ウィーン・プラハ旅行


2001.7.25〜8.1

主催:近畿日本ツーリスト クラブツーリズム















【7月25日】
 成田空港で添乗員の出迎えを受け、一行11名、午前11時発のオーストリア航空でウィーンに向けて出発です(全日空との共同運行のため、帰国便もそうでしたが、飛行機も客室乗務員もすべて全日空でした)。12時間近い空の旅、今回2度目になるウィーン、そして、期待に満ちたプラハの地に思いを馳せ夢心地のひとときを過ごしました。
 空の長旅を終え、現地25日、午後3時、ウィーンに無事到着(日本との時差−7時間)。この日は空港から直接ホテル(ルネッサンス・ホテル)に向かい、明日から始まる旅に備えて体を休めました。
※旅行中、一部船を利用しましたが、その他は全てバスで移動しました(リフト・トイレ付)。
※ルネッサンス・ホテルはシェーンブルン宮殿の近くに位置したバリアフリーなアメリカンスタイルのホテルです。館内は段差もなく、また、エレベーターもあるので車イスで問題なく利用できます。ただし、シュテファン大寺院のある中心地からはやや離れています(車で約10分程度です)。
 


【7月26日】
 現地ガイドとウィーン市内観光へ出発。ハプスブルク家の離宮として知られるシェーンブルン宮殿、続いて、現在は19・20世紀美術館になっているベルヴェデーレ宮殿、ウィーンの中心地にゴシック様式の威容を誇るシュテファン大寺院を見て回りました。緑鮮やかな街路樹の中、人々はさまざまなスタイルで街の景観を楽しみ、時折見かける観光用馬車の足音が街の雰囲気に溶け込んで心地よく聞こえています。後日訪れるプラハもそうですが、ヨーロッパの街並みは例え21世紀を迎えた今日でも中世の面影を今に変えることなく佇んでいます。それがヨーロッパの魅力でもあるのでしょうね。
※シェーンブルン宮殿には車イス用トイレがあります。また、館内もバリアフリーです。ただし、ウィーン中心地になるとトイレが無くって困るのです。普通はカフェなどを利用するのですが、車イスとなるとそうもいきません。そんな時は、ホテルや美術館、博物館などを利用しましょう。



シェーンブルン宮殿


ベルヴェデーレ宮殿


シュテファン大寺院

【7月27日】
 ウィーンを発って、この日はモーツァルトゆかりの地リンツに向かいました。途中、ウィーン郊外のクレムスからメルクまではドナウ川クルーズを楽しみました。船上で昼食をご馳走になりながら、大河ドナウ川の中で最も美しい景観と言われるヴァッハウ渓谷を船はゆっくりと進んでいきます。両岸には古い街並みや教会、古城が立ち並び、緩やかに流れる川の流れのように、そこでは時も緩やかに刻まれているようでした。
 約3時間の船旅を終えメルクに到着。到着後、その船着き場を見下ろす小高い丘の上にあるメルク修道院を訪れました。オーストリア・バロックの至宝と言われるこの修道院には、現在もなお数人の修道士が修業を積んでいるそうです。教会内はカトリック教会ゆえの絢爛豪華な装飾がなされ、往時のカトリック教会の権威を見せつけられる思いがしました。
 その後、一行はリンツに到着。旧市街をはじめ、モーツァルトが交響曲第36番『リンツ』を作曲した家を見学後、リンツの宿泊地(ホテル・ノボテル)に荷を解きました。
※ドナウ川クルーズの船内には、車イス用トイレはありません。また、トイレそのものも防水上からか入口も狭く段差がありました。なお、船内キャビンの移動について1Fに限りフラットに移動できました。
※リンツで利用したホテル・ノボテルもバリアフリーなアメリカンスタイルのホテルです。




メルク修道院


教会内の天蓋


リンツの街



【7月28日】
 リンツを発って、いよいよこの日は憧れの地プラハに向かいます。バスはプラハ国境に向けてヨーロッパ特有の牧草地を走り抜け、ホテルを発っておよそ2時間ほどで先ずオーストリア側の国境検問所に到着。出国審査の後、今度はチェコ側の国境検問所で入国審査となります。チェコ側ではバスの中に係官が入ってきてそれぞれのパスポートを検閲(といっても、全員のパスポート検閲はありませんでした)。ゲートが開いて、いよいよチェコに入国です。



オーストリア側の国境検問所


チェコ側の国境検問所


 さて、ここで感じるのが国境を隔てて同じ牧草地帯の景色に大きな違いが生じていることです。オーストリア側は牧草地がきちんと手入れされています。点在する家々もこぢんまりとしているものの、どの家にもベランダに色とりどりの花が飾られ、見る者の目を楽しませてくれます。一方、チェコ側と言えば牧草地は手入れがなく雑草も伸び放題。点在する家々も、オーストリア側と比べその所得差が歴然としています。人が住んでいるのかも疑わしく、もちろん、ベランダを飾る花などまず目にすることがありません。更に注意深く見ると車にも違いが現れ、オーストリア側はドイツ車、それも新しいタイプの車がほとんどですが、チェコ側に入ると日本では中古車にもならないようなポンコツ車が多くを占め、また、オーストリア側の民家の屋根にはパラボラ・アンテナが設置され、日本同様にAV機器がこうした田舎の家庭にまで普及されていることを知りました。
 第二次世界大戦後、両国は資本主義と共産主義に袂を分け新たな国作りを始めました。しかし、89年のソ連社会主義体制の崩壊によってチェコは共産主義と決別し自由貿易を基盤とする民主国家として新たなスタートを切りました。今回、両国国境を渡り痛切に感じたことは、戦後56年、その短い時の流れにもかかわらず両国の繁栄には歴然とした差が生じていることです。もちろん、家や車などの物質文明が豊かになった、その一面だけを捉えて判断することは短絡的かもしれませんが、きれいに手入れされた牧草地と野放図な牧草地、色とりどりの花で飾られた家とみすぼらしい家、新しい車とポンコツの車を目の前にすると、少なくとも現段階では資本主義体制に凱歌が上がっていると言えるかもしれません。
 さて、国境を越え、僕たち一行がチェコに入ってから最初に訪れたのが、ユネスコの世界遺産にも登録された中世の街チェスキークルムロフ。ここで、これからプラハ滞在中の現地ガイドと合流。生粋のチェコ人ですが、日本文化に造詣が深く、また、日本留学経験もあって日本語を流暢に話す好青年です。革命や動乱を乗り越えたチェコ、そこに生きる人から直接チェコ人の心情を聞くことができる。名所旧跡を訪れる楽しみと共に、今を生きるチェコ人が何を考え、また、過去をどう振り返っているのか、彼の口から語られる思いに期待をふくらませました。
 街の中心を流れるブルタバ川(=モルダウ川)、その両岸に中世都市チェスキークルムロフは広がっています。街を見下ろす丘の上にはプラハ城に次ぐ規模のチェスキークルムロフ城が眼下の街を見守るように建っています。それは日本でよく見る城下町を思わせる街作りです。入り組んだ迷路のような小路を歩いているとタイムスリップしたような錯覚に陥ることがあります。地元の人達でしょうか、流れるブルタバ川で水遊びをしています。日差しは強いのですが、からっとした気候が気持ちよく感じます。ただし、チェスキークルムロフという街そのものが山の谷間に位置しているため、また、当時の街並みがそのまま残されているため街中は石畳と坂道がほとんどで、車イスで動き回るのにちょっと苦労しました。
 チェスキークルムロフを発って僕たちのバスがプラハ市内、ホテル・パレスに到着したのは、夕やみが静かにプラハの街を包み込み、家路を急ぐ市民の足音が街角に響くころでした。



チェスキークルムロフの街@


チェスキークルムロフの街A


チェスキークルムロフの街B

※以降3日間滞在したホテル・パレスは5つ星の高級ホテル。時が時ならば、党幹部や外国要人など、いわゆる一部特権階級が贅を費やし利用したと思われる立派なホテルでした。民主国家になったとは言え決して所得水準が高いと思われない現在、一般市民が気軽に出入りできるとは思いません。今、日本人観光客がこうしたホテルを利用していることをプラハ市民はどのように感じるのか、また、ホテル内で働く従業員はどんな気持ちで私たちを迎えているのか、ちょっと気になりました。なお、ホテルはバリアフリーで、僕はハンディキャップ・ルームを利用することができました。
※バスによる移動で最も気になるのがトイレ。今回利用したバスには車内トイレが付いていましたが、やはり、一日中移動となるとトイレの確保は重要です。途中、食事をとり観光をする時はトイレが利用できますが、バスで移動中、トイレはどうするのか少々不安でした。ところが、チェコに入ってから感心したことがありました。高速道路上にあるガソリンスタンド、その店頭にある看板にスタンドが提供するサービスがマークで表示されていて、その中に車イスマークがあれば車イス用トイレがあるとわかるようになっているのです。参加者からトイレ利用の要求があると、ドライバーはそのマークのあるスタンドを見つけ利用します。もちろん、利用の際は現地ガイドが店員に一言断りを入れていましたが、こうしたサービスが店頭の看板に明示されていると安心です。日本でもぜひやってほしいですね。


【7月29日】
 ヨーロッパのほぼ中心にあるチェコは、北海道よりやや大きい面積を有し、人口約1000万の小さな国です。300年の永きにわたりハプスブルグ家によって支配され、その後、ナチス・ドイツによる分割・編入。第二次大戦後は共産党による一党独裁を強いられました。1968年、民主化を求めた国民の願いは(『プラハの春』)、ソ連を中心とするワルシャワ条約機構軍の武力によって弾圧。革命を勝ち取るのにはそれから20年の歳月を費やしました。1989年、東西体制崩壊にともないチェコは民主国家として独立(『ビロード革命』)。そのビロード革命の中心的存在だった劇作家ハヴェル氏が、現在チェコの大統領となって国を治めています。
 さて、「百塔の街」「北のローマ」とも呼ばれるプラハは街全体が中世の面影を今に残し、市庁舎、美術館、劇場、博物館はそのどれ一つとっても歴史的な美術様式(ゴシック、ロココ、バロック、ロマネスク様式など)によって建築がなされ、しかし、それら異文化が一つに纏まって街並み全体が美しいフォルムを形成しています。
 今日はプラハ市内観光の一日です。旅行中、お天気に恵まれた僕たち一行、この日も朝から射すような日差しを浴びながらの観光となりました。しかし、湿気が少ないため余り汗をかくこともなく、また、ふと立ち入る緑の下では涼しい風が吹き抜けて肌の熱を冷ましてくれます。
 まずはプラハの街を見下ろす小高い丘の上にあるプラハ城へ。現在は大統領府として使われているそうです。場内にはゴシック様式の粋を極めた聖ビート大聖堂(写真:右)が威容を誇っています。早い時間にもかかわらず場内には多くの観光客が訪れ、それぞれのグループがガイドからこの地の説明を受けていました。
※場内は石畳の部分が多く、名所「黄金の道」近辺は凸凹した石畳の上、坂になっているため車イスの場合サポートが必要です。なお、プラハ場内に車イス用トイレがありました。
 その後、プラハで最も人気のあるカレル橋へ(写真:下3枚とも)。14世紀に建てられたゴシック様式の橋で、左右の欄干にはそれぞれ15体づつの聖人・偉人の彫像が立ち並び(その内の一体に、日本にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエル像がある)、下を流れるブルタバ川(=モルダウ川)の水面にそれら彫像が影を落とし、見上げる先には先ほど訪れたプラハ城と、ここはプラハでもっとも観光客を虜にするスポットです。橋の上には物売りや大道芸人、似顔絵を書く芸術家がお店を出し、この日も多くの観光客が足を止めていました。
 さて、春江一也著「プラハの春」を読破された方なら、このカレル橋が如何なる意味を持つ橋かお分かりだと思います。誰もが特別な思いでこの橋を訪れることでしょう。もちろん、僕もそうでした。亮介とカテリーナが今もこの橋で待ち合わせをしているのでは、と思いながら・・・・・・。


          


 続いて、旧市街へ。先の大戦で爆撃を逃れたプラハ。中世の街並みがそのまま残っている街中は、前日訪れたチェスキークルムロフ同様に曲がりくねった小路が迷路のように広がっています。道の両側にはお土産屋さんやカフェ、レストランが所狭しと軒を並べ、さながら原宿の竹下通りを思わせます。昼食後、旧市街の中心に位置する広場へ。12世紀から始まった街作り。広場を取り囲む教会や旧市庁舎はゴシック、バロック、ロココ調の歴史的建造物ばかりです。また、広場の中心には、15世紀にローマ・カトリック教会の腐敗を告発し、市民に平等思想を説いた神学者ヤン・フスの銅像が立っています。この日、日曜日とあって広場に出された野外カフェは観光客で大いに賑っていました。
 その後、1968年の「プラハの春」革命の際、チェコの民主化を求めた市民を武力弾圧し、その尊い命をも奪ったワルシャワ条約機構軍の戦車が集結したバーツラフ広場を訪れました。今は往時の面影を思い巡らすしかありませんが、わずか33年前にこうした悲劇があったことを思うと、今、各国から観光客を迎え新たな国作りを始めたチェコの人々がいかに平和を愛しているか、平和はそこにあるものと錯覚している日本人と比べ、その思いに余りにも差があるのではと切に感じました。



旧市街の広場@


旧市街の広場A


バーツラフ広場の慰霊碑
    


【7月30日】
 今日はプラハ郊外の街カルロビ・バリとプルゼニを散策です。
 まずはプラハ郊外にある温泉保養地カルロビ・バリへ向かいました。ドイツとの国境に近いチェコ西部に位置するリゾート地で、温泉と言っても日本のように入浴ではなく、飲む温泉治療で有名です。開かれたのは14世紀神聖ローマ帝国の時代で、王侯貴族や芸術家が湯治に訪れていたそうです。プラハ市内からバスでおよそ2時間半、深い山間にある温泉地は箱根や湯本を思わせる佇いです。街の中心には吹き出した温泉を飲む施設があって、それを飲むための小さな陶器製コップが売られています。訪れた観光客は思い思いのコップを手にし、おしゃべりしながらそれを飲んでいます。温泉の効用もそうでしょうが、家族や親しい仲間とおしゃべりしながらのんびりと過ごす、そんなゆとりが効用を更に高めているのでしょうね。場内には間欠泉が勢いよく吹き出しているところもあって、それを間近で見る、と言うよりもその熱気を肌に感じることができます。何でも、この温泉は胃腸病や肝臓病などの内臓疾患に良く効くそうです。



カルロビ・バリの街


温泉を飲む施設
     


 続いて訪れたのが、チェコで有名なビール「ピルゼン・ビール」の故郷プルゼニ。いずれの街もそうですが、この街も広場と教会が街の中心に位置し、その広場を取り囲むように旧市庁舎など瀟洒な建物が立ち並んでいます。市内散策後、この街を訪れた記念にとピルゼン・ビールの工場を見学しました(写真:右下)。



プルゼニの教会


ピルゼン・ビール工場

      
      


 この日でプラハともお別れです。明日は帰国の途。プラハ最後の晩は東欧の民族舞踊を楽しみながらの夕食です。フォルクロアショー(写真:下)と名づけられたこのショーは、地元の民族衣装に身にまとった楽団の演奏や、その演奏に合わせてワルツ・ポルカ・マズルカなど民族舞踊を披露してくれるショーです。当日は僕たちの他に、フランスとアメリカからも団体客が訪れ、そのせいか一段と賑やかさが増したようです。特にアメリカご一行の陽気ぶりはこうした場を盛り上げるのに最適です。その点、日本人はこうした輪に積極的に加わることができない国民性のようです。その実、この僕もそうですが・・・・・・。
 彼等の曲を聴いていると華やかさの影に哀愁や憂いを感じます。チェコを始めポーランド、ハンガリー、ルーマニアと、歴史上、他国により支配され続けた東欧の国々。その悲しみがそれぞれの曲に織り込まれているのでしょう。イギリス、フランス、スペイン・・・・・・、いずれも歴史上、支配する側と、チェコを始めとする東欧の支配され続けた国々。彼等の悲しみはこうした曲の中に哀愁となって息づいているようです。
ショーが終わったのは夜も10時を過ぎた頃でした。誰とも無く他の国々の人と別れの言葉を交わしています。『グッバイ!』『オゥ・ボワァー』そして『さようなら』と。別れ際、『オゥ・ボワァー』と挨拶したら、フランスから来たおばあさんがとても喜んで僕の頬に別れのキスをプレゼント。恥ずかしかったけど、何となく嬉しかった。そこには、国境も人種の違いも、言葉の壁もありませんでした。彼等の歌や踊りが僕たちの心を開いてくれたのでしょう。平和を感じる一瞬でした。

      


【7月31日】
 いよいよ帰国の日。お昼過ぎにホテルを出発。この日、プラハ空港からウィーン空港まで飛行機で移動し、その後、ウィーンから成田に向けて帰国の途につきます。ウィーン到着後、この日まで僕たち一行を安全かつ迅速に運んでくれた運転手さんとも、また、チェコ滞在中、流暢な日本語でチェコの魅力を存分に語ってくれたガイドさんともここでお別れです。例え、一週間にも満たない短い間でも、別れる時は何気に寂しさを感じるものです。言葉は通じなくとも、互いの心に芽生えた言い表し難い絆を感じているからかもしれません。
 プラハからウィーンまでは飛行時間1時間弱。50人乗り程度のプロペラ機は思い出いっぱいのプラハを旅立ちました。ウィーン到着後、狭い空港ロビーで4〜5時間過ごし、現地、夜9時の飛行機で日本に向かいました。


【8月1日】
 日本時間、午後3時、無事、成田空港に到着。8日間にわたるウィーン・プラハ旅行はカバンいっぱいの思い出とステキな出会いと共に幕を下ろしました。



 さて、 ウィーンは今回2度目ということで街の様子もおおよそわかっていましたが、初めて訪れるチェコについては、特にバリアフリーという面で不安はありました。もちろん、近畿日本ツーリストによる『バリアフリー旅行』と銘打ってのツアーですから充分に調べた上での企画とは思いますが、例えばチェコのホテルは僕たちでも使いやすく出来ているのだろうか・・・・、街中には段差など無いのだろうか・・・・、観光先でトイレは大丈夫なのだろうか・・・・、ましてや車イス用トイレなどあるのだろうか・・・・、と不安は尽きなかったのですが、実際に行ってみるとチェコのバリアフリーが思いのほか進んでいるのには驚きました。前述したガソリンスタンドのサービス表示など、日本よりよっぽど進んでいます。ただし、観光名所となる旧市街地に入ると、これはヨーロッパ諸国全般に言えることですが、歴史的建築様式による建造物の外観保護が義務づけられているため、建物内部は近代的に良く整備され、障害者用の設備さえ完備しているにも拘わらず、玄関入口には決まって段差があり僕たちの行く手を遮ることが多いのです。また、そうした玄関とは別に新たにバリアフリーな出入 り口を作るといった柔軟さも残念ながら持ち合わせていないようです。もちろん、一般市民の生活圏ではこのようなことはないと思いますが、観光名所となれば今後世界中から観光客を迎えるわけですから、もう少し柔軟な対応が成されることを願っています。
 東西ドイツ統一に端を発し、続くソ連邦の崩壊は東欧諸国に解放の嵐をもたらしました。当時のチェコ・スロバキアもこの機運に乗じて共産主義から脱却。長年にわたる国民の願い“自由”と“民主国家”が遂に現実のものとなりました。しかし、チェコ人のガイドさんは当時の様子を振り返って「突然訪れた自由に私たちは戸惑った。自由とは何か、自由とどう向き合っていくのか、どのように自由を享受し、育て、守っていけばいいのかわからなかった。しかし、自由の素晴らしさは何事にも替えられない。この自由を守るための努力は一切惜しまないだろう」と語ってくれました。他国による支配という長い歴史の中、初めて手に入れた自由と独立。その後、1993年、スロバキアと分離独立。チェコ・スロバキアからチェコとなり、更なる平和国家を目指して法の整備、政治経済の自立に着手。10年の歳月を経て、チェコはようやく国際的にも認められ、2年後のEU統一にも参加します。しかし、旧東西諸国間の経済格差や民族対立、また、その対立を起因とする社会不安は否めず、今後、こうした問題を是正・解決していくことがチェコの将来を実りあるものにするか否かにかかっていると言 えましょう。
 今回の旅を通して、特にプラハを訪れることで、僕は“自由”という言葉に隠された人の思いがここまで強く、また、その自由を手にするために人は血を流し、果ては命さえかけ戦うものと知りました。自由であるからこそ、今僕たちは他国を訪れ、その国の文化や歴史を肌で感じることが出来ます。それは、平和たる所以であり、この平和がいつまでも続くことを願っています。