもっと人なつっこい笑顔があったのに、どことなくみんな無愛想で大らかさが無くなったようにも見えました。
 とは言っても、日本ではなかなか見ることができない、真っ青な海と空、これらを見るだけでも価値があります。その上、飛行時間が3時間と、とても気軽に行けて、なおかつ車いすに優しい町づくりがされているので、つい足を運んでしまいます。自然本来の空の色、海の色がサイパンにはあるんです(^-^)。