バナー


2005.8.24〜8.31
主催 クラブツーリズム バリアフリー旅行センター



行程表

 今回でスイス探訪も4回目になります。これまでにベルナーオーバーランド地方(アイガー・メンヒ・ユングフラウ)、ツェルマット地方(マッターホルン)、そして各山岳観光に加えてジュネーブやチューリッヒ、ベルンなどの都市観光を巡ってきましたが、今回はスイス三大アルプスで唯一訪れていなかったモンブラン探訪がコースに加わりました。これにてスイス三大アルプスを踏破し、スイス卒業にしたいと考えていますが、雄大なスイスの大自然、その虜になった今、果たして卒業できるかどうか旅空にそよぐ気まぐれな風に身をゆだねてみましょう。




          




【8月24日】 成田→→→ミラノ経由→→→ジュネーブ
 成田を発って、約12時間。この旅の目的地スイスアルプスをいったん雲上に越え、まずはイタリア・ミラノ空港に到着。そこから再び飛行機に乗り約1時間、ジュネーブ空港に到着。日本を発って約15時間。長い空の旅にようやく終わりを告げました。空港で現地ガイドN氏の出迎えを受け(これでN氏のガイドを受けるのは3回目になりました。)、ジュネーブの宿『ホテル・クラウンプラザ』に到着したのは、夜の帳があたりを包み、静けさが広がる夜10時頃。明日は三大アルプスの一つモンブラン観光。長旅の疲れと明日の朝早い出発に備え、荷ほどきもすることもなくベッドに潜り込みました。山岳観光ゆえに願いはただ一つ。“晴れてほしい・・・・”。そう祈りながら、いつしか眠りについていました。


プロペラ機でミラノからジェネーブに移動

ホテル・クラウンプラザ


【8月25日】 ジュネーブ→→→シャモニー(モンブラン観光)→→→ツェルマット
 モンブラン観光に出発。ホテルを発って、モンブランの麓にある街シャモニーへ。ここはフランス領になるため、途中、国境検問所を超えていきます。シャモニーの街から2台のロープウェイを乗り継いで、エギーユ・デュ・ミディ展望台(3795m)に到着。この後、マッターホルン観光でも乗ったクライネ・マッターホルン展望台へのロープウェイも同様に、スイスのロープウェイはその角度たるや想像を遙かに超える急勾配を一気に4000m近くまで上っていきます。いかにして作ったのか、山岳観光立国ならではの技術力に感心するばかりです。
 エギーユ・デュ・ミディ展望台からは壮観な山肌が雄雄しく目前に迫り、モンブラン(4807m)を始め、グランドジョラス(4208m)などのシャモニー針峰群、また遠くにマッターホルンまで一望できました。ただし、山の天気は移り気で、展望台に上って10分もしないうちにすっかり雲に覆われてしまい、それまで眼前に広がっていた雄大な景色はあっというまに雲の中。全く見えなくなってしまうのですから、その日、その時、お天気が悪ければただその景色を想像するに終わり何をしにここまで来たのかわからない。山岳観光は運任せみたいなところがありますね。


遠くにモンブランを望む

ロープウェイに乗っていざ出発!

山頂がエギーユ・デュ・ミディ展望台

秀峰モンブラン

シャモニー針峰群

展望台にある雪のトンネル

 シャモニーの街で昼食をとり、その後、バスに揺られながら再びスイス領に戻って、翌日のマッターホルン観光に備え、麓の街ツェルマットに向かいました。道中、車窓から見る景色は、これぞスイスと思わせる緑豊かな雰囲気ではなく、どちらかというと荒々しい山肌が幾重にも重なる岩山が広がっています。
 ユングフラウ地方と肩を並べる人気観光地、ツェルマット。そのツェルマットはガソリン車乗り入れ禁止のため手前の村テッシュでバスを降り、列車に乗り換えてツェルマットの街に入りました。僕たちのツアーはそのほとんどがバス移動ですので、たまに列車に乗ると車窓から見る景色も趣を異にし、それはそれで楽しいものです。“また来たよ!”マッターホルンを訪れるのは今回で2度目。この日、マッターホルンは雲に覆われ、その雄姿を望むことは出来ませんでしたが、再びあの雄姿に出会えるかと思うと心躍らされます。夕方、ツェルマットの宿『ホテル・シュバイツァーホフ』に荷を下ろしました。


シャモニーの街並み

昼食をとったレストラン

ツェルマット駅

ホテル・シュバイツァーホフ

右の建物がホテルです

    

【8月26日】 ツェルマット(マッターホルン観光)
 早朝7時頃、ホテル前のメインストリートに出てみました。まだ人気もまばらで、ヒンヤリとした冷たい空気が街を包んでいます。ふと空を見上げると、雲ひとつない青空が広がっています。とすると・・・・?!。やっぱり!見えた!澄み切った青空の下、マッターホルンの頭部がくっきりと見えるではありませんか。移り気な山の天気ゆえ、この晴れ間があるうちにマッターホルンに登りたい、そう願わずにはいられませんでした。


朝、マッターホルンが見えました

ゴルナーグラード展望台へ向かう登山電車の駅

僕たちが乗った登山電車

 ツェルマットの街からマッターホルンを間近に望むゴルナーグラード展望台(標高3130m)まで登山電車に乗って約40分(座席は進行方向に向かって右側がお薦めです)。急勾配を上がるにつれ、眼下に見えるツェルマットの街は次第に小さくなり、それに代わって、それまで見上げていた山々が同じ目線で見えるようになりました。途中、僕たちの乗った登山電車が急ストップをかけ、何人かの乗客が床に放り出されるアクシデントもありましたが、ある瞬間、待ちに待ったマッターホルンの雄姿が車窓から突然現れると、そんなアクシデントも一瞬にして忘れ、感嘆と歓声の声があがり、それに混じって、あちらこちらでいっせいにシャッターを切る音が車内に満ち溢れました。ゴルナーグラード展望台に着くと、目の前に4面4稜のピラミッド型独立峰マッターホルン(4228m)が威風堂々と聳え立ち、その美しさにしばし眼を奪われます。この日は快晴とあって、そのマッターホルンをはじめとするヴァリス山群の名峰を一望のもとに見ることが出来ました。スイス最高峰モンテローザ(4634m)、ヴァリスの銀の鞍と言われるリスカム(4527m)、カストール(4228m)やブライトホルン(4164m)、そしてゴルナー氷河と、その眺めは圧巻の一語に尽きます。周りの人もみな思い思いの方向を眺めながら、その壮大なスケールに酔いしれている様子。車イスに乗っていようが、登山電車一本でこんなにも素晴らしい景観を眺める望めることができるスイスに感謝です。


ツェルマット景観図

マッターホルンの雄姿


日・ス親善記念写真!?

モンテローザ(左)
ゴルナー氷河(中央)
リスカム(右)

おまけ
仕事が終わると寝てしまいます(^_^;)


 お昼過ぎに山から下り、昼食後、今度は別の角度からマッターホルンを眺めようと、標高3883mに位置するヨーロッパ最高所にあるクライン・マッターホルン展望台へロープウェイを2度乗り継いで向かいました。終点のクライン・マッターホルン展望台まで息をのむほどの絶景の連続。このロープウェイも深い谷間を越え、切り立つ山の山頂をまさに綱渡りのように繋いでいます。これもまた、いかにしてこのロープウェイを引いたのかと、ただただ驚くばかりです。そのクライン・マッターホルン展望台は何しろ富士山よりも高いところにあるのですから、周りは一面銀世界。夏だというのに雪の上を歩くことが出来るというのですから、いかにここが高いところにあるかがお分かりになると思います。


展望台へ向かうロープウェイ
(車イスOK!)

展望台からの眺め


眼下にツェルマットの街が見える

 夕食前、ホテルやレストラン、貴金属店、ブランド品店がズラリとならぶメインストリートを散策。お薦めは中程にある教会。夕日が街を静かに包む中、教会の鐘の音が夜のしじまに響き渡り、一日の終わりを告げようとしています。立ち並ぶ居酒屋では観光客が陽気にビールの杯を傾け、語らいのひととき。しかし、教会の中は外の喧噪を忘れるくらい静寂に包まれています。祭壇にまつられるマリア像は精霊に満ち、静かなる祈りを捧げています。妻とともに、この旅の無事と、スタートを切ったばかりの新生活が実りあるものとなるようお祈りをしてきました。その祈りが通じたのか否か、それは定かではありませんが、この日の夕食に思わぬハプニングが。そろそろデザートというときにいきなり食堂の電気が消えて真っ暗に。すると、奥からローソクの灯がともった大きなケーキが僕たちのところに運ばれてきて、同時に生演奏が始まるではありませんか。僕たち二人の新しい門出を祝う、旅行会社の粋な計らい。演奏者が何を勘違いしたのか“ハッピーバースデー トゥ ユー”を演奏するも、またご愛敬というもの。祝福して下さった皆さんの想いに感謝するとともに、ここツェルマットが生涯忘れることのない思い出の地となりました。この場を借りて、旅行会社の方、旅仲間の皆さんに御礼申し上げます。


ツェルマットの教会

アルペンホルンの演奏風景

街を静かに見下ろす十字架


    

【8月27日】 ツェルマット→→→(氷河特急)→→→モントルー→→→インターラーケン
 うれしいハプニングから一夜明け、この日は本来ならばユングフラウ観光の拠点グリンデルワルトの街へ向かう予定でしたが、水害による土砂災害で途中の道が寸断しグリンデルワルトに行くことが出来ず、急遽、インターラーケンの街に向かうコースに変更となりました。
 まずはツェルマットから“世界一遅い特急列車“と揶揄される氷河特急に乗り、約1時間半の距離にあるブリーグの街に向かいました。列車は、万年雪をかぶった名峰、鬱蒼としげる森林、緑あざやかな牧草地、山間の急流や渓谷などを走り抜け、車窓からの眺めは尽きることなく楽しめます。ブリーグの駅で下車し、そこからバスに乗り換えてインターラーケンに向かう道すがら、レマン湖のほとりにある世界屈指のリゾート地モントルーや、かつて城塞として、またバイロンの詩『シヨンの囚人』で有名なシヨン城、グリュイエールのチーズ工場に立ち寄り、夕刻、明日のユングフラウ観光に備えインターラーケンに入りました。先のシャモニーからツェルマットまでと違い、この間の景色は思い描くスイスのイメージ通り、緑の絨毯を引き詰めたような牧草地がどこまでも広がり、そこにはのんびりと草を食む牧牛や山羊の群れが見えます。さて、“災い転じて福となす”ではありませが、コース変更によりホテルも替わり、インターラーケンでは5つ星の最高級ホテル「ビクトリア・ユングフラウ」に泊まることになりました。


世界一遅い!?“氷河特急”

なんと!「マウント冨士号」

車窓からの眺め

レマン湖の畔にたつシヨン城

グリュイエールのチーズ工場

 ここで、このような最高級ホテルに泊まったことがない、というよりも語学力の無さが思わぬ失敗を招いてしまいました。浴室にシャンプーやリンスと並んで小さな瓶が2つ。バスタブに入れるシャボンかなにかと思い景気よく投入。ヌルヌルしながらお風呂に浸かって「きっとお肌がなめらかになるんだよ・・・」と。ところがチェックアウトの時、フロントの女性がなにやら支払いを要求。電話もかけていないし、ミニバーも使っていないのに、なぜ?と不思議に思っていると、なんと76フランもの要求。日本円にして約7000円も要求しているではありませか。聞けば、それはボディマッサージのための高級オイルとかで、言われてみれば確かにその瓶の横にドイツ語や英語で書かれた小さなメモがあって、どうやらそこに金額も書いてあったとのこと。そうとは知らずに景気よく2つともドボドボとバスタブに入れていたのですから、お目出たい話。「それなら無料のシャンプーやリンスの横に置いておくなよ!日本語も書いておけよ!」と言いたいところ。いや、わざと日本語を書かないで高額オイルを使わせる新手の商法かと訝ってみるものの、もはやあとの祭り。旅も終わりに近づき財布も底をついているというのに、とんだ散財となりました。これも語学力の無さと自戒を強め、76フラン払って、ショボン(;´_`;)。いい勉強させていただきました。皆さんも気をつけましょうね。


五つ星「ビクトリア・ユングフラウ」


【8月28日】 インターラーケン(ユングフラウ観光)
 さて、高級オイルによるボディケアーから一夜明け(^_^;)、お肌スベスベに今日はこの旅の最後、スイス三大名峰の一つ、ユングフラウ観光に出発です。ユングフラウ(4156m)は独立峰ではなく、ベルーナ・オーバーランド山群に属する山で、メンヒ(4099m)・アイガー(3970m)と連なり、美しくも雄大な風景をつくりだしています。
 水害による被害をどこよりも多く見かけるインターラーケンの街をバスは発って、まずはラウターブルンネンの街へ。そこから登山電車に乗り、アイガー・メンヒ・ユングフラウを一望に見渡すことが出来るクライネ・シャイデックへ。ここで列車を乗り替え、アイガー、メンヒの岩盤の中を通り抜け「Top of Europe」と呼ばれるユングフラウヨッホ駅へ。道中はほとんどがトンネルで、途中、2度、展望台のある駅で停車します。今回も4000m級の山に登るため、ガイドさんからは高山病になるので興奮したり、はしゃいだりしないように注意されますが、目の前にメンヒやユングフラウが迫って見えるのですから興奮するなと言うのも無理な話です。それくらい素晴らしい景色が広がって見えるのです。そのユングフラウヨッホ駅からさらにエレベーターを乗り継いで向かうスフィンクス展望台からは、それこそメンヒの頂上が手に取るように迫り、ユングフラウも眼前にその雄姿を披露してくれます。しかし、眺めから言うとクライネ・シャイデックの方が素敵です。この日、クライネ・シャイデックは生憎のお天気で、アイガー、メンヒ、ユングフラウをそこから望むことはできませんでしたが、彼の地からの見る一大パノラマにはただただ息をのみます。かつて新田次郎は『アルプスの谷 アルプスの村』でこのときの情景を「地球の骨格の一部が、太陽と風雪に磨かれて天に向って呪(のろ)いをあげているようだった」と書いていますが、言い得て妙。まさにそんな威圧感があります。


ラウターブルンネン駅

クライネ・シャイデックへ向かう登山電車

クライネ・シャイデック駅

クライネ・シャイデックからの眺め

ユングフラウヨッホへ向かう登山電車
晴れていればこの景色が見られたのに、残念(T_T)

ユングフラウヨッホ駅

後ろはメンヒ(4099m)の頂上

後ろはユングフラウ(4156m)の
頂上

中央はアレッチ氷河


 山から戻り、夕食前のひととき、インターラーケンの街を散策。インターラーケンはユングフラウ地方へ玄関口として有名な街。トゥーン湖とブリエンツ湖の2つの湖にはさまれているため、“湖の間”という意味のインターラーケンと呼ばれています。ツェルマット同様、メインストリートには貴金属店をはじめレストランやおみやげ屋さんが多数軒を並べ、スイスの観光スポットでよく見かける日本人観光客が思い思いにショッピングを楽しんでいます。周りの大自然を堪能しながら、夕食後に散歩をかねて街を歩くのも良いでしょう。


街の中央にある
ヘーエマッテ公園


    

【8月29日】 インターラーケン→→→ベルン→→→チューリッヒ
 早朝、青く澄んだ空気の中、インターラーケンの街からユングフラウがくっきりとその姿を見せてくれました。目映いばかりの陽光が山肌を神々しく照らしだし、その姿はスイス一の美しさを誇るに値するものでした。


暁に萌ゆるユングフラウ

息をのむ美しさです

 この日もルートに変更がでて、当初、ルツェルンに向かう予定がベルンにかわりました。ベルンは中世の色彩を色濃く遺したスイスの首都で、国会議事堂に面した通りには朝市が開かれ、広場には観光客で賑わうカフェやレストランが建ち並んでいます。街の名物「時計塔」やベルン大聖堂など、旧市街全体がユネスコの世界遺産に登録されています。しかし、一歩裏通りにはいると静かで落ち着いた顔も見せてくれます。ベルン旧市街を一望できる「バラ公園」、ベルンの名の由来となった熊が飼われる「熊公園」を見学後、旧市街を散策。その後、帰国に備えチューリッヒに向かいました。『ヒルトン チューリッヒ エアポート ホテル』泊。


バラ公園

バラ公園よりベルン旧市街を望む
熊公園のクマ(お疲れ気味?)

ベルンの街並み

からくり時計


【8月30日・31日】 チューリッヒ(市内観光)→→→アムステルダム経由→→→8/31成田
 短くも楽しかったスイス旅行も今日が最後の一日となりました。帰国便の都合で、チューリッヒ出発は夕方。そこで、その間を利用して市内観光に向かいました。
 チューリッヒはスイス最大の国際都市で、商業・経済・金融・文化の中心都市としても知られています。市内を流れるリマト川とジール川がチューリッヒ湖に流れ、その湖畔にチューリッヒの街は広がっています。トラム(路面電車)が行き交うバーンホフ通りには、街路樹がうっそうと茂り、高級デパートや世界のブランド・ショップが立ち並んでいます。市内中心にある公園では朝市が開かれ、今朝採ったと思われる新鮮な野菜や果物、色鮮やかな生花、焼きたてのパンやチーズが店先を飾り、地元市民や観光客で賑わいを見せています。こうした風景からは、その土地に住む人々の生活レベルや生活スタイルを伺うことが出来ます。また、市内観光スポットでは、チューリッヒ市内を一望に見渡せるリンデンホフの丘、シャガールのステンドグラスで有名な聖母寺院がお薦めです。こうしてスイス観光にも終わりを告げ、チューリッヒからオランダのアムステルダム経由で日本に帰国しました。


チューリッヒの街並み

聖母教会

シャガールのステンドグラス

朝市の風景

美味しそうですね(^。^)






 ヨーロッパを襲った大水害によりコースの大幅な変更を余儀なくされたものの、おおむね天候に恵まれ、また、いつもながらに素敵な旅仲間や添乗員、現地ガイドと出会い、彼らと親交を深めながら楽しく旅をすることが出来ました。さらに今回はこれまでの一人旅と違い妻との二人旅になり、それ故の新たな感動や発見を分かち合える旅になりました。
 当初、スイスのイメージは山岳国故に山坂道が多く、車イスでまわるのは難しいのではと案じていました。ところが、クラブツーリズム・バリアフリー旅行センターの緻密なツアープラン、そして現地ガイドの親身な対応により、実際に訪れてみると何ら不安を感じることもなくスイスを探訪することが出来ました。また、スイスのバリアフリー設備は思っていた以上によく整備されていて、それも旅をさらに快適なものにしてくれたことは言うまでもありません。体格の違いから便器サイズが高くて大きいため、たとえば僕など便器に座ると足がブラブラしてしまい細かい点では使い勝手の悪さもありますが、いずれの観光スポットにも車イス用トイレが設置され(ウォシュレットは皆無)、ハードの不足部分はマンパワーで対応してくれますので一切不安はありませんでした。
 夏の高山植物が山肌を彩るアルプスの名峰、緑鮮やかな牧草地帯でのんびりと草を食む牛の群れ、氷河から溶け出す水でターコイズやエメラルド色に輝く美しい湖、悠久の時を超え今にその姿を成す雄大な氷河など、感動的な大自然を存分に満喫できるスイス。もし、またスイスを訪れる機会があるならば、秋、冬、春と四季それぞれのスイスを味わってみたいと思います。