ロシア旅行記

モスクワ・サンクトペテルブルグと「黄金の環」観光



主催:クラブツーリズム・バリアフリー旅行センター

2007.8.23〜8.31



行程表 


 今年の夏休み、クラブツーリズム・バリアフリー・ツアーを利用してロシアに行ってきました。僕のように車イスを利用している者、高齢のため歩行が困難で一般のツアーに参加することが難しい方などがこのバリアフリー・ツアーを利用しています。今年は添乗員を含め総勢13名がこのツアーに参加しました。
 実は2年前にもロシア旅行のチャンスはあったのですが、そのときは催行の可能性が低く、すでに催行が決まっていたスイス旅行に切り替えて参加することになりました。
 今年、2年ぶりの願いがようやく叶い、ついにロシアへ行くことができました。期間は8月23日から31日までの9日間。ロシアの首都モスクワで政治の中心クレムリンを訪ねた後、“黄金の環”と呼ばれロシア中世の面影を今に残す古都セルギエフ・ポサート、スズダリ、ウラジミールの三都を巡り、最後にロシア第2の都市サンクトペテルブルクを訪れました。“北のヴェニス”と呼ばれる美しい水の都サンクトベテルブルクでは世界的なコレクションを誇るエルミタージュ美術館や、郊外のエカテリーナ宮殿など、かつてのロマノフ王朝の栄華をはじめロシアの歴史と芸術を肌で感じることができました。また1991年、ゴルバチョフ政権のもと行われたペレストロイカに端を発しソ連邦が崩壊し、新しい国家体制に生まれ変わった国の様子を垣間見るのもこの旅の興味の一つでした。



シェレメチェヴォ国際空港

【8月23日】 成田⇒モスクワ
 午前11時、JAL便にてモスクワへ出発。飛行時間は約10時間。現地時間、午後4時過ぎにシェレメチェヴォ国際空港に無事到着しました(日本との時差は−5時間)。着陸前に市内上空から見るモスクワの街並みは他のヨーロッパ諸国と変わりありませんでしたが、滑走路に降り立ち、そこから見えた空港ターミナルビルのあまりの無機質で何ら飾り気のない真四角な建物を見ると、人間味のないソ連邦時代の名残を感じ、これまで訪れたヨーロッパの国々と明らかに雰囲気が違うことを実感しました。
 空港でロシア人ガイドの出迎えを受け、リフト付バンに揺られ約1時間30分、モスクワ中心街からやや外れたところにある「コスモホテル」に到着しました。途中、車窓から見える街並みは決して裕福とは言い難い貧相な住居や見るからに廃墟と思えるような工場が建ち並び、かつて国の施策としてとられた社会主義体制のあるべき姿を見ることができました。街中に入れば高層ビル群も建ち並び、今のロシアが近代化されていることも分かりますが、依然として旧ソ連と近代ロシアが同居する社会であることは間違いないようです。
 それにしても、途中、車の渋滞がかなりひどかったです。今やロシアでは渋滞が社会問題化しているそうです。その一因と思えるのが、彼らの劣悪な運転マナー。そもそもロシアっ子は、交通ルールは守らないし運転が極めて乱暴ときている。追い越し、追い抜き、割り込みは当たり前で、旅のあいだじゅう至る所で交通事故を目撃しました。僕の車を運転してくれたドライバーもグッド・ガイなのですが、ご多分に漏れず、飛ばす、煽る、割り込むと、安心して窓の景色を眺めていることができないほど緊張感のある運転でした。そうした劣悪な運転マナーが渋滞増長の一因になっていることは間違いありません。
 さて、ホテルに入り、明日からのロシア観光に備え、この日はゆっくりホテル内で過ごしました。


モスクワで乗った
リフト付バン

ホテル
「コスモ」

ショーガールの
お姉さんと(1)

ショーガールの
お姉さんと(2)

当初、このツアーはリフトのない大型バスによる観光となっていました。正直な気持ち、リフトなしのバスはその乗降において心身共に大変な負担がかかるため旅行前からその点が唯一憂慮されていましたが、旅行会社の配慮でリフト付のバンが用意されていたことは何事にも代え難い朗報でした。旅行会社に対し感謝の気持ちでいっぱいです。

「コスモホテル」は市内中心部から車で約20分のところにある大型観光ホテルです。入口を入ると左手にはカジノ、右手にはおみやげ屋さんが並び、朝夕になると観光客でロビーはごった返すほどに混雑します。そのロビーでは、ホテル内のホールで民族舞踊ショーに出演しているショーガールが公演のチラシを配っています。彼女たちの周りには一緒に記念撮影をしようと人だかりでき、それも混雑の一因ですが、かく言う僕たちもご覧の通りです。
 さて、それだけ人の出入りが激しいホテルですので、宿泊客は宿泊棟に入る際、ルームキーを警備員に見せないと通してもらえません。
 ホテルの入口にはスロープもあり、館内はほぼバリアフリーになっています。ロビー階のトイレには車イス用トイレもありました。但し鍵がかかっているので開けてもらわなければならないのが面倒です。この点はこの後訪れるところでほとんど同様に車イス用トイレは鍵がかかっていました。また、ロシアではバリアフリールームはほとんどないそうです。

【8月24日】 モスクワ市内観光
 モスクワ市内観光に出発。外気温30℃。思った以上に暑いモスクワです。
 ロシアの政治の中枢で、赤煉瓦の城壁に囲まれた「クレムリン」。TVでよく目にする赤い城壁を見ると、ロシアに来たことを実感します。クレムリンに到着すると先ず目に飛び込んでくるのが「聖ワシリー聖堂」。色鮮やかなタマネギ型の塔をもつロシア正教の教会。アラビアンナイトの物語に出てくるような、そのユニークかつ壮大な姿は「赤の広場」と共にモスクワを代表する観光名所です。この日、「赤の広場」は政府関係者の葬儀が行われるため、残念ながら入ることができませんでした。続いて、「すずめが丘」からモスクワ市内を一望。そこを訪れるお客さん目当てにおみやげ屋さんが軒を連ねています。目の前に、1980年に開催されたモスクワオリンピックのメインスタジアムがあり、当時、日本を含む西側諸国はソ連のアフガニスタン侵攻に抗議してモスクワオリンピックをボイコットしたことを思い出しました。


クレムリン(1)

クレムリン(2)
聖ワシリー聖堂

昼食のレストラン

ロシア名物
ピロシキとボルシチ

すずめが丘展望台

展望台のお土産

ロシア人形

 昼食後、クレムリンに戻り帝政時代の金・銀のコレクションや美術工芸品が展示されている宝物館「武器庫」(かつては武器庫だったためこの名が付いている)を見学。敷地内外には大統領府など政府関係の建物もあるため、眼光鋭い護衛兵が小銃を片手に随所で警護を固めていました。そのセキュリティはとても厳しく、館内に入る際は金属探知器で身体を検査されるほどでした。「武器庫」見学後、やはりクレムリン内にある美しい寺院や聖堂を巡りました。ロシアの寺院に特徴的なドーム型の屋根は火炎を表し、精霊を象徴しているそうです。5つのドーム型屋根のうち中心が主イエス・キリスト、周りの4つは使徒マタイを現しています。
 「クレムリン」と聞くと、ソ連邦時代のスターリンやブレジネフ、ゴルバチョフなど共産党一党独裁のもと、国家権力や政治活動の中枢にして象徴のような場所と思っていただけに、同じ場所がロシア正教の中心地であることに驚きを感じ、クレムリンがロシアとソ連邦の歴史を今に物語っていることを知りました。


武器庫

クレムリン宮殿

聖堂群

イワン大帝の
鐘楼

ブラコヴェシェンスキー大聖堂

ウスペンスキー
大聖堂

ウスペンスキー
大聖堂の天井画

市内観光で巡った施設は、そのほとんどがバリアフリーには程遠く、入口、館内と至る所に段差があります。ちょっと回り道をすれば段差の無いルートもあるのに使わせてくれない。本当に融通の利かない国です。そもそもバリアフリーという意識がない国ですから、この点は覚悟が必要になります。

ロシアでは美術館内や教会内の撮影が禁止されていますが、撮影可能の場合、入口で撮影券を購入する必要があります。写真が約50ルーブル、ビデオが約100ルーブルかかります(1ルーブル約5円)。ですから、ロシア観光の際は入場料や撮影券購入のため、細かいお金を用意しておく必要があります。なお、日本円をルーブルに両替するとき、ルーブルを円に再両替することが難しいため、一旦、円をドルに替えて、それをルーブルに替えた方が後に残ったドルを円に再両替できますので便利かと思います。また、日本円をドルに替える場合、日本円のお札の左下にフォノグラムが印刷された新券でないと受け付けてくれませんので注意しましょう。

【8月25日】 モスクワ⇒セルギエフ・ポサート市内観光⇒スズダリ
 モスクワ北東に位置し、12〜13世紀より栄えた趣ある古都セルギエフ・ポサート、スズダリ、ウラジミールの三都観光へ。その三都が環状に繋がっているため“黄金の環”と称されています。いずれもが中世の貴重な建築物が並ぶ世界遺産の古都で、教会文化全盛期の街並みが保存され、古きロシアの面影を今にとどめています。
 先ず向かったのが、セルギエフ・ポサート。モスクワから車で約2時間。街はロシア正教の聖地「トロイツェ・セルギエフ大修道院」を中心に、15〜17世紀のロシア文化の壮麗な建築物が集大成された形で広がっています。1345年に聖セルギー・ラドネジスキーによって創設された「トロイツェ・セルギエフ大修道院」。ロシア人が一生に一度は訪れるという聖地です。院内には「ウスペンスキー寺院」「トロイツキー聖堂」「ドゥホフスカ教会」などの教会群が美しく調和して建ち並び、黒衣を身にまとった信者が院内のあちらこちらで見られ、信仰心と教会文化が今も息づいていることを感じました。
 また、聖セルギーの聖水が湧き出す井戸では、多くの観光客がその聖水を求め列を成しています。何でもその聖水は難病を治す奇跡を起こすとのこと。僕たちの様子を見た老婆が、『私もその聖水を飲んで病を治しました。皆さんも是非飲んで行きなさい』とわざわざ声を掛け、薦めてくれました。ガイドさんも、『森喜朗元首相もこの聖水を飲んで病気を治しました』と聖水の奇跡について話してくれました。僕たちも我が身の健康と煩悩?!が払拭されることを願い、早速その聖水を飲んでみました。さて、その効果は如何に?残りはビンに汲み、日本に持ち帰って大切に保管してあります。
聖セルギーの墓所には彼の棺が安置してあり、信者達は代わる代わる彼の棺にキスをしています。女性はみな頭にスカーフを巻き、小さな子供までが大人に倣って棺にキスをし、十字を切る姿は敬虔にして、その信仰心は彼らの生活に深く根付いていることが分かります。
さて、この街は木彫りの民芸品、ことにロシアの代表的なおみやげ“マトリョーシカ”の産地としても有名です。これって、おみやげとしてつい手が出てしまうのですが、自分がもらったことを考えるとなぜか躊躇してしまうのですよね。


トロイツェ・セルギエフ大修道院全景

大修道院の入口

聖セルギー像

聖水の井戸

ウスペンスキー
大聖堂

堂内キリストの
イコン(聖画像)

礼拝堂

鐘楼

トロイツキー聖堂

ドゥホフスカ教会

昼食のレストラン

名物ペリメニ

 セルギエフ・ポサートを発って、次の街スズダリまで車で約3時間。車窓から見える風景はまさにロシアの大地そのものに、地平線の遙か彼方まで行く手を遮るものなく大草原が広がっています。山や丘陵が全く無いため見渡す限り平地が続き、景色のほとんどを大空が占めています。日本では味わえない開放感に充たされます。第2次世界大戦時、ドイツとソ連がこの大地を駆って大戦車戦を繰り広げたのでしょう。
 夕方、明日の訪問地スズダリに到着。この日は観光をせず、ホテル「ツアーセンターホテル・リザリット」に入り、荷を解きました。


スズダリまでこんな景色が永遠と続く

ホテル「ツアーセンターホテル・リザリット」

夕食は白身魚とやっぱり今日もポテト

ロシアでは車イス用トイレが空港や一部のホテルを除いてほとんど皆無です。一般のトイレは入口も、また個室もとても狭く、車イスのままトイレに入れないこともしばしばありました。そのため、青空の下でトイレをすることが何度かありました。“小”ならまだしも、“大”のときは困ってしまいますね。

※ホテル「ツアーセンターホテル・リザリット」は草原の中にひっそりと佇む、2階建ての静かで落ち着いたホテルです。部屋の窓からはスズダリの草原を眺めることができ、さながら高原のリゾートホテルに泊まっているような心地よさがありました。決して新しい設備のホテルではありませんが、割とバリアフリーが整っていて、スロープもあり館内は自由に動き回れました。

【8月26日】 スズダリ市内観光⇒ウラジミール市内観光⇒モスクワ⇒サンクトペテルブルグ
 スズダリ市内観光へ。世界遺産の街スズダリは、ロシアの原風景そのものに小川が流れ、のどかに広がる農村風景の中にひっそりと佇む小さな古都です。その風景は絵画的とも言える美しさです。この街にもクレムリン(城壁)に囲まれ、50におよぶ中世期の教会や修道院が建ち並んでいます。まるで街全体が博物館のようで、そこに立つと中世にタイムスリップしたような錯覚に陥ります。まるでお伽の国のようです。まずは、18〜19世紀に造られた教会や住居などの木造建築と農村生活を再現した「木造建築博物館」を訪れました。


スズダリの農村風景(1)

スズダリの農村風景(2)

木造建築博物館(1)

木造建築博物館(2)

木造建築博物館(3)

木造教会内(1)

木造教会内(2)

農家の生活(1)

農家の生活(2)

窓辺からの風景

民族楽器演奏会

民族衣装の女性

 続いて、青い丸屋根と黄金の門で有名な「ロジェストベンスキー寺院」、聖地スズダリの中心的存在で赤煉瓦の厳つい城壁に囲まれた「スパソ・エフフィミエフスキー修道院」を巡りました。いずれも、敷地の中に教会や聖堂が静かに佇み、見る者の心を和ませる美しい景観です。ちょうど「スパソ・エフフィミエフスキー修道院」を見学しているとき正午を迎え、院内の鐘楼が一斉に鳴り出しました。ここで、しばしのベル・コンサート。日本と違いハイトーンの乾いた鐘の音はロシアの原風景に融けこみ、澄み渡る青空に心地良く響き渡っていました。


ロジェストベンスキー寺院

金の彫金による黄金の門

右手は府主橋宮殿

スパソ・エフフィミエフスキー修道院の城壁

城門

城のアーチからの眺め

スパソ・プレオブラジェンスキー聖堂
ベル・コンサートの行われた鐘楼

昼食はポークとジャガイモの壺焼き

 昼食後、周遊最後の街ウラジミールへ。12世紀半ばにウラジミール・スズダリ公国の首都として繁栄した街です。ここウラジミールを代表するのが聖人アレクサンドル・ネフスキーの棺が安置されている「ウスペンスキー大聖堂」。モスクワやセルギエフ・ポサートにある同名寺院のモデルになったそうです。石灰岩を用いた白壁に金色の丸屋根が映えていました。


ウスペンスキー
大聖堂(1)

ウスペンスキー
大聖堂(2)

ウスペンスキー
大聖堂(3)

ドライバーさんも
ひと休み(^。^)

 これにて“黄金の環”三都周遊旅行は終了。僕たちは一旦モスクワに戻り、寝台列車で最後の訪問地サンクトペテルブルグに向かいます。日曜日の帰省渋滞につかまり、通常なら3時間で戻れるウラジミール→モスクワ間を5時間以上も掛け、モスクワでの夕食もレストランの閉店間近に飛び込んで摂る始末。なんといっても、列車の時刻が決まっていますから。夕食もそこそこにサンクトペテルブルグへの始発駅レニングラード駅へ。
 ところで、ロシアの鉄道駅でユニークなのが、終着地の地名が出発地の駅名になるということです。ですからモスクワにはモスクワ駅はなく、今回のようにサンクトペテルブルグに向かう場合、モスクワにあるサンクトペテルブルグ駅(表記はレニングラード駅)と言うことになります。逆にサンクトペテルブルグからモスクワに向かう場合は、サンクトペテルブルグにあるモスクワ駅ということになります。面白いですね。

 寝台列車「グランドエクスプレス号」は約9時間かけてモスクワとサンクトペテルブルグを結んでいます。午後11時40分、レニングラード駅を出発。僕たちの乗った1等車は2名一室のコンパートメントスタイルの客車で、室内にはテレビやLANケーブルなど近代的な設備もあり予想以上に豪華な作りでした。また、軽食の無料サービスがあり、朝、到着前にはコーヒー・紅茶のサービスもありました。ただし、室内はかなり狭く、スーツケースや車イスを入れると、ほとんど身動きできないほどです。座席がベッドになるわけですが、僕たち日本人でもキツキツなのに身丈高のロシア人はどうやって眠るのかと思ってしまいます。ともあれ寝台列車なんて中学生以来ですから、なんだか嬉しくて、なかなか寝付けません。恥ずかしながら興奮の体であります。


グランドエクスプレス号(1)

グランドエクスプレス号(2)

コンパートメント内
(わりと豪華)

 ところで、寝付けないのにはもう一つ理由があって、2週間ほど前、まさに今回僕たちが乗ったこの鉄道で爆破テロが発生し、70〜80名の乗客が負傷する事故が起きていました。無事サンクトペテルブルグに着くまでこの件について話すまいと口をつぐんでいましたが、気にしないようにしても頭の片隅から離れず、微妙な揺れや異音がするとドキッとして起きてしまい、それが気になってもうひとつ寝付けませんでした。どうやらツアーのみんなも思いは一緒のようで、無事サンクトペテルブルグに着くまでは誰もこの件について話しをせず、サンクトペテルブルグに着くや異口同音に語り出すところを見ると、少なからず心に引っかかっていたと思われます。
 ともかく翌朝8時30分、無事、サンクトペテルブルグの“モスクワ駅”に到着し、ホッと一安心です。

寝台列車は件の通りコンパートメントスタイルですから車両の片側が通路、片側が個室になっています。通路は狭く、飛行機内で使うアイル・チェアーでないと通路を通ることができません。僕は車両に乗り込んだあと車イスを降りて客室まで移動しました。トイレは車両の両端にありますが、かなり狭いです。

【8月27日】 サンクトペテルブルグ市内観光
 駅を降りると外はモスクワと一転して、吐く息が白く見えるほど寒さが厳しく感じられました。気温は15℃ぐらいでしょうか。すかさずセーターを着込むほどです。
 さて、ここサンクトペテルブルグでもリフト付のバンが用意され、モスクワ同様にロシア人ガイドが僕たちを出迎えてくれました。モスクワのガイドもそうでしたが、サンクトペテルブルグのガイドも日本語を流暢に話します。国も外貨獲得のため観光に力を入れ、また日本人観光客を相手にする仕事の需要も増えているため、こうした日本語を話すガイドが増えていると聞きました。今回は女性のガイドさんでしたが(モスクワは男性ガイドでした)、日本へ語学留学していたこともあり、そのとき得た知識や経験が今役に立っているそうです。とても素敵なガイドさんでした。
 駅のすぐ前にあるホテルで朝食を取り、市内観光に出発しました。ロマノフ王朝の栄華と文学、芸術に彩られた幻想都市サンクトペテルブルグ。18世紀、ピョートル大帝が幾多の歳月をかけて築き上げた新都サンクトペテルブルグは、1918年に起こったロシア革命まで帝政ロシアの首都として歴史に名を留めています。その名は“聖人ペテロの街”にちなんで名づけられました。街には65の運河が流れ365の橋が架かり、水面に映る風景は美麗を極め“北のヴェニス”と称されるのも頷けます。
 今日はサンクトペテルブルグの市内観光、明日はエカテリーナ2世の「エカテリーナ宮殿」とピョートル大帝の「夏の離宮」観光、最終日は世界屈指の美術館「エルミタージュ美術館」を見学します。そして、ロシア最後の晩はスペシャルプランとして、本場ロシアのバレエ団による「白鳥の湖」鑑賞とロシア旅行の掉尾を飾るにふさわしい演出が待っています。

 市内観光は、ニコライ1世の騎馬像が建つ「イサーク広場」から始まりました。目の前に天を貫くように建つ「イサーク大聖堂」が圧倒的なスケールを誇っています。広場には観光客を相手に帝政時代の宮廷衣装を着たモデルが100ルーブルで記念写真に収まってくれます。こうしたモデルはこの後訪れたエカテリーナ宮殿にもいて、これが結構商売になるようです。でも僕たちの様子を見ると無料で写真に収まってもくれましたよ。
 続いて、デカプリスト広場に建つピョートル大帝の像「青銅の騎士像」、アレクサンドル2世が暗殺された現場跡に建てられた古代ロシア風の教会「血の上の教会」(スパース・ナ・クラヴィー大聖堂)を見学。その由来から“血の上の教会”とも呼ばれています。モスクワで見た「聖ワシリー寺院」に似たカラフルなタマネギ型の屋根が美しく、外壁を彩るモザイクが華麗にて眩いばかりです。 


ニコライ1世騎馬像

イサーク大聖堂(1)

イサーク大聖堂(2)

青銅の騎士像

血の上の教会
三景:昼

血の上の教会
三景:夕

血の上の教会
三景:夜

 昼食後、街を流れるネヴァ川からの眺めを楽しみました。川の両岸には帝政時代の建物が美しいシルエットを描き、とりわけ目を引くのが、対岸に見えるかつてのロマノフ王朝の宮殿であり歴代皇帝の住まいでもあった壮麗な「エルミタージュ宮殿」(現在はエルミタージュ美術館)です。絢爛豪華な宮殿が水面にその姿を映しだし、皇帝の住まいであったエルミタージュ宮殿より高い建物を建てることができなかったため、一定の高さで河岸に整然と並ぶ建物群は壮観にして印象的な眺めでした。モスクワに比べサンクトペテルブルグの方が断然美しい街並みを擁し、かつての栄華と歴史が肌に感じられました。
 夕方、ホテル「プルコフスカヤ」に入り、サンクトペテルブルグの初日は幕を降ろしました。


ネヴァ川からの
美しい眺め


右手の建物が
エルミタージュ美術館

ロストラの灯台柱
(海戦勝利記念)

ホテル
「プルコフスカヤ」

サンクトペテルブルグで利用した車

昼食をとったホテル「ノヴォテル」は最新ホテルとあってバリアフリーが整い、車イス用トイレもありました。街の中心地に位置し立地も良いので、今後、バリアフリー・ツアーの宿泊ホテルとして利用して欲しいです。

ホテル「プルコフスカヤ」は中心地からやや離れた、サンクトペテルブルグ国際空港に近い大型ホテルです。周りはスーパーマーケットや一般住宅があり、決して景観に優れているとは言えません。但し、入口にスロープがあり、また館内のレストランも随所にスロープが設置されるなど使いやすいホテルでした。

「血の上の教会」周辺はスリ・ひったくりのメッカだそうです。特に自転車に乗った子供は有名なスリとか。この日も僕の廻りでウロウロしていました。要注意ですよ!

【8月28日】 「エカテリーナ宮殿」とピョートル大帝「夏の離宮」観光
 市内から車でおよそ40分。サンクトペテルブルグに隣接するプーシキン市にエカテリーナ女帝の夏の宮殿「エカテリーナ宮殿」があります。18世紀初頭ピョートル大帝の皇后エカテリーナ1世のために建てられた宮殿で、その後エカテリーナ2世がさらに増改築し、より豪華な宮殿となりました。サンクトペテルブルグにある冬の宮殿「エルミタージュ宮殿」(現エルミタージュ美術館)同様、イタリアの建築家ラストレリにより建てられ、ロシアバロック様式の建物は端から端まで300メートル以上あるといわれます。外観は青と白と金の彩りに飾られ、純度の高い金が多く使われた内外装は見事なまで贅の限りを尽くしています。
 さて、この日は一般参観がお休みとかで、一部のツーリストのみに入場が開放されていたため、敷地内も、また宮殿内もゆったりと見学することができました。宮殿内はエレベーターなどありません。階上の見学ルートに行くためにはその階段を上がらなければなりません。そこで、階段を持ち上げるためだけに現地旅行会社が屈強なロシア人サポートを4〜5人手配し、彼らが階段の上り下りを手伝ってくれました。


こんな感じで持ち上げてもらいました

 ここでもカメラ撮影券が必要となります。受付を済ますと見学者は館内の床を痛めないように、ビニールの靴袋を履かされます(車イス利用者は不要)。
 それにしても内装の見事なこと。金箔と鏡で埋めつくされた「大広間」や内装全てに琥珀が使われた「琥珀の間」など、世界中から注目を集めた贅沢な部屋が次から次へと連なり、なかでも「大広間」は、ロシアに漂着した大黒屋光太夫がエカテリーナ2世に謁見した間としても知られています。エカテリーナ2世が愛して止まなかったこの宮殿は、ロシア女帝の権威に満ちています。これだけ贅を尽くしていた特権階級たる貴族が、被搾取階級たる農民や市民によって革命を起こされるのも当然の成り行きかもしれません。


紋章「双頭の鷲」

宮殿外観(1)

宮殿外観(2)

宮殿外観(3)

正面階段

大広間

贅を尽くした装飾

眠れる天使像

琥珀の間(1)

琥珀の間(2)

エカテリ−ナ2世
肖像画

ピョートル大帝
肖像画

 「エカテリーナ宮殿」の見学を終え、次の訪問地、ピョートル大帝「夏の離宮」に向かいました。「エカテリーナ宮殿」から車で約1時間。ペトロドヴァレツ(「ピョートルの町」という意味)の地に「夏の離宮」はあります。
 1714年、ピョートル大帝がヴェルサイユ宮殿をモデルにした離宮はフィンランド湾に面して建ち、広大な敷地には大滝となって湾に流れ込む150もの噴水が点在しています。まずは宮殿内の見学へ。内部は「エカテリーナ宮殿」とほぼ同様に絢爛豪華な装飾と調度品で飾られた部屋が続きます。でもここで有名なのが庭園に広がる無数の噴水と、その噴水から噴き出した水が織りなすアンサンブルの美しさに尽きるでしょう。それら噴水と金色に輝く様々な彫像、そして美しい木立と季節の花々が競演し、素晴らしい庭園美を構成しています。

「エカテリーナ宮殿」には車イス用トイレがありましたが、「夏の離宮」にはありませんでした。


☆美しい噴水庭園、とくとご覧下さい!☆


居合わせた貴族!?
と記念撮影

右はロシア人の
現地ガイドさん

 この日の夕食は「血の上の教会」横にあるレストラン「サンクト・ペテルブルグ」で、ロシア民族舞踊ショー(フォークロアショー)を楽しみながらとりました。夜9時から始まったショーは、男性歌手と男女8人ほどのダンサーたちが代わる代わる衣装を替え、ステージ狭しと躍動的な民族舞踊を披露してくれます。特に女性ダンサーの可愛くて綺麗なこと。オマケにスタイル抜群ですから、男性諸氏の目尻が下がりっぱなしなのはいうまでもありません。


☆ロシア民族舞踊ショー。とにかく可愛らしくて綺麗な方ばかりでした☆

【8月29日】 「エルミタージュ美術館」終日見学
 サンクトペテルブルグ観光を含めロシア旅行の観光スケジュールも今日が最後です。今日はロシアが世界に誇る屈指のギャラリー「エルミタージュ美術館」を一日かけて見学します。
 「エルミタージュ美術館」はネヴァ川の河畔、「アレクサンドルの円柱」が立つ「宮殿広場」に面し、その華麗なる姿は私たちを魅了します。かつて、歴代のロシア皇帝の住居として使われていたところであり、前述の「夏の離宮」に対し「冬の宮殿」と呼ばれ、1764年、エカテリーナ2世によって“エルミタージュ(隠れ家)”と名付けられました。
 館内はロマノフ朝時代の権力の結晶として、古代エジプトのコレクションから20世紀ヨーロッパの巨匠の作品まで(ダ・ヴィンチ、ラファエロ、ベラスケス、ピカソ、マティスなど)、収蔵品は300万点を超えると言います。ガイドさんの話では、作品一点に付き30秒ずつ鑑賞して、寝ずに3年かかるそうです。館内は珠玉の作品もさることながら、豪華極まる室内装飾や調度品の数々に目を奪われること必至で、たった1日では代表的な作品を駆け足で見るのがやっとでした。


宮殿広場(1)
(エルミタージュ美術館)

宮殿広場(2)
(旧参謀本部)

旧参謀本部から
美術館を望む

宮殿広場(3)
(エルミタージュ美術館)

大使の階段上

ピョートル大帝の間

王座

華麗な天井画

ラファエロの回廊


☆エルミタージュ美術館展☆

館内は近代的な作りに内装されており、バリアフリーな作りになっています。エレベーターを利用すれば各フロアーはフラットですし、車イス用トイレもありました。


 さて、ロシア旅行最後の晩はスペシャル企画として、バレエ「白鳥の湖」を鑑賞しました。これは元々このツアーに組み込まれていたものではなく、希望者を募ってのオプショナル・ツアーです。
 バレエはルネッサンス期にイタリアで誕生し、ピョートル大帝の時代にロシアにもたらされた舞台芸術です。世界的に有名なチャイコフスキーの三大バレエ「白鳥の湖」「眠りの森の美女」「くるみ割り人形」もこの街で生まれ、バレエの殿堂「マリインスキー劇場」もここサンクトペテルブルグにあります。
 今回は1833年に宮廷劇場として建造された「リムスキー・コルサコフ記念劇場」で「リムスキー・コルサコフ国立バレエ団」による「白鳥の湖」を鑑賞しました。劇場は宮殿のように豪華なマリインスキー劇場と違い、どちらかというと簡素な作りです。また、決して一流とは言い難いバレエ団でしたが、芸術の都サンクトペテルブルグで本場ならではの興奮と感激が味わえるならば、これ以上の贅沢はありません。哀愁豊かなチャイコフスキーの音色にのせ、これまで辿ってきたロシア各地の風景が一コマ一コマ叙情的に思い起こされ、ロシア旅行の掉尾を飾るにふさわしい最高の思い出を演出してくれました。
 ただ気になったのが、上演中にも拘わらずフラッシュ撮影をするお客さんがいたこと。そのほとんどが外国人観光客のようでしたが、出演者に対するマナー欠如は恥ずかしい限りでした。


バレエ『白鳥の湖』(第1幕より)


劇場外観

ロビー

ホール内

オーケストラピット

ステージ

劇場には車イス用トイレはありません。また、劇場に入ると長い階段があるため、今回も2名のサポートが付き、階段を持ち上げてくれました。本当に助かりました。なお、バレエ鑑賞は送迎付きで1人150ドルでした。

【8月30日・31日】 サンクトペテルブルグ⇒モスクワ⇒成田
 ロシア旅行の観光スケジュールも昨夜のバレエ鑑賞で全て終え、今日は日本へ帰国の日となりました。ホテルを発ってサンクトペテルブルグの空港から国内線に乗って一旦モスクワに戻り(空路で約1時間半)、夕方5時過ぎのJAL便で日本に帰国しました。翌31日、朝8時過ぎに無事、成田空港に到着し、ロシア旅行は終わりを告げました。




 さて、ロシア旅行を終え、ロシアのバリアフリーについて少しお話しします。結論から言うとロシアのバリアフリーはこれまで訪れた国の中でも大分遅れていると言えましょう。歴史的建造物は、館内はもとよりその入り口からして段差がルートを阻み、立ち寄ったレストランでさえもフラットに入れたところがないほどです。少なくとも僕たちが泊まったホテルにはバリアフリールームさえありませんでした。かつてここまでバリアを感じたことがありません。
 特にトイレが今回の旅では大きなストレスになりました。もともと諸外国において公共のトイレは日本と比べて大変少なく、外出したときはレストランやホテルのトイレを利用することになりますが、今回はそうした場所でもトイレが使えないケースがありました。そもそもロシアでは車イス用トイレという認識が薄く、一部の新式のホテルや「エカテリーナ宮殿」「エルミタージュ美術館」など世界的に有名な建物を除いて車イス用トイレを見かけることがありませんでした。また、一般のトイレがあっても入口が狭くて入れないこともあり、かりに中に入れたとしても今度は個室の入口が狭いため車イスで便器に近づくことができません。結局、トイレを断念したこともありました。また、前述したように車イス用トイレはあっても鍵がかかっていることが多く、近くに声を掛けられる人がいれば鍵を開けてもらえますが(もちろん、通じたらの話しですが・・・・)、いない場合はせっかく車イス用トイレがあっても使えないと言うことになります。大都市モスクワがそうですから、“黄金の環”と呼ばれる地方都市など皆無に等しいわけです。モスクワに比べ、サンクトペテルブルグの方がわずかながらバリアフリー設備のある建物が多かったように思いました。
 いずれにしても、観光施設では車イス用トイレはおろか一般のトイレも少ないのが現状です。僕たちにとってトイレの有無、トイレ利用の可否が外出する際の重要なポイントになるため、残念ながらここロシアでは旅行中にこれまでないほどトイレを気遣うことになりました。同時に、日本がバリアフリーの点では如何に進んでいるかも再認識しました。ヨーロッパでもスイスのようにバリアフリーが大変進んでいる国もあります。10年後?!のロシアに期待しましょう。




 ところで、ロシアの食事についてですが、ホテルで食べる朝食はどの国も一緒で決して美味しいものではありませんが、観光の途中で寄ったレストランの食事はどれも美味しく食べられました。食材を活かしたボルシチ・ピロシキ・ビーフストロガノフ・ペリメニ(水餃子)・鶏肉のカツレツ、そして食後のデザートに出るアイスクリームなどロシア料理は日本人の味覚を充分満足させてくれる美味しさでした(パンはもうひとつだったかな)。また、セットメニューの場合、ミネラル水や食後のコーヒー・紅茶が他のヨーロッパ諸国では別料金になりますが、ロシアではセットに含まれていますので割安感があります。もちろん、ロシアの水道水は臭くて飲めたものではありません。ミネラル水が必需品になりますが、レストランに行く度に持ち帰えることができますので街で買う必要がなかったほどです。




 1991年の“ソ連邦崩壊”に伴い、新しく生まれ変わったロシア。開放政策による近代国家への移行は中心街の賑わい、スーパーマーケットでの豊富な品揃え、日本や欧州の高級車が走る様を見る限りその進捗は見られますが、中心街を離れたところにある住宅地や地方都市では、いまだ廃墟とおぼしき建物が連なり、所得格差が産んだ貧富の差は歴然と残っています。それでも、ガイドさんによると『ソ連邦崩壊後、社会体制のドラマチックなまでの変革は人が人として生きる喜び、そして“自由”というこれまで感じることのなかった概念に当初戸惑うことはあっても、いまはその言葉の意味を理解し、いかに自由であることが素晴らしいかを体感しています』と話してくれました。この感覚は僕たち日本人には理解しがたいものですが、ときに見せる彼らの笑顔にその意味が隠されているように思いました。
 どこまでも果てしなく続く大草原、まるでタイムスリップしたかのように錯覚する古きロシアの街角、そこで出会った人たち、そのどれもが忘れがたい思い出となるロシアの旅でした。
 最後にロシアが生んだ偉大な詩人アレクサンドル・プーシキンが古都サンクトペテルブルグで詠んだ詩をもって旅行記を閉じたいと思います。


我々がヨーロッパへの窓を開け 
海辺にしっかりと足をふまえて立つのはここだ・・・・
やがて色とりどりの旗をかざした客人たちが
未知の怒濤を越えてここにやってくる・・・・

私は愛する
ピョートルの創れるものよ
力に満ちたネヴァの流れを
その岸の御影石を・・・・
ピョートルの街よ、美しくあれ
ゆるぎなく立て、ロシアのように・・・・