2004.8.20〜8.26
クラブツーリズム主催








 スイス探訪は今回で3回目になります。99年ユングフラウへ、02年マッターホルンへ、そして今年も99年同様にユングフラウへ向かいました。同じところへ?と思われるかもしれませんが、前回訪れることのなかったスイスの首都ベルン訪問やユングフラウへ向かうルートが前回と異なることもあって、三たびスイスへ旅立つことになりました。なにより、澄んだ空気と高くそびえるアルプスの山々、その雄大な景色にまた触れてみたくなったというのが正直な気持ちでした。さぁ、雄大な自然を満喫するリゾートの地“スイス”へ出発です。


【8月20日】
 成田空港にツアー一行17名が顔を揃え、JAL451便は添乗員を伴い成田を後に一路スイス・チューリッヒ空港に飛び立ちました。飛行時間は約12時間(日本との時差は−7時間)。チューリッヒに着いたのは、現地時間で夕方の4時過ぎ。到着後、リフト付バスに乗って首都ベルンへ向かいました。夜の帳がベルンの街を静かに包む頃、僕たちはホテル「ベルビュー・パレス」に無事、到着。どこからともなく聞こえる教会の鐘の音が1つ、2つ、3つ・・・・・8つと打ち鳴らされ、旅路遙かにベルンの夜は更けていきました。


【8月21日】
 ベルン市内観光へ。市内を流れるアーレ川、その湾曲した川の流れに囲まれた一帯がユネスコ世界遺産に指定された旧市街です。美しい街並みが豊かな緑とともに静かにたたずんでいます。その街並みを眼下に眺められる「バラ公園」、ベルンの街のシンボルである熊(ベルン州の州旗に熊があしらわれています)が飼育されている「熊公園」、そして、旧市街をゆっくりと散策しました。一時的に雨に降られることもありましたが、雨上がりの旧市街もしっとりとした落ち着きを見せてくれます。この景色は何世紀にも亘り変わることなく、人々を魅了し続けているのでしょう。
旧市街は石畳や坂が多く多少動きづらい部分もありますが、お店が立ち並ぶ中心街は割と平らでアーケードもあるので雨に降られても濡れることなく移動できました。

ベルン市内を一望できるバラ公園
バラ公園からベルン旧市街を望む
手前はアーレ川
正面の尖塔はゴシック様式のベルン大聖堂
1893年完成のベルン大聖堂
(写真にマウスをのせると堂内の
ステンドグラスが映ります)
ユネスコ世界遺産に指定されたベルン旧市街
緑のドームが印象的な連邦議会議事堂
天文時計とからくり人形が付いた時計台
(写真にマウスをのせてみよう!!)


【8月22日】
 今日はこのスイス旅行のハイライト、ユングフラウ・メンヒ・アイガーをはじめとする4000m級の山が連なるリゾート地“ベルナー・オーバーラント”観光です。朝から雲一つない晴天が広がり、この日、ホテルの部屋からも遠くにその三山をくっきりと見渡すことができました。それほど空気が澄んでいるのです。期待に胸弾ませながら、僕たちを乗せたバスはベルナー・オーバーラントの玄関口、ラウターブルンネンへ向かいました。ベルンの街を出ると間もなく、車窓には見渡す限り緑濃い牧草地が広がり、その草を牛が美味しそうに食んでいます。アルプスの山並みもスイスならではの景色ですが、果てしなく広がる緑の牧草地もスイス特有の景色で、緑豊かなその景色を見ているだけでも心が癒やされます。バスに揺られること約2時間、ラウターブルンネン(標高796m)に到着。バスを降りるとホテルの部屋から遠くに見えたユングフラウが蒼く澄み切った空のもとにそびえ、その姿は威容を誇っています。そこから登山電車とロープウェイを乗り継ぎ、ヴェンゲン(標高1274m)〜メンリッヒェン(標高2227m)と歩を進めました。このメンリッヒェンからの眺めが抜群で、ユングフラウ・メンヒ・アイガーなどスイス・アルプスの雄大な景観を一望することができます。目の前に広がる牧草地にはカウベルを付けた牧牛が放牧され、スイスという国のイメージそのままの風景が広がっています。そんな景色を眺めながらとる昼食、これ以上ない贅沢なひとときでした。

ベルンから約2時間、ラウターブルンネンに到着
素晴らしいお天気に恵まれました
ここから登山電車に乗ってヴェンゲンへ
ヴェンゲンからユングフラウを望む
手前の電車に乗ってきました
メンリッヒェン展望台からの眺め
胸いっぱいに深呼吸(^。^)
正面は3701mのヴェッターホルン
その右手が4076mのシュレックホルン
カウベルを付けた牧牛がのんびりと草を食む
後ろはユングフラウ
(写真にマウスをのせると・・・・(^_^;)
秀峰アルプスの山並み
絶景かな絶景かな、この眺め値千金!!
アルプスを眺めながらのランチタイム
ビールが美味いらしい・・・・(^_^;)
ロープウェイでグリンデルワルトに降りてきました
ロープウェイの駅舎にも花が飾られています



 ユングフラウへの登山観光は明日のお楽しみと言うことで、今日はこのメンリッヒェンからロープウェイで麓の街グリンデルワルトまで降りました。眼下に見えるグリンデルワルトまで約50分の空中散歩。可憐に咲き誇る高原植物、山肌を覆い尽くすビロードのような牧草地、アルプスの山から流れ出た渓流の水音・・・・・、アルプスの雄大な自然に抱かれながら、その一つ一つの風景が心に刻まれます。
 グリンデルワルトの街に入り、ホテル「レギーナ」に荷を下ろしてから夕食の時間までしばし街の散策へ。アイガーの麓に位置し、ヴェッターホルン(標高3701m)が目の前に迫る山あいの小さな街です。メインストリートの両側にはホテルやカフェ、レストラン、ギフトショップが立ち並び、各国から訪れる観光客で賑わっていました(でも4割は日本人だったかな(^_^;)。

グリンデルワルトの街



 さぁ、明日はいよいよこの旅のハイライト、ユングフラウ登山観光です。絶対に晴れてほしい一日です。でも、みんなの願いが通じたのか、夜空を見上げると空一面に広がるのは満天の星々。神さまが明日の晴天を約束してくれました。
ラウターブルンネンからグリンデルワルト間で利用した登山電車・ロープウェイ、そのどちらも車イス対応です。また、乗り継ぎの駅、昼食をとったメンリッヒェンのレストランにも車イス用トイレが完備されていました。安心ですね。


【8月23日】
 窓から射しこむ朝日がベッドで微睡む僕の顔を照らし、山あいをそよぐ早朝のひんやりとした風が肌をさする。少なからず筋肉痛はあるが起きてしまえば、自然と体は動く。心地よい目覚めです。神さまはちゃんと約束を果たし、空一面に澄んだ青空が広がっていました。
 アイガーの麓に拓けた街グリンデルワルト。ここから登山電車に乗り、雄大な景色を車窓に眺めながら標高2061mにある展望スポット、クライネ・シャイデックへ。電車から降り立つと目の前にユングフラウ(4159m)・メンヒ(4099m)・アイガー(3970m)をはじめとする4000m級のスイス・アルプスが広がっています。そこからの眺望はまさに絶景の極みと言っても過言ではありません。そこから再び登山電車を乗り継ぎ、電車で行くことのできるヨーロッパ最高地点、標高3454mにあるユングフラウヨッホ駅へ。さらにエレベーターを乗り継ぎヨーロッパ一高いところにあるスフィンクス展望台(標高3573m)まであがりました。そこはもうアルプスの尾根。西にユングフラウ、東にメンヒ、南にはヨーロッパ最大の氷河“アレッチ氷河(全長22km)”が手の届く距離に一望できます。かつて訪れた場所ですが、二つの山を間近に見上げられる迫力とその威容を肌で体感できる大パノラマにあらためて感動しました。
 ここで、その感激をさらに倍加させる出来事がありました。昨夏のオーストラリア・ケアンズ旅行、今年GWのニュージーランド旅行でご一緒したご家族と、なんとこの場所で再会したのです。ニュージーランドの帰り道、「二度あることは三度ある。きっと、またどこかでお会いできますね」そう言って別れたのが、3ヶ月を待たずして、このヨーロッパ最高地点3573mの展望デッキで再会を果たすなんて・・・・・(@_@)。これぞ正しくアルプスの神の為せる業。雄大なアルプスの景観に感激し、はたまた奇跡の再会に感激する瞬間でした。
 明日はグリンデルワルトを発ってチューリッヒに移動の日。この景色とも今日でお別れです。クライネ・シャイデックに戻り昼食の後、グリンデルワルトへ戻る電車の時間まで、のどかな雰囲気の中、澄んだ空気を胸いっぱいに見飽きることのないアルプスの山並みと語らう。雄大な自然に抱かれて過ごす至福のひとときでした。
グリンデルワルトからスフィンクス展望台まで、利用した登山電車や乗り継ぎ駅、展望台の施設、全て車イス対応です。

登山電車の駅
ここからまずクライネ・シャイデックへ向かう
(写真にマウスをのせると乗車した電車が映ります!!)
スフィンクス展望台からの眺め
(下部の雪渓がアレッチ氷河です)
展望台から4099mのメンヒ山頂が直ぐそこに見えます
ここで奇跡の再会がありました(@_@)
☆クライネ・シャイデックの眺望を暫くお楽しみ下さい

正面の絶壁が有名なアイガー北壁です
手前の電車に乗り換えてスフィンクス展望台へ
左がアイガー、右がユングフラウ
スフィンクス展望台よりここからの方が眺望抜群!!
午後に入って山の景色が落ち着いてきました
アルプスを眺めながらのティータイム
束の間の贅沢です(^。^)


【8月24日】
 美しく雄大なアルプスに別れを告げ、僕たち一行はグリンデルワルトを発ちチューリッヒに向かいました。途中、中世の面影を残す街ルツェルンに立ち寄り、名所「ライオン記念碑」や「カペル橋」を見学。昼食後は旧市街を散策しました。歴史のある噴水やフレスコ画の描かれた建物が中世の面影を今に伝えています。

ライオン記念碑
ルイ16世に忠誠を誓い死んでいったスイス傭兵の
死を悼む慰霊碑
カペル橋
14世紀に湖からの敵の侵入を監視した橋
奥に見える八角塔は拷問室や牢獄として使われた
ルツェルン旧市街
右手建物の壁にフレスコ画が描かれています
正面はルツェルン市立劇場



 続いて訪れたのがチューリッヒ。スイス最大の都市チューリッヒは商業・金融の中心地で、一方、歴史的建造物も多く新旧の文化が融合した街です。今回は時間の関係で歴史的建造物は見られず、主にメインストリート“バーンホフ通り”を中心に街角の散策のみになりました(建造物に関しては02年のスイス旅行記をご覧下さい)。そこで、前回訪れたときに立ち寄った街角や裏通りを記憶の糸をたぐり寄せるように探してみると、裏通りの石畳、角を曲がったところにあった白壁の教会、路地裏の小さな噴水、そこに咲く花やその花の色まで2年前と全く変わることなくそこにありました。スイスに限らずヨーロッパの街並みは10年、100年、いや1000年の永きにわたり変わることのない風景を色濃く残しています。そんな変わらぬ風景が僕を惹きつけるのです。
 チューリッヒの街を散策の後、明日の帰国に備えて空港近くのホテル「ヒルトン・エアポート」に入りました。

メインストリート“バーンホフ通り”
ブランド店や宝飾店が軒を並べている
しっとりと落ち着いた雰囲気の街です
裏通りに一歩踏み入れると中世の薫りがします


【8月25日】
 楽しい旅行は一日一日が矢の如く過ぎ去っていくようです。スイス滞在も今日で6日目を迎え、実は今日がスイス滞在最後の日になってしまいました。夕方にはスイスを離れなくてはなりません。日本からの時差ボケも解消し、旅のリズムも身体に馴染み、旅仲間とも親しくなってきた頃合いに帰国を迎えてしまう。7日間なんて本当にアッという間ですね。
 今日は帰国便の出発が夕方のため、それまでの時間を利用してチューリッヒ郊外にある「ラインの滝」「シュタイン・アム・ライン」観光に出かけました。途中、一時的に国境を越えドイツに入ります。その後すぐに再びスイスに入りますが、地続きで国境を接するヨーロッパならではの風景ですね。
 チューリッヒからバスで約1時間のところにある「ラインの滝」は、その名の通りライン川にある滝で、ヨーロッパ随一の水量を誇り、落差こそ小さいもののその迫力に圧倒されます。また、滝を囲む周囲の景色がいかにもヨーロッパ的で、滝を見下ろす丘の上に建つラウフェン城も風情ある景観をつくりだしています。詩人ゲーテは『この先も絵に描かれたり、文章に記されたり多くの人が感動を伝えようと試みるだろうが、何人によっても確定され、論じつくされることはないだろう』とその様子を語っています。

詩人ゲーテが讃えたラインの滝
マイナスイオンでリフレッシュ!!
滝を見下ろすラウフェン城



 続いて、“ラインの石”という意味をもち、ボーデン湖畔にたたずむ街「シュタイン・アム・ライン」へ。可愛らしいおもちゃ箱のような家が建ち並び、街角に飾られる鮮やかな色の花が旅人の心を和ませてくれます。旧市街は、見事な壁画に彩られた家々が立ち並び、街全体が中世の美術館といった雰囲気で、とくに市庁舎広場の周辺には美しい建物が集中しています。旅の終わりにライン川の畔でしばし旅の余韻に浸る・・・・、そんな気分にしてくれる素敵な街です。昼食後、シュタイン・アム・ラインの街に別れを告げ、ライン川に見送られながら帰国便の待つチューリッヒ空港に向かいました。
今日訪れたラインの滝、シュタイン・アム・ライン、そのどちらにも車イス用トイレが整備されています。

シュタイン・アム・ラインの街並み
街角を飾る色鮮やかな花
中央に見えるのは市庁舎の尖塔
スイスの画家カリジェが描いた壁画
現在、建物はホテルレストランとして使われています
正面の建物は昼食をとったレストランです
ライン川の畔
看板に“シュタイン・アム・ライン”と書かれています
この景色を眺めながら旅の余韻に浸る
帰りたくないよぅ・・・・。


【8月26日】
 JAL452便は11時間の飛行を終え、日本時間のお昼過ぎ、無事、成田にその翼をおろしました。これにてスイス探訪、幕となります。
帰国便は最新鋭機ボーイング777(トリプル・セブン)で、機内中央にあるトイレが通常のジャンボ機に比べ2倍の広さがあり、機内用車イス(アイルチェアー)がそのまま中に置けるスペースが確保されています。異常なほど狭い機内トイレ。僕たちにとってそれが空の旅の最大の障壁になると言っても過言ではありません。それだけに、この広いトイレはスペース的にも、また、介助者にとっても大変助かると思います。更なる普及を切に望みます。


 “アルプスを見ずしてスイスへ来たと言うなかれ”。幸いにして此度のスイス旅行、一部の都市観光で雨に降られたものの、メインであるアルプス観光に関しては全日程において晴天に恵まれ、大自然の景観を心ゆくまで堪能することができました。しかし、あえて言うならばスイスには四季折々の美しい景観があるはずです。僕の知らない春、秋、そして冬のスイス。草原に可憐な花が咲くであろう春のスイス。秀峰アルプスとそれを取り囲む山々が紅葉に染まるであろう秋のスイス。雪をいただき一面銀世界になるであろう冬のスイス。四季それぞれのスイスを訪れてみたい・・・・、夏のアルプスに魅了された僕のもう一つの贅沢です。
 最後になりますが、全日程において献身的に添乗して下さったSさん、スイスにて公私!?にわたりガイドして下さったNさんに心から御礼申し上げます。そして、今回もまた、素敵な旅仲間に恵まれたことを感謝しています。