1994.7.22 〜 7.27

主催:日本旅行



 今回は、とても苦労の多い旅になりました。僕にとって、アジアの国へはこれが最初で最後の旅になりました。あと10年後、もう一度出かけてみようとは思いますが・・・・・。

【7月22日】
 お昼の12時、シンガポール航空で成田を出発しました。シンガポール航空は世界でも数少ない黒字会社で、そのサービスも世界トップクラスと聞いていたのでとても楽しみにしていたのですが、結果は”ガッカリ”でした。まずスチュワーデスは終始事務的で、笑顔ひとつ見せません。その上、乗務員同志のおしゃべりの多いこと。映画を上映しているときも、カーテンの向こうでピーチクパーチク、とってもうるさかった。そして一番困ったのが「トイレ」でした。通常飛行機には機内用の車イスが搭載されていて、トイレに行く際はそれに乗っていきます。当然それが搭載されていると思いお願いすると、この飛行機には載せていないって言うんです。それも、車イスを載せるスペースがこの飛行機には無いって言うんです。B747にですよ。そのかわり乗務員がお連れしますといって、何人もの男性乗務員が僕のところにやってきました。あの狭い通路を、70キロ近い僕をどうやって運ぶつもりでしょう。そうでなくても、多くの乗務員がやってきているので、僕の周りは「一体何が起こったんだ?」とざわめき始めています。結局僕はシンガポールまで約7時間、トイレに行けませんでした。「 大丈夫ですか?」度々やってきては心配そうに声をかける乗務員に、「苦しいです。とても辛いです。このような苦労は僕を最後にして、以降、機内用の車イスを必ず搭載して下さい」そう訴えかけました。シンガポールへの旅は、こんなことから、余り前途洋々とは言えませんでした。結果、苦労と落胆することの多い旅行になりました。
 現地、夕方5時をまわった頃、チャンギ国際空港に着きました。現地係員ワンさんの出迎えを受け、車で市内マンダリンホテルに向かう。途中、車の中でシンガポールの街は車イスで動くには辛いかもしれない、とのありがた〜いお言葉。係員の言うとおり、街の様子を伺うとどの建物にも入口に必ず数段の段差があり、古い商店街など、歩道を挟んで半地下と中2階に店があって、車イスでの利用は絶対に不可能だと思いました。
 それはホテルにも言えました。まず、ロビーが半地下にあり、どのレストランも入口に階段(もちろんスロープなし)、エレベーターは中2階にある。オマケに、僕の部屋はそのエレベーターでないと行けないと言う始末。結局、僕はそのエレベーターを利用できないので、業務用エレベーターに乗り、途中ホテルの厨房を通って部屋に行きました。滞在中、毎回この方法ですから呆れてしまいます。余談ですが、厨房のある階の業務用エレベーターホールには、いつも”物乞い”がたむろしていました。部屋にも問題がありましたが、この辺にしておきましょう。
 夕食はホテル内の日本食レストラン「竹葉亭」へ。ここは唯一、平らに入れたんです。・・・・・毎晩通いました。



【7月23日】
 半日市内観光へ。朝9時にホテルを出発、まず国会議事堂や最高裁判所のある官庁街へ。シンガポールのシンボル「マーライオン」が近くの海岸線に建っていた。それから小高い丘に登り、シンガポールの街を一望する。ここから、シンガポール最大のアミューズメントスポット「セントーサ島」へロープウェイが出ている。残念ながら僕はこのセントーサ島には行けませんでした。車イス利用者のための設備が当時は全くなかったんです。
 車は中国人街・インド人街へ。シルク(?)のスカーフや強烈な異臭を放つ漢方薬が店先を賑わす中国人街、色とりどりの色彩に満ちあふれるインド寺院の建ち並ぶインド人街。寺院の中にはさらに極彩色豊かな壁画が目を引く。数人の信者が座禅を組んでいまも修行に励んでいました。昼食をとり、「シンガポール植物園」を見学。その後、お約束のDFSへ連れていかれる。シンガポールにはこれと言った観光スポットはないようです。
 夕方、ホテル前の目抜き通り「オーチャード通り」を散策。高島屋・そごう・伊勢丹などのデパートが進出している。こうしたデパートはスロープや身障用トイレも完備されていました。店内はその大半が専門店で占められていて、その規模や品揃えは日本と同様です。値段は日本より3割ほど安いのではないでしょうか。



【7月24日】
 この日、現地係員ワンさんの友人ジョン(写真) さんを運転手兼ガイドとしてお願いし、まずは「シンガポール動物園」へ行きました。動物園は市内からハイウェイを通って30分ほど走った湖の畔にありました。トラやライオンなど危険な動物以外は一切檻が無く、身近に動物たちと触れあえます。園内ではチンパンジーやアシカのショーが行われていました。この動物園は以外にバリアフリーでよかったんですが、アップダウンが非常に多く、介助者には大変な運動量になると思います。ジョンさんは全身汗びっしょりになって僕を押してくれました。ご苦労様でした!
 つづいて「ハウ・パア・ヴィラ」(旧:タイガーバウムガーデン)へ。中国の神話や伝説を人形で描いたテーマパークです。園内全ての人形や展示物が色彩豊かに眩く彩られていました。身障用トイレも完備されていました。でも、このテーマパーク自体が山の斜面に建てられているので、もうほとんど登山に近いものがありました。ジョンさん、本当にご苦労さまでした。きっと翌日は全身筋肉痛だったと思います。
 夕食はホテルの中庭で「アセアンの夕べ」と題する、アジア地域の民族舞踊を見ながら食事をとりました。



【7月25日】
 きょうもオーチャード通りを中心に街中を散策です。途中、伊勢丹スコッツ店内にある映画館に立ち寄って「裸の銃を持つ男パート3」を見る。入場料が日本円で約400円と日本の約4分の1の安さ。新しい建物なのでトイレもあって快適に利用できました。映画館を出たあとも、近辺をうろうろしていました。



【7月26日】
 さぁ、きょうはシンガポール最後の日です。でも、ホテル出発が夜8時ですので、その間を利用してタクシーを貸し切り(1時間、約1600円)、「タン・ダイナシティ」と「ジュロング・バードパーク」へ。タン・ダイナシティは日本でも各地に出来ている再現パークで、ここはパーク全体が唐の都:長安を再現して作られている。アトラクションが時間ごとに行われ、僕が見たのが、当時の衣装を身にまとった嫁入り行列や孫悟空の寸劇を楽しむことが出来ました。ただ僕が行ったのが平日の午前中とあって、人手がまばらでした。
 つづいて、ジュロング・バードパーク(写真)へ。ここはアメリカ企業の資本投下により作られたパークですので、施設内は車イスでも自由に動き回ることが出来ました。園内を走るモノレールにも乗ることが出来ました。帰りに、有名な「ラッフルズホテル」を見てホテルに戻りました。
 ホテル出発までの時間、毎晩通った日本食レストラン「竹葉亭」でお店の人とおしゃべりをしながら夕食をとりました。8時、みんなとお別れをして空港へ。夜11時30分のシンガポール航空で成田に向かいました。残念ながら帰りの飛行機でも行きと同じようにトイレに行けない、とても辛いフライトになりました。でも、帰りの飛行機で一緒になったスチュワーデスさんがあんまり素敵だったので、成田空港でちゃっかり記念撮影をしちゃいました。トイレに駆け込みたかったのに・・・・。



【7月27日】
 というわけで、朝7時、成田に到着しました。



 シンガポールは近代的な高層ビルが建ち並ぶ反面、一歩裏通りにはいるとアジア諸国特有の貧民街がいまもそこにあります。日本を含め外国企業による巨大資本の投下は急激な社会発展を一部では成し遂げたようですが、そこに住む人たちに拝金主義的資質が見られ、この旅のあいだ一度たりとも街ゆく人、デパートの従業員たちの笑顔に接したことがありませんでした。
 車イスでの行動も、新しく建てられたデパートなどは良く整備されていましたが、以前からある古い建物は入口に段差があったりと、とても不便さを感じました。もしシンガポールへ行かれる際には、利用するホテルが車イスで問題なく使えるのか、充分にお調べの上、出かけられるよう心がけたいものです。