スイス旅行 (マッターホルン観光)

2002.7.30 〜 8.6

主催:近畿日本ツーリスト バリアフリー旅行センター







 

 スイス旅行は今回で2回目となりました。3年前はスイス中部に位置する"トップ・オブ・ヨーロッパ"ことユングフラウヨッホを中心に、今回はスイス南部に位置し"アルプスのピラミッド"と言われる名峰マッターホルンを中心にした旅となりました。去年、ウィーン・プラハ旅行をご一緒したご家族や添乗員とこの旅で再会を果たす偶然にも恵まれ、旅立つ前から実りある旅となることを予感させてくれました。



【7月30日】
 成田空港で、この旅に参加する一行8名と顔合わせの後、JAL451便チューリッヒ行きは猛暑の続く日本を離れ、憧れの地スイスへ向けて飛び立ちました。さて、今回のJAL451便は空港ターミナルビルからかなり離れた貨物飛行機専用の駐機場に留まっているため、僕たち一行は昇降機の付いた移送用バスに乗り込み搭乗機へ向かいました。搭乗機の真下まで来ると昇降機が乗り口まで上がり、そのまま機内に乗り込みます。総じてどの国でも空港内にあっては車イス利用者への配慮は良く行き届いていると思います。普通ではめったに乗ることの出来ない昇降機付きバスに乗れるのも貴重な体験です。
 チューリッヒまで約12時間のフライトです。空港到着後、現地係員の出迎えを受け、一行はリフト・トイレ付きバスに乗り込み、チューリッヒ郊外の街ルツェルンへ向かいました。バスに乗ること約1時間、僕たちは夕闇迫るルツェルンに無事到着しました。



【7月31日】
 いよいよスイス観光の幕開けです。今日は午前中、ルツェルン郊外の山村エンゲルベルクを訪れ、午後からルツェルンの市内観光です。「天使の里」を意味するエンゲルベルグは、12世紀ベネディクト派の修道院が建てられたことから村がひらかれ、現在は保養地として、またスキーリゾート地として人気がある街です。名峰ティトリス山を背に建つ教会の周りには色鮮やかな花が咲き誇り、緑濃い牧草地の広がりは、改めてスイスに着いたことを実感させてくれます。山の斜面にはスキージャンプ台があり、かつて原田雅彦選手ら日本ジャンプ陣が活躍したこともあったそうです。現在、この修道院の敷地内には乳製品の工場があって、「ここにしかないチーズ」という殺し文句に早速財布のひもをゆるめてしまいました(帰国後、このチーズを食してみましたが、これは確かに美味しかったです)。



エンゲルベルクの街


名峰ティトリスと修道院


 エンゲルベルクから戻り、昼食後、ルツェルン市内観光へ。フィーアヴァルトシュテッテ湖を臨むルツェルンは中世の面影を残す静かな街で、旧市街にはフレスコ画の描かれた歴史的建物が数多く残されています。「ライオン記念碑」や「カペル橋」と言った観光名所もさることながら、僕は曲がりくねった路地裏にひっそりと佇む家並みから、時代は移り変わろうとも未だ変わることのない中世の息吹をこの街に感じます。
※カペル橋に昇るのに数段の階段がありますが車イスのまま乗れる昇降機が備え付けてあります。ただし、作動させるのに鍵が必要で、近所の売店「KIOSK」(キオスク)で鍵を借ります。
※スイス全般に言えることですが、山あいの街や旧市街は石畳や坂道が多く、車イス利用者にとっては不得手な地形です。でも、その苦労をしても余りある魅力がそこにはあります。せっかくですので、そんな苦労も含めて旅を満喫しようではありませんか。ただし、サポートして下さった方への感謝は忘れずに。今回、車イスを押して下さった皆様、本当にありがとうございましたm(_ _)m




ライオン記念碑


カペル橋の昇降機


【8月1日】
 今日はルツェルンを発って、マッターホルンの麓に広がる街ツェルマットまで、ほぼ一日かけてバスで移動します。ところで、8月1日はスイスの建国記念日です。この日、訪れた街々では建国を祝ってスイス国旗や州旗、また、色鮮やかな花が街を飾り、道すがらお祭りが催されている街もありました。普段とは違った街の様子をうかがい知ることができ、とてもラッキーでした。
 ルツェルンを発ち、まず最初に訪れたのがウィリアム・テル伝説の街アルトドルフ。ハプスブルグ家の圧政から独立したことに起源を発するスイス建国の地で、1804年、ドイツの詩人シラーが執筆した戯曲「ウィリアム・テル」により世界にこの伝説が広まり、建国伝説のシンボルになっています。先ほど書いた通り、この日はスイスの建国記念日で、僕たちは図らずもスイス建国の地アルトドルフを訪れることができ、間近にウイリアム・テルの像を目にする幸運に恵まれました。建国を祝って街はお祭りの準備が進められ、色とりどりの花が窓辺を飾り、日本で言う夜店が通りを埋め尽くし、民族衣装に身を包んだ人々がより一層街を華やかに盛りたてています。街の中心には戯曲「ウイリアム・テル」が初演された劇場もあり、この日はスイス各地で建国を祝ってこの作品が上演されたことでしょう。
 アルトドルフを発って、アルプスの険しく高い山々に囲まれた小さな街アンデルマットで昼食後、2431mの急勾配を擁すフルカ峠へバスは差しかかりました。道幅は乗用車がすれ違うのもやっとなほど狭く、幾重にも連なる急カーブにはガードレールが無いところもあります。この時ばかりは「景色は僕たちに任せて!運転手さんは前だけ見ててね!」と願わずにいられませんでした。峠を登って行くにつれ、眼下に見えるアンデルマットの街は米粒のように小さくなり、如何に僕たちが高いところまで昇ってきたかが分かります。2431mまで登ると、緑鮮やかな牧草地に包まれたウスルレンの谷をはるか遠くまで見渡すことが出来ます。
 フルカ峠を越えるとローヌ氷河が姿を見せます。ここでバスを降りて氷河を間近に見にいきました。氷河の谷の眺めは神秘的ですが、雨交じりのお天気とあってさすがに寒かったです。




ウイリアム・テル像


アンデルマットの街


フルカ峠


ローヌ氷河



※氷河間近の展望台には車イス用トイレがあります。ただし、有料です(約20円)。ヨーロッパにはこの手の有料トイレがよくあり、小銭を用意しておく必要があります。大抵は無料で使わせてくれますが・・・・・・。
※この時期、晴れ間がのぞけば半袖でも十分ですが、山岳地帯や展望台にあがる際は、長袖が必要になります。また、突然の雨に備えてカッパも用意しておいた方がいいでしょう。

 ローヌ氷河を見学後、バスはツェルマットに向けて出発。1時間ほどバスを走らせ、ツェルマットの手前5qぐらいのところでバスを降り、ミニバンに乗り換えます。この先は道が狭くてバスが入れません。ミニバンに乗って10分ほどでテシュというツェルマットの玄関口に着きます。ここでミニバンから、今度は電気自動車に乗り換えてツェルマットの街に入ります。ツェルマットの街は自然環境を保護するためガソリン車やディーゼル車の乗り入れが一切禁止されています。
※乗り換えたミニバンと電気自動車に車イス対応はありませんでした。でも、目の前にマッターホルンが見えていると、無我夢中で乗り込むものです。
 テシュで電気自動車に乗り換え、ツェルマットに向かって走り出すやいなや、前方に僕たちの到着を歓迎してくれるかのように、マッターホルンがその頂を雲間に現してくれました。その勇姿を見るや、一同から感嘆の声があがったのは言うまでもありません。鋭利な刃物にも似たマッターホルンが、雨上がりの澄み切った青空を突き刺すようにそびえ立っています。




ツェルマットの街と電気自動車


建国を祝って街も賑やか


ミサの開かれた教会



 ホテル到着後、夕食の時間まで街を散策。メインストリート(バーンホーフ通り)には、ホテル・スポーツ店・お土産屋さん・レストラン・宝飾店が軒を並べ、ウインドーショッピングを楽しませてくれます。この街でも建国を祝して花や国旗が華やかに飾られ、街は行き交う人々で賑わっています。しかし、賑やかと言っても日本の街に見る喧噪感はありません。美しい自然に包まれ、ゆったりとした時の流れに身を任せているからでしょう。
 夕食後、鐘の音に導かれるように街の教会まで足を運ぶと、ちょうどミサが始まるところでした。教会の中にはいると、すでに多くの信者が神父のお出ましを静かに待っています。しばらくすると、神父がお出ましになり、時を同じく堂内に荘厳なパイプオルガンの音色と賛美歌が響き渡ります。その音色の美しさと慈しみに満ちた賛美歌の調べは、自身の穢れた心を清め、彷徨える魂が安らぎの地に導かれるようでした。スイス建国のこの日に、当地の教会でミサを受ける。このかけ掛け替えのない想い出も、もしかしたら神の粋な計らいだったのかもしれません。ミサが終わるとパレードや花火が上がり、この日、夜遅くまで建国を祝す街人たちの歓声が山あいの谷にこだましていました。

【8月2日】
 いよいよ今日はマッターホルン観光です。3000mの高台にあって、マッターホルンを始めアルプス連峰を一望できるゴルナーグラート展望台へは登山電車を利用します(乗車時間、約40分)。ツェルマットを発車した登山電車は、右に左に蛇行しながら高度を上げ、車窓からアルプスの山並みが少しずつ姿を見せ始めました。線路の脇には高山植物が色とりどりに咲き誇っています。走ること約15分、進行方向右側の窓に"アルプスのピラミッド"ことマッターホルンが4478mの勇姿を威風堂々と現しました。ハッと息をのむ光景に、カメラのシャッターは休まる間がないほどです。
 スイスを訪れるときほど晴天を願うことはありません。3年前、ユングフラウ観光の前夜、明日、晴天になるよう祈祷にも似た祈りを捧げたことがあります。それほど、スイス観光の満足度は天気に左右されます。特に、山岳観光はそれに尽きます。この瞬間も、まず頭に浮かんだ一語が「晴天に感謝!」でした。
ゴルナーグラート駅から急勾配の坂をあがると、4000m級のアルプス連峰を一望できるゴルナーグラート展望台があります。そこからは迫力あるアルプスの山並みが大パノラマとなって広がり、まさに圧巻の一語に尽きます。「絶景かな、絶景かな。この眺め値千金」とはこのことでしょう。鋭く切り立った名峰マッターホルンを正面に、スイス最高峰のモンテ・ローザ(4634m)、リスカム(4527m)、カストール(4226m)、ブライトホルン(4165m)がその左手に威容を誇り、これぞまさしく天の創造物と思わずにはいられません。この旅のハイライトでもあるマッターホルンを青空の下でこんなにも間近に、またその勇姿を余すところ無く見ることができ、その喜びは生涯忘れることはないでしょう。




登山鉄道からマッターホルンが見えた瞬間


威風堂々のマッターホルン


アルプスの山並み



※登山鉄道には特に車イス用の設備はありませんが、車両への乗降はスロープが用意してあり、駅の職員が手伝ってくれました。僕は車両内では座席に乗り移りました。かなり急勾配のため、座席へ移った方がよいでしょう。
※ゴルナーグラート展望台の売店横に車イス用トイレがあります。ただし、そこへ行くまでの急勾配は並大抵ではありません。3000mの高地で空気も薄く、まさに介助者泣かせの急坂です。




【8月3日】
 午前中、出発までの時間を利用して、忘れ難きマッターホルンを再度目にしようと、スネガ展望台に向かいました。ツェルマットにあるロートホルン駅から2288mのスネガ展望台まで僅か5分で登り切る高速ケーブルカーを利用します。眩いばかりの光に包まれて展望台に出ると、マッターホルンを始めとするアルプスの尾根の連なりが目に飛び込んできます。そこから見るマッターホルンはゴルナーグラートから見る姿と違い、山裾の広がりまで見せてくれます。しかし、この日は山頂に雲がかかり、ついぞその姿全体を目にすることはできませんでした。カフェテラスでは、訪れた観光客が眼前に広がるアルプスの景色を心ゆくまで眺めています。個人的には、ゴルナーグラートよりもこちらの方が落ち着いた感じで好きです。




スネガ展望台からマッターホルンを望む


後ろはマッターホルンなんですが・・・


最後まで雲がとれませんでした(;´_`;)



※ロートホルン駅でケーブルカーに乗降の際、10段近い階段があります。スネガ展望台駅に着くとフラットにケーブルカーに乗降ができ、また、展望台に出るためのエレベーターも完備しています。もちろん、お願いすれば駅の職員が手伝ってくれるとは思いますが、ロートホルン駅の階段は是非にも改善してほしいものです。
※スネガ展望台には一般のトイレはありますが、車イス用トイレはありませんでした。
※ゴルナーグラートへの登山鉄道も、この日のケーブルカーも障害者は無料で、同行者も割引されます。
 山の天気は変わりやすく、スネガ展望台では青空が広がり陽光が燦々と照りつけていたのに、ツェルマットに戻ると雨が降り始め、それまで見えていたアルプスの山並みも、また、マッターホルンの姿も低くたなびく雨雲に包まれてしまいました。
 昼食後、昨日見たマッターホルンの勇姿を思い浮かべながらツェルマットに別れを告げました。来たとき同様に、ツェルマットからテシュまで電気自動車で戻り、そこでミニバンに乗り換え、今日はこのミニバンでインターラーケンまで向かいました。スイスならではの美しい山並みと、蒼く澄み切った湖を眺めながら、インターラーケンまで3時間ほどの道のりです。途中、ゴッペンシュタインからカンデルシュテークまでは車ごと貨物電車の荷台に乗り、トンネルを抜けて山の反対側に出るカートレインを利用します。4000m級の山脈をたった15分間で通り抜けます。ただし、カートレイン乗車中は車のエンジンを切り、エアコンも停止状態。おまけにトンネル内のため周りは真っ暗。そんな中、ミニバンに添乗員と運転手を含め10名がギュッと詰まっているので何となく息苦しく感じます。景色が見えるものと思っていたので、全線トンネルはちょっぴり残念でした。
※ゴッペンシュタイン側にあるキオスクに車イス用トイレがあります。
 ブリエンツ湖とトゥーン湖の間に広がる「湖の間」という名の街インターラーケンに到着後、ホテルで荷をほどき、夕食の時間までインターラーケンの街を散策しました。ホテルの前に広がるヘーエマッテ公園はユングフラウを眺める絶好のポイントですが、残念ながら、ユングフラウは雲に隠れて見えませんでした。しかし、夕暮れのひととき、たくさんの観光客がこの公園に集い、のんびりと散歩をしたり、気の合う仲間とおしゃべりをしたり、みんな思い思いのスタイルで、夕暮れのひとときを楽しんでいました。ユングフラウが見えるまで気長にそこで待つ。一日でも二日でも三日でも、いや一週間でも。そんな旅をしてみたいものです。タッチ・アンド・ゴーのツアー観光では山の勇姿も運次第というのが辛いですね。
 スイスの山岳観光も今日が最後。明日は帰国に備えてチューリッヒに戻ります。この日、夕食にスイス名物のチーズフォンデュが食卓を飾りました。正直なところ僕はちょっと苦手なんですが(煮立ったチーズの匂いが鼻を付いた瞬間「ごちそう様!」になってしまうのです)、スイスならではの名物料理も佳き旅の想い出になります。




ヘーエマッテ公園(やらせではありません・・・)


後ろにユングフラウが見えるはずなのに・・・・




【8月4日】
 インターラーケンを発って、チューリッヒに向かいました。道中は高速道路を利用しますので快適なドライブです。さて、こちらの高速道路には料金所がありません。無料かというとそうではなく、一年間有効の利用料金(40SFr=約3600円)を支払い、あとは何回利用してもお金がかからないシステムだそうです。欧米を旅行すると、こうした高速道路が実に良く整備され、ほとんどが無料か安価な料金で利用できます。日本のように有料が当たり前で、それも高額利用料金が必要になることなど、欧米の人には信じられない話でしょう。欧米では、こうしたインフラ整備の充足が国家運営の根幹事業として優先的に進められています。近代国家を自認する日本で、もっとも前代的な一面が見えてしまいます。
 チューリッヒ到着後、昼食をとってから市内観光に出発です。チューリッヒはスイス最大の都市で、政治のベルン、国際政治のジュネーブと並び金融・経済の街として発展してきました。この街で僕が一番楽しみにしていたのが、聖母聖堂(フラウミュンスター)にあるシャガールのステンドグラスです。市内を流れるリマト川岸にたつゴシック様式の聖堂は、尖塔にオシャレな時計が付いています。堂内にはいると、中央の聖堂部分にキリストの生涯や予言者を描いた5面のステンドグラスが、ほの暗い中に極彩色の柔らかな光を放っています。これは一見の価値ありです。ただし、聖堂にはいるのにも、また、ステンドグラスのあるところにも数段の段差があります。こればかりは、周りの皆さんのお手伝いをお願いすることになります(神のご加護がありますように・・・・・)。
 聖母聖堂を後にして、僕たちは旧市街にあるリンデンホフの丘へ。あぁ、神は聖母聖堂に続いて再び試練を与えたもう・・・・・。"丘"というだけあって、これがまた凄い上り坂なんです。現地係員が昇るのを躊躇したものの、添乗員の英断で昇ることにしました。エイッ!と言う掛け声もろとも、一気に坂を駆け上がります。この時ばかりは、もう少し体重を落としておけばと悔いてはみたものの時すでに遅しですね。丘の上には菩提樹が生い茂る公園があって、広場の一角では地元の人がゲームを愉しんでいます。眼下にリマト川と中世の趣きを残す建物が立ち並ぶ旧市街が一望できます。そして、この丘がチューリッヒ発祥の地だそうです。その後、中心街に降りてみたものの、日曜日とあってお店が全て閉まっていて街は人通りもまばらですが、街路樹が道の両脇に生い茂る、ヨーロッパの香り漂う美しい街でした。




チューリッヒ市内


聖母聖堂


シャガール作のステンドグラス


リンデンホフの丘から街を望む



【8月5日】
 さぁ、スイス滞在も今日が最後。夕方の便で日本に帰国しますが、それまでかなり時間があるので、オプショナル・ツアーとして企画されたシュタイン・アム・ラインの街とラインの滝観光に出掛けました。
 チューリッヒの街から北に向かうこと約1時間、僕たちはラインの滝に到着しました。ラインの滝はボーデン湖から流れ出たライン川が、シャッフハウゼンを過ぎたところで作り出した川幅120m、落差23mの滝です。1320qの長きに渡るライン川で、唯一の滝です。前夜の雨で水嵩が増しているのか、この日の滝は迫力ある水量を誇って流れ落ちています。




ラインの滝@


ラインの滝A



 ラインの滝に続いて、シュタイン・アム・ラインの街を訪れました。ドイツと接しているため(途中、一瞬ですがドイツ領に入りますので、国境検問所を通ります)、第二次世界大戦の際に連合軍によって誤爆をうけた歴史があるそうです。"ラインの宝石"という名の由来があるように、この小さな古い街はライン川の畔にあり、中世の美しい街並みが今も残っています。建ち並ぶ家の外壁には美しい壁画が描かれていて、街全体が美術館のようです。何より、ラインの川面を吹き抜ける風の心地よかったこと。いつまでも眺めていたい、そう思わずにはいられませんでした。




シュタイン・アム・ラインの街@


同左A


童話画家カリジェの壁画


ライン川の畔



 ラインの滝、シュタイン・アム・ライン観光から空港に戻り、夕方、スイスの楽しい思い出をカバンいっぱいに詰め、JAL452便は日本へ向けて飛び立ちました。
※ラインの滝、シュタイン・アム・ラインにも車イス用トイレがありました。ただ、どこのトイレも便器の高さや大きさが日本のサイズに比べて大きく、ちょっと使いづらかったです。



【8月6日】
 約11時間の快適な(本当はちょっと退屈)空の旅を終え、お昼過ぎ、うだるような暑さに悶え苦しむ日本に到着。アッという間のスイス8日間の旅は終わりを告げました。



 4000m級の険しい山の連なり、見渡す限り広がる牧草地の緑、中世の歴史を今も残す家並み、山あいの谷にこだまする教会の鐘の音、そのどれ一つ、普段の生活では目にすることも耳にすることのないものばかりです。普段の生活とはあまりにもかけ離れた環境に我が身を置き、そのギャップを目で見て肌で感じることが僕にとって旅の魅力でもあるのです。
帰国後、まだひと月も経たぬ今、目を閉じれば心に残る一場面が懐かしく想い出されます。しかし、過ぎゆく時の流れに、その想い出もだんだんと薄らぎ、いつしか、その旅を振り返ることも、想い出すこともなくなってしまいます。だからまた、僕は旅に出ます。その想い出と再会したいから・・・・・・・。