スイス旅行 (ユングフラウ観光)

1999.7.19 〜 7.25

主催:近畿日本ツーリスト クラブツーリズム



 近畿日本ツーリストが『足の不自由な方』を対象にした海外ツアーも、「北欧」「オーストラリア」に次いでこれで3回目の参加となりました。今回のツアーはスイス。アルプスの麓、緑濃く広がる牧草地でのんびりと草を食む牛たちの姿と、どこまでも蒼く澄んだ湖が印象的でした。


【7月19日】
 ツアー一行24名、正午発のJAL・スイス航空共同便で一路チューリッヒに向けて旅立ちました。この共同便、JALは座席の一部を販売しているだけで、飛行機も乗務員もすべてスイス航空によるものでした。当日は成田空港への到着機が多く、空港内が混んでいたため、僕たちの搭乗機は空港ターミナルビルからかなり離れたところに留まっていました(『留置機』と言うそうです)。ですから、一般の乗客は搭乗機までバスで移動し、タラップで機内に乗り込みます。僕たち一行はターミナルビルから昇降機の付いたバスに乗り込み搭乗機へ向かい、そのまま搭乗機の乗り口まで昇降機が上がって機内に乗り込みました。
 チューリッヒまで、約12時間のフライトです。現地、夕方の5時、無事チューリッヒ空港に到着しました。日本との時差は−7時間。チューリッヒ到着後、現地係員の出迎えを受け、一行はリフト付きバスに乗り込み、チューリッヒ郊外の街ルツェルンへ向かいました。道すがら初めて見るスイスの風景は、これまでスイスに対しイメージしていたものとほぼ同じく、街の中心地をわずかに離れるだけで道の両側には緑濃い牧草地がどこまでも広がり、小高い山の斜面には草を食べる牛たちがたくさんいました。夜7時過ぎ、ルツェルンのホテル「アストリア」に到着しました。



【7月20日】
 ルツェルン市内観光へ。中世の面影を今に残す、静かな湖畔の街ルツェルンは、フィーアバルトシュテッテ湖の畔にあり、旧市街を散歩するとフレスコ画が描かれた往時の建物が今も静かに佇んでいます《写真・右上》。また、市内を流れるロイス川、その河口に架かるのが、ルツェルンの象徴と言われる「カペル橋」。全長200メートルにおよぶ屋根付きの木造橋で、その梁に掛かる板絵には街の歴史が描かれています。ちょうど僕たちがその橋を見学している頃、その橋のたもと一帯に市が開かれていて、色とりどりの果物や野菜が売られ、大変な賑わいを見せていました。その後、パリのチュイルリー宮殿でマリー・アントワネットを守ろうとしたスイス人傭兵を讃える「ライオン記念碑」を見学し、昼食の後、アルプスの麓にあるリゾート地グリンデルワルトに向かいました。
 アウトバーンをバスは走り抜け、夕刻、グリンデルワルトに到着しました。ここは、アイガー、メンヒ、ユングフラウの雄大な山々が連なるアルペンリゾートの拠点で、緑の山と氷河が織りなす景色はスイス屈指の美しさを誇っています。ホテル「サンスター」は街の中心地にあり、ホテルの背後にはユングフラウやアイガーをはじめとするアルプスの山々がまるで屏風のようにそびえています。
 山の天気は移り変わりが激しく、今晴れていたかと思うと次の瞬間には俄雨がさっと降り出します。夕食をとる頃、夕立が麓の街に激しい雨を降らせました。おかげで、蒸し暑かった僕の部屋にも高原の涼しい風が吹き抜け、ここが高地であることを実感させてくれました。絶え間なく聞こえてくる鳥たちのさえずりと、時を知らせる教会の鐘の音が夕暮れ迫る山間の谷に響き渡りました。明日はいよいよ待望の「ユングフラウ登山観光」です。“明日だけは、絶対に晴れてほしい”、そう祈りながら、いつしか僕は心地よい旅の疲れからか、知らぬ間に深い眠りについていました。



ルツェルンの街


ライオン記念碑



【7月21日】
 今日はこの旅のハイライト「ユングフラウ・ヨッホ」登山観光です《写真・右下》。朝、目を覚ますと柔らかく澄んだ朝の陽ざしが僕の部屋に射し込んでいました。見上げると、空一面に青空が広がり、絶好の登山日和となりました。感謝!感謝!
 ホテルから歩いて10分ぐらいのところに、ユングフラウに向かう登山列車の始発駅があります。プラットフォームからは、世界中のクライマーが目指す「アイガー北壁」を正面に見ることが出来ました。列車は急勾配を一歩一歩ゆっくりと、でも確実に登っていきます。線路の両脇には色とりどりの高山植物がいまを盛りに咲き誇り、牛たちが首に下げたカウベルをのどかに鳴らしながら草を食べています。
登っていくにつれ、アルプス三山(ユングフラウ・メンヒ・アイガー)が目の前にその威容を誇ってきました。グリンデルワルト駅からおよそ40分、標高2000メートルにあるクライネ・シャイデック駅に到着しました。夏の陽射しが強く照りつけてはいるものの、やはりそこは標高2000mの高地。日影に入ると、ひんやりとした風がやさしく吹き抜けていました。眼下にグリンデルワルトの街を小さく望むことができるこの場所は、アルプス三山への登山口でもあるのです。
 そこで、さらに列車に乗り換え、ユングフラウ山頂を間近に望むことができるユングフラウ駅に向かいました。1時間近い道中、そのほとんどがトンネルです。ただし、かなりの急勾配を登っているらしく、進行方向に背を向けて乗っていると、床に滑り落ちそうになります。途中、2度、トンネル内の駅に停車しながら、ついに標高4000mにあるユングフラウ駅に到着しました。
 列車から外に出ると、外気は一気に0℃近くまで下がり、半袖のシャツではとても居られないほど冷え込んでいました。ここで一行は二手に分かれ、一方は山頂付近の雪原に出て、数千年の時を経て創られた氷河に遊ぶコース、もう一方が、その駅をさらに登ったところにある「スフィンクス展望台」へ向かうコースです。僕は「スフィンクス展望台」を選びました。展望台に上がり外に出てみると、そこは360℃の大パノラマが広がる絶景ポイント。目の前にメンヒ、ユングフラウの頂上が迫って見え、遥か遠くまでアルプス連峰を一望することができました。雄大かつ大迫力のその景色と美しさには、ただただ圧倒される思いでした。でも、油断は禁物です。なんといっても、ここは富士山より高い標高4000mの高地です。酸素が希薄ですから、あまり興奮すると酸欠になったり高山病になる危険があるそうです。
 1時間ほどそこで過ごしてから再び列車に乗り、途中の乗り換え駅クライネ・シャイデック駅に戻りました。個人的には頂上からの眺めより、ここからの方がアルプス三山を全て見渡すことが出来、その眺めは壮観です。帰りは、行きとは反対方向の街ラウター・ブルンネンに再び登山列車で下り、そこからグリンデルワルトまではバスで戻りました。
 こうして、今回のスイス旅行、その最大のハイライト「ユングフラウ・ヨッホ」登山観光は、お天気にも恵まれ心ゆくまでアルプスの雄大な景色を堪能することが出来ました。
 この日、グリンデルワルトの街は月一回のお祭りで、街中は国際色豊かな観光客であふれていました。居酒屋やレストランの前にはビールやウインナーを焼く夜店が数多く出店し、目抜き通りのあちこちには、ヨーデルを歌い奏でるグループが小さなステージをいくつも作り、山のお祭りをいっそう盛り上げていました。

ところで、登山列車には特に障害者向けの設備はありません。高いステップのある列車への乗降も全て人海戦術でした。幸い、僕たち一行のために一車両を貸し切りにしてくれましたが、車いすから座席への移動が可能な方はいいですが、車いすに乗ったままだと列車乗降口のスペースに車いす3台がやっとですので、大変窮屈です。ただし、帰りに乗った登山列車は新型車両らしく、低床に設計されていて乗降も容易で、車いすに乗ったままのスペースも広くとってありました。また、どの駅にも車いすトイレがあり、要所にはエレベーターが設置されているのには感心しました。



【7月22日】
 今日はグリンデルワルトを発ってジュネーブまでのバスの旅です。途中、レマン湖畔にある、ヨーロッパ各地の富豪や貴族の高級リゾート地モントルーで、湖畔に建てられた「シオン城」を見学。お城そのものは大したものではありませんが、湖畔の遊歩道から見るお城と周辺の景色はレマン湖随一の美しさで、朝夕の空気が澄んでいるころには湖越しにモンブランの山並みを見ることが出来るそうです。
 シオン城近くのレストランで昼食をとり(なんと、こんな小さなレストランにも車いすトイレがありました)、再びバスに揺られ、夕刻、ジュネーブ空港近くのホテル「モーベンピック」に到着しました。
 この日の夕食は、ジュネーブ市内にあるレストラン「エーデルワイス」へ。山小屋風の店内でヨーデルやアルペン・ホルンの軽やかな演奏を聴きながら、ミート・フォンデュ(角切りされた牛肉をサラダオイルで揚げ、それに数種類のマスタードを付けて食べます)をご馳走になりました。



シオン城



【7月23日】
 ジュネーブ市内観光へ。朝、ホテルを出てジュネーブ市内へ向かう途中、レマン湖の対岸、その彼方に白く輝く山陰が見えました。モンブランです。ジュネーブから約80qの距離にその山はあるそうですが、空気の澄んでいる朝方、神々しくもその銀嶺は姿を見せてくれました。
 市内に着いて、まず向かったのが「パレ・デ・ナシオン」(国連欧州本部)。その一帯は国際機関の建物(国際労働機関:ILO、世界保健機構:WHOなど)が数多く建ち並んでいます。本来なら、ここで国連欧州本部の館内見学となるそうですが、コソボ紛争やユーゴ紛争など国際紛争が多発する現在、残念ながら国連本部内の見学は出来ませんでした。どの建物も、鉄条網が幾重にも張りめぐらされ、機関銃を持った兵士が不測の事態に備え守りを固めています。
 国際リゾート地としての一面と、方や国際紛争の絶えない現実を身近に感じられる一面をこの街は併せ持っています。その後、湖畔にある「英国公園」周辺で「モンブラン橋」や「花時計」を、また、旧市街にある「サン・ピエール大聖堂」「宗教改革記念碑」などを車窓観光も含め見学しました。
 昼食後、僕たちはレマン湖を遊覧しながらローザンヌへ向かいました。船の上からは、美しいジュネーブの街並みを一望でき、また、両岸には目に鮮やかな緑の丘陵地帯がどこまでも広がっていました。途中、ミネラルウォーターで有名な水の都エビアン(ここはフランス領です)に立ち寄りながら、ローザンヌまでおよそ3時間半の船旅を満喫しました。
 名優チャップリンやオードリー・ヘップバーンがこよなく愛し、その生涯終焉の地に選んだというローザンヌは、モントルーやジュネーブと違い、落ち着きのある古い都を連想させます。船着き場の目の前にあるホテル「モーベンピック・ラディソン」に到着したのは、その日の夕方近くでした。

遊覧船への乗り込み、また、船内はフラットになっていますので(2階の展望室へは階段です)、車いすでの移動は可能ですが、ただし、船内には車いすトイレはありませんのでご注意を。ジュネーブとローザンヌの船着き場には車いすトイレがありました。



レマン湖



【7月24日】
 朝、ホテルを出発、一路チューリッヒ空港へ。雄大なアルプスの山並み、目にやさしく映った緑の牧草地とも今日でお別れです。スイスでの楽しい思い出を胸一杯に膨らませ、午後2時、チューリッヒ空港より直行便で成田に向け帰国の途につきました。



【7月25日】
 日本時間、午前9時、無事成田空港に到着。一行は到着ロビーで別れを惜しみながらも、空港をあとにしました。



 スイスを訪れてみて思った以上にバリアフリーが進んでいるのには驚きました。勿論、「足の不自由な方」を対象にしたツアーですので、車いすで参加される方を考慮したうえでホテル、各観光スポット、レストラン、休憩所などを選定しているとは思いますが、その充足度にはとても感心しました。歩道の切れ目はほとんどがスロープになっており、エレベーターも随所に設置されていました。市内を走るトロリーバスも、何台かの割合で車いすマークが付いていました。今回泊まったホテルも、いずれもバリアフリーな建物で館内の移動も容易に出来ました(今回泊まったどのホテルにもハンディキャップルームがあったようです。ただし、1〜2室でしょうが)。去年訪れたイタリアなどに比べ、数段バリアフリーが進んでいると感じました。
 人口の100%を収納できる核シェルターを完備し、若者には徴兵制が義務づけられている国、スイス。“永世中立国”として、その名を世界中に知らしめているが、それは、国に重大な事態が起きたとき、他国に頼ることなく外敵を排除し、自国を守り抜く力を保持していることの証でもあるのです。そして、国連欧州本部など国際機構の本部を自国に招致することで、スイスが世界平和の重責を担っているとも言えましょう。
 今でこそスイスは世界有数の資産保有国ですが、かつては貧困に喘ぐ国だったそうです。国全体が険しい山岳地帯で占められているという地理的条件もあり、群雄割拠のヨーロッパの中で、スイスがヨーロッパ史の表舞台に出ることは少なかったようです。王族や貴族による支配・統治もスイスの歴史上余り出てきていません。それ故、フランスやイタリアなどと比べ、文化・芸術面で名を成した人物や歴史的建造物、あるいは美術工芸品等も少ないようです。ですから、市内観光で巡った名所旧跡も、残念ながらその名に値するほどのものはありませんでした。
 しかし、緑鮮やかな牧草地に世界有数の名峰など、大自然が創りだした地球遺産によって、スイスはこれからも世界中の人々に愛され続けていくことでしょう。