1996.8.18 〜 8.27

主催:日本旅行



 「いつかはウィーンへ、いつかはパリへ」、この願いがついに叶うことになりました。モーツァルトを始め、ベートーベン、J.シュトラウス・・・・、彼らがその輝かしい音楽人生を謳歌した都ウィーン、ヨーロッパ史の中で燦然と輝く一時代を築いたルイ14世、その栄華を誇った都パリ、その歴史と文化をこの目で見てみたい、それが僕の想いでした。


【8月18日】
 『ウィーン・パリ10日間(フリータイム)』の旅は、午後、日本航空でフランクフルトへ向けての出発で幕を開けました。今回はフランクフルトを経由して、ウィーンに向かうフライトスケジュールです。機内での座席(もちろんエコノミークラス)は、航空会社が横1席分をブロックして空けてくれたので、割とゆったりと過ごすことができました。
 成田を発ちフランクフルトまでは約10時間のフライトです。フランクフルト到着後、2時間ほど乗り継ぎ待ちをし、オーストリア航空に乗り換えて、約1時間でウィーンに到着しました。日本を発ってから約12時間の空の旅です。(ちなみに成田−ウィーン直行便だと約9時間で到着するそうです)
 さて、フランクフルト空港ですが、オーストリア航空の飛行機がターミナルビルからずっと離れたところに止まっていたので、飛行機へはバスで移動しなければなりませんでした。また、飛行機への搭乗もタラップによるものでした。
 搭乗手続きを済ませ、送迎用のバスで飛行機まで向かいました。もちろん、車イス対応のバスが私のために用意されるので、ターミナルビルから飛行機までは、たとえ離れたところにあっても移動に関しては問題はありません。飛行機への乗り込みも、タッラプの下で機内用の車イスに乗り換え、体をベルトで固定して、その車イスごとタラップを持ち上げ座席まで運んでくれました。降りる時もこれと同様にしてくれるので空港に関してはたとえ言葉が通じなくても問題はありませんでした。
 夕闇に包まれたウィーンに到着したのは、現地時間ですでに午後9時をまわっていました。空港で現地係員に迎えられ、大型バスにてウィーンでの滞在ホテル『インターコンチネンタルホテル』に向かいました。(なお、このバスは通常の大型バスですので、リフトなどなく、乗り込むのにはタラップを上がらなくてはならないのでその昇降には苦労しました。)
 ホテルは中心街から少し離れたところに位置しており、近代的な外観と館内はシャンデリアや大きな絵がロビーの随所に飾られていて、ヨーロッパの歴史と伝統に培われたホテルとしての趣がありました。日本人スタッフもコンシェルジュとして常駐しており、何かと心強い限りです。部屋は特にハンディキャップルームではありませんでしたが割と広く、室内を車イスで動くには充分な広さでした。しかし、トイレ・バスルームは余り広くないので、車イスでの入室は難しく、入口で車イスから降りて利用しなくてはなりません。食事は朝食がツアーに含まれていましたので、朝、ホテル内のレストランでとることができました。昼食・夕食は外へ出たついでにとれますが、朝食は朝から出掛けるのが面倒ですので、朝食付きをお薦めします。日本のようにコンビニなどありませんので。
 ベットに入り部屋の窓からウィーンの街並みを眺めながら「ついに憧れのウィーンへ来たか」、そんな思いの中、初日の長い旅はいつしか眠りの中で終わりをつげました。



【8月19日】
 ウィーン市内散策へ。ホテルで朝食をとり(このホテルには日本食のバイキングがありました。でも、決して日本の味を求めてはいけませんよ)、カメラ・地図を片手に、さァ、出発です。
 まずはホテルの正面に位置する、金色に輝くJ.シュトラウス像(ウィンナーワルツのレコードジャケットに使われている)で有名な「ウィーン市立公園」からスタート。早朝のひんやりとした澄んだ空気と公園の緑が時差ボケの頭をすっきりとさせてくれました。公園にはいたるところに芸術家の銅像や胸像があり、早朝にもかかわらず年老いた夫婦がベンチに座り朝の心安らかなひとときを楽しんでいました。公園を抜けて大通りへ、通りはプラタナスの街路樹が茂り、路面電車が走っている。通りの両側に建つ建物には絢爛豪華な彫刻が施されていて歴史を感じます。こうした雰囲気はアメリカにはありませんね。この辺りは歩道もゆったり幅広く、さほど段差もないので車イスでの散策は苦になりませんでした。ゆっくりとウィーンの街並みを見学しながら、ウィーンのシンボル「シュテファン寺院」へ。途中、寺院へ向かう道は坂が多く、路面が石畳のため走行には苦労しました。寺院内を見学後、ウィーンの目抜き通りケルントナー通りを下って「ウィーン国立歌劇場」「ウィーン楽友教会ホール」を見 学しました。

J.シュトラウス像 ウィーン市内を走る路面電車



【8月20日】
 ホテルのコンシェルジュ、塩川さんの紹介で、ウィーンにドイツ語の勉強に来ている日本人女性西本さんと市内観光へ。観光シーズンまっただ中のこの時期、個人的にガイドを頼むことはなかなか難しいようです。そのことを塩川さんにお話ししたら、特別に彼女のことを紹介してくれたんです。市内観光はタクシーを乗り継いでいきました。
 ハプスブルク家の象徴「シェーンブルン宮殿」、クリムトら世紀末美術の絵画が展示されている「ヴェルベデーレ宮殿」、ベートーベンやJ.シュトラウスが眠る「中央墓地」、映画『第三の男』で有名な「プラター公園」の大観覧車、ベートーベンが交響曲第6番『田園』の構想を練ったと言われる「ハイリゲンシュタット」を見て回りました。
 夕食後、彼女とホテルの前にある音楽ホールで「ウィーン・ヨハン・シュトラウス合奏団」(メンバーはみんな当時の衣装を着ていました)による演奏で、ウィンナーワルツを楽しみました。 

シェーンブルン宮殿 ヴェルベデーレ宮殿 ベートーベンのお墓



【8月21日】
 きょうは再び一人で市内散策へ。まず、タクシーで「ホーフブルク宮殿」まで行きました。現在この宮殿は宝物殿になっていて、ハプスブルク家の歴代皇帝の王冠や宝飾品の数々が展示されていました。贅の限りを尽くした宝物は、ハプスブルク家の栄華を忍ばせるものでした。市内をゆっくりのんびりと散策。お天気も良く、すがすがしい気持ちでいっぱいでした。ホーフブルク宮殿をあとにして、ウィーン国立歌劇場に向かいました。というのも、この時期オペラ公演はシーズンオフでありませんが、せめて劇場内の見学ツアーだけでも参加したいと思っていました。見学ツアーは午後2時から。それまでちょっと時間があったので、劇場の裏手にあるザッハホテルへ行きました。そうです、ウィーン名物のザッハトルテを食べに行ったんです。う〜ん、それにしても甘かった。
 見学ツアーはドイツ語・英語・フランス語・イタリア語などいくつかの言語でグループ分けがされていました。日本語の見学ツアーはありませんので、日本人は英語グループに入って見学をします。場内はTVで見た感じとはだいぶ違って、割りとこじんまりとしていました。しかし、場内やロビーの内装や装飾は、もともとが王宮内の宮廷劇場とあって、まさに芸術品の宝庫とも言える豪華さでした。この次は必ずここでオペラを楽しみたいと思いました。それと、場内には車イス用の昇降機やトイレ、観劇スペースも設置されていました。
 夕食はきのうお世話になった西本さんと、ウィーン市内にある日本食レストランでご一緒しました。ウィーンでの生活やオペラの話しなど、時の経つのを忘れておしゃべりしました。ウィーン最後の晩、楽しいひとときでした。



【8月22日】
 朝、ウィーンを発って、一路パリへ。シャルル・ドゴール空港にはお昼前に着きました。パリでの宿泊地は「メリディアン・ホテル」、新凱旋門の近くにあるアメリカンスタイルのホテルです。ホテル到着後、部屋で一休みしているところに僕の叔母の友人から電話が入りました。その友人は日本人女性スタッフとしてエア・フランスに勤めており、シャルル・ドゴール空港で日本から来た搭乗者の世話をしています。日本を発つ前に叔母に連絡を入れてもらい、もし時間があったらパリ市内を案内してもらえないかとお願いしておいたのです。運良く連絡が付き、お昼過ぎにホテルへ来てもらうことになりました。ロビーで落ち合ってから、凱旋門まで散歩していくことにしたのですが、これがかなりきつい登り坂で、やはりウィーン同様に路面が石畳になっていて走行にはとても苦労しました。その上、歩道の端がスロープになっているところがほとんどありません。あとでわかったことですが、凱旋門からルーブル美術館に向かうシャンゼリ ゼ通りは歩道も良く整備されていますが、一歩裏通りへ入ると道幅も歩道の幅も大変狭く車イスで動くには苦労が多いようです。
 フゥフゥ汗をかきながらどうやら凱旋門まで辿り着きました。そこからの眺め・・・・・・、凱旋門からシャンゼリゼ通り、その正面に見えるコンコルド広場とルーブル美術館、そして右手にはエッフェル塔が見えています。本当に素敵な眺めです。ただただ、その美しい眺めに見とれてしまい、ため息さえ出てしまいます。「あぁ、これが憧れのパリか・・・・」と。永きに渡りヨーロッパ文化の中心地として栄え続けているパリ、目の前に広がるそれら歴史的建造物からなる景観がその栄華を実証してくれました。
 シャンゼリゼ通りでお茶をしてから、エリーゼ宮を右手に折れ、日本人の女性客で賑わう高級ブティック街を通ってエッフェル塔の近くまでのんびりと歩いてみました。夕方も7時を回ると、しだいに夕暮れが迫ってきました。エッフェル塔がライトアップでその美しさに磨きをかけ、夕闇の中にその姿を際だたせていました。どの風景も絵はがきになってしまうほど、パリの街は洒落ています。そんなエッフェル塔を眺めながら、レストランで夕食をとりました。海外旅行に出て初めて食事を美味しくいただきました。さすが食文化の国フランスですね。時計の針は9時を回っていますが、街はさらに賑わいを増していました。



【8月23日】
 早起きしてさっそく市内散策へ。昨日、街の様子を見て坂が多いのがわかりましたので、きょう最初の目的地「ルーブル美術館」まではタクシーで向かいました。『モナリザ』や『ミロのヴィーナス』等、世界遺産とも言える芸術作品の数々がとても身近で鑑賞できました。それにしてもルーブル美術館はとてつもなく広い。まともに見て歩いたら一月以上はかかってしまうことでしょう。なお、美術館内はバリアフリーが整備されていますので車イスで行っても問題ありませんでした。それと、ウィーンもパリも街中でトイレを利用するのがとても困難です。街中にある公衆トイレは日本にある電話ボックスのような形をしており、狭くて車イスのまま入ることは出来ません。また、レストランやカフェのトイレも入口に段差があったりしてやはり利用できません。ですから街に出たらこうした美術館のトイレを利用することをお薦めします。
 美術館を出てからしばらくシャンゼリゼ通りを散歩して、途中エリーゼ宮からタクシーに乗ってエッフェル塔に行きました。数基あるエレベーターの内1基が車イス用に整備されていて展望台まで行くことが出来ました。パリ市内が一望できました。
 夕食はホテルの近くにある街のレストラン(余り高くなさそうな)へ行ってみました。ホテルですとメニューに英語も併記されているので見当がつきますが、街の小さなレストランではフランス語のメニューしかおいてないので見てもまったく分かりません。とりあえず「チキン、チキン」と言って頼んでみました。何とか食べられましたよ。 
 夕食後タクシーでナイトドライブに出かけてみました。日本円で多分5000円ぐらいだったでしょう。40分近く、パリ市内の名所を回ってもらいました。イルミネーションに飾られ、ライトアップされた街は昼間の顔と違う美しさを見せてくれました。とにかくパリの街は昼間見ても夜見ても魅力的です。

ルーブル美術館 ミロのヴィーナス エッフェル塔



【8月24日】
 きょうはまず「オルセー美術館」へ。印象派の大家ルノワールやドガなどの名画を午前中掛けてじっくりと鑑賞しました。この美術館もバリアフリーです。美術館を出てからしばらくセーヌ川に沿って散歩してみました。陽差しは肌をさすように暑かったんですが、時折吹き抜ける風が涼しさを運んでくれました。街路樹の隙間からふりそそぐ木漏れ陽を浴びながらセーヌの流れに沿ってアレキサンダー3世橋まで1時間近くかけてゆっくりと歩いてみました。この辺は割りと平らだったんです。ここでタクシーに乗って再びルーブル美術館へ。昨日見られなかったところをもう一度見て回りました。



【8月25日】
 現地係員の方と貸し切りタクシーを利用して市内観光に出かけました。「モンマルトルの丘」〜「サクレクール寺院」〜「パリ・オペラ座」〜「ノートルダム寺院」〜「サンルイ島」〜「リュクセンブルク公園」〜「パレロワイアル」と巡りました。ノートルダム寺院ではちょうどこの日が第二次世界大戦時のパリ解放記念日とあって特別なミサが行われていました。
 昼食後、パリ市内から車でおよそ30分、パリ郊外にある「ヴェルサイユ宮殿」へ向かいました。「太陽王」ルイ14世がその栄華を誇った絢爛豪華な宮殿はその規模の大きさもさることながら、ヨーロッパの文化・政治・芸術を中心とした歴史に触れることが出来ます。ただし、宮殿入口の石畳は想像以上にキツイものがあります。隙間だらけの石畳は車輪が挟まってしまい車輪が壊れるのではと心配したくらいです。お気をつけ下さい。なお、宮殿内は車イスでも大丈夫でした。

モンマルトルの丘 ヴェルサイユ宮殿



【8月26日】
 パリ最後の日。ホテル出発が夕方だったので、まず午前中、お土産を買いにパリ・オペラ座近くにある「ラファイエット・デパート」へ。このデパート、店内に車イストイレがあるとガイド本に書いてあったんです。
 午後、昨日のタクシー観光で行けなかったセーヌ川の観光遊覧船「バトー・ムッシュ」へ、昨日の現地係員の方が個人的に連れていってくれました。おまけにその方の奥さんが僕のためにお弁当を作ってきてくれました。うれしいですね。ところがビックリ。その奥さん、出身が僕と同じ「八王子」で、その上僕と同じ小学校・中学校だったんです。ですから僕の先輩になるんです。こんな偶然があるんですね。本当に驚きました。セーヌ川から見るパリの街並みは、また違った景観を見せてくれました。数時間後にはパリともお別れです。僕はその景色のひとつひとつを目に焼き付けていました。
 午後8時、ウィーン・パリの楽しかった思い出を胸一杯に詰め、日本に向けて飛び立ちました。途中、機内で僕のお世話をしてくれたスチュワーデスの方と車イスに乗っている者が飛行機を利用する際の問題点や改善点についていろいろとお話しする事が出来ました。お礼に機長直筆の運行記録表を戴いちゃいました。旅の記念がまた一つ増えました。



【8月27日】
 日本時間、午後2時、成田空港に無事到着しました。



 ある程度予想はしていましたが、やはりウィーン・パリは古き良き時代の建物が今もたくさん残っているので、総じてどの建物も入口に段差がありました。また、文中にも書きましたが、路面が石畳になっているところが多く、車いすの進行にはやや難がありました。トイレも大変少ないので、美術館やホテルなどをうまく利用するようにしたいですね。