クロアチア旅行記 




2010.8.7〜8.15

主催:クラブツーリズム バリアフリー旅行センター




行程表はこちら



  



 2年ぶりの海外旅行。その旅先に選んだのは、世界遺産にも登録される中世の街並みが、時を超え今なお残る国、クロアチア。そこは風光明媚な自然の景観にあふれる国でもありました。

 旅行日数は9日間。クロアチア国内の観光スポットをバスで巡りながら、また、後半1日だけ隣国モンテネグロの街も訪れました。旅行中、一日として雨に降られることなく晴天に恵まれ、また、気温は連日30℃を超える毎日で外に出ると直射日光が肌を刺すように照りつけてきますが、一歩日陰に入ると涼しい風が吹き抜ける地中海特有の気候に恵まれ、9日間、快適に旅することができました。

 さて、クロアチアは東ヨーロッパ、バルカン半島の付け根に位置し、アドリア海を挟んだ対面にはイタリアがあります。しかし、一般にクロアチアと聞いてもピンとこない人がほとんどかと思います。総合格闘技のミルコ・クロコップやサッカー・ワールドカップでかつて日本代表とも戦ったことがある国として聞き覚えがある程度で、かくいう私もその一人でした。しかし、調べてみれば「東方見聞録」を書いたマルコ・ポーロや101匹わんちゃんに出てくるダルマチアン犬、またネクタイの発祥地として割と身近にその国を知ることができました。

 しかし、クロアチアの名を歴史にとどめる最大の事柄は、1990年代に起きた歴史上稀に見る惨劇と言われた独立戦争がその最たるものでしょう。クロアチアはかつてユーゴスラビア連邦のひとつに属していましたが、1990年に起きた独立戦争(ユーゴスラビア紛争)では民族・宗教を巻き込んだ、血で血を洗う凄まじい戦争にまで発展しました。その爪痕は今も旅先で時折見ることがありましたが(民家の壁に銃弾が撃ち込まれた痕が今も残っていました)、独立後は修復が進み、20年の歳月を経てクロアチアはバルカン半島屈指の観光地として世界各国から観光客を迎え入れるまでに復興しました。

 未だ戦争中に埋められた地雷が撤去されていない危険地帯も残っているそうですが、少なくとも観光地に関しては戦争の傷跡も癒え、私たちも何ら命の危険を感じることなく安全・快適に旅することができました。かつての悲劇を過去の一事象として忘却の彼方に押しやって、今この地を旅することができる、そのこと自体が実は平和の証であり、同時に平和の尊さを感謝する旅にもなりました。



【8月7日】 成田→クロアチア・ザグレブ
 クロアチア旅行の参加者9名、そして添乗員とサポーターを含む一行11名を乗せたJALチャーター便は、クロアチアの首都ザグレブに向け大空に飛び立ちました。今回はクラブツーリズムが航空機一機を丸ごとチャーターしたため、機内の乗客はみなクラブツーリズムのツアー参加者という珍しいものでした。また、クロアチア直行ですので、12時間の長いフライトですが乗り継ぎがない分、時間的にも体力的にもロスがなく済みました。

 現地、夕方過ぎ、日本でいえば地方都市にある小さな空港にしか見えないザグレブの空港に無事到着。この日は他に予定もなく、空港から直接ホテルに向かいました。

 ホテルはザグレブの中心地から離れたところにある「Four Points by Sheraton Zagreb」。近代的な高層ホテルですが郊外の一般居住地に位置し、ホテル周辺は夕方であっても人通りもまばらで閑散としています。ホテル周りの景色もどこか物寂しく、ホテルに隣接する工場跡地に今も残る巨大な煙突が旧社会主義国を彷彿とさせます。長い空の旅を終え、この日は明日から始まるクロアチア周遊に備えて早めに休むことにしました。

   



【8月8日】 ザグレブ市内観光
 クロアチア周遊の旅、その第一日目が始まりました。ところで、今日から私たち11名の他に現地サポーターが1名加わり、以後、最終日まで総勢12名で旅をすることになりました。

 さて、今日はクロアチアの政治・経済・文化の中心でもある首都ザグレブの市内観光です。旧市街と新市街が混在する街で、街の中心には市民の憩いの場となっている公園が点在し、またヨーロッパ特有の大きな広場を取り囲むようにして古い建物群やネオ・ゴシック様式の教会など数多くの文化遺産が建ち並ぶ中世の面影が私たちをいにしえの時空間に誘ってくれます。

 もともと人口が少ない上、ちょうど私たちがこの街を訪れたのが日曜日ということもあり、またバカンスの時期とも重なっているため目抜き通りにあるお店のほとんどが閉まっていました。そのせいか街は静かで落ち着いた雰囲気に満ちています。

 散策は旧市街を中心に、13〜18世紀にかけた建てられた二つの尖塔を持つネオ・ゴシック様式の「聖母被昇天大聖堂」、同じく13世紀に建てられた屋根のデザインがおしゃれなゴシック様式の「聖マルコ教会」、かつての大火で街がほぼ焼失するなか灰の中から無傷で見つかったマリア像を掲げてある「石の門」、“ザグレブの胃袋”とも呼ばれ新鮮な野菜や果物が並ぶ「ドラツ青果市場」、旧市街と新市街を結ぶ走行距離わずか66m、乗車時間たったの30秒という世界一短いケーブルカー「ウスピニャチャ」に乗車するなど、ほぼ一日かけてザグレブの街を散策しました。

 こうした街の景観、そして石畳、街中を走るトラム(路面電車)、果物や野菜を売る青空市場、またヨーロッパの街でよく見かける壁に書かれたいたずら書き・・・・、これらを見ているとヨーロッパに今いることを実感します

聖母被昇天大聖堂

      

         

聖マルコ教会

      

マリア像(石の門)/ドラツ青空市場

      

      

ウスピニャチャ/ホテル「Four Points by Sheraton Zagreb」

   



【8月9日】 ザグレブ→プリトヴィッツェ(プリトヴィッツェ湖群国立公園観光)
 ザグレブを発って、今日はユネスコの世界遺産に登録されているプリトヴィッツェ観光へ。ザグレブからバスに揺られること約3時間、プリトヴィッツェ湖群国立公園に到着です。

 高低差のある台地を階段状につなぐ美しい湖と無数の滝に囲まれ、“水の芸術”とも呼ばれるプリトヴィッツェ湖群国立公園はヨーロッパ屈指の自然美観の宝庫で、世界でも類を見ない美しい景観美をつくり出しています。公園にはいくつものルートで遊歩道があり、一般的には湖に沿ったルートを通りますが、私たち車イス利用者は湖や滝を上から眺めるルートを通りました。もちろん、そこからもエメラルドグリーンやコバルトブルーに彩られた湖や数多の滝が織りなす自然美観を見ることができますが・・・・、残念ながら車イスで通るには極めて悪路と言って過言ではありません。

 その遊歩道は全く舗装されてないデコボコ道で、随所に上り下りの急勾配もあり健常者でも歩きにくいほどです。今回、男性添乗員と男性サポーターさん2名が交替々で車イスを押してくれましたのでどうにか回ることができましたが、かなりの悪路であることは間違いありません。通常、健常者が15〜20分で歩く距離を私たちは1時間ほどかかってしまいました。もちろん、雨でも降っていたら回ることはできないでしょう。世界遺産に登録されているため施設や設備の改善が容易にできないそうですが、せめてその遊歩道だけでも舗装されていればずいぶん助かると思います。

 しかし、サポーターさんのご尽力と何よりお天気に恵まれたこともあって、緑豊かな公園で山の新鮮な空気を胸いっぱいに、湖と滝が織りなす“水の芸術”を存分に堪能することができました。公園散策を終え、この日はブリットヴィッツェ国立公園内にあるホテル「Jezero」に宿泊しました。森の中にあるロッジ風のホテルで、ベランダからは今散策を終えたばかりの深い森を見渡すことができます。

ブリットヴィッツェ国立公園/ホテル「Jezero」

      

      



【8月10日】 プリトヴィッツェ→シベニク(市内観光)→スプリト
 今日はプリトヴィッツェを発ち、途中、アドリア海沿岸に位置するシベニクの街に立ち寄りながらスプリトの街に向かう行程です。シベニクの街も旧市街の散策が中心となりました。うっかりすると迷子になってしまいそうな狭い路地が迷路のように張り巡らされた中世の街並み。そこを歩いていると、ひときわ大きく目に飛び込んでくるのが世界遺産に登録されている「聖ヤコブ大聖堂」です。ゴシック様式とルネサンス様式が見事に融合した石造建築の教会としては世界で一番大きいカトリックの大聖堂です。独立戦争の際、砲撃によりその大部分が瓦礫と化したそうですが、その後、信者や市民による修復が成され、今ではかつての優美な姿を旅人の目に映しています。

 シベニクの観光を終え、夕方、スプリトに到着しました。この日の予定はこれで終了。スプリトの郊外にあるホテル「Le Meridien Lav, Split」に入りました。ホテルは洗練されたデザインのリゾートホテルで、海岸沿いという立地を生かしたプライベートビーチのほか、室内温水プールやトレーニングジム、スパ浴槽、そしてカジノまで揃ったリゾートホテルです。テラスから眺めた、アドリア海の水平線に今まさに沈まんとする夕陽があたり一面を朱色に染める、その一瞬の美しさが今も忘れられません。

プリトヴィッツェからシベニクへの道のり

      

シベニクの街並みと聖ヤコブ大聖堂

      

       

         

シベニクの海岸通り

      

ホテル「Le Meridien Lav, Split」(スプリト)

      



【8月11日】 スプリト→トロギール(市内観光)→スプリト(市内観光)
 今日はスプリトを発って、一旦隣街のトロギールに向かい市内観光、そしてスプリトに戻ってスプリトの市内観光です。まず向かったのがスプリトからバスで小1時間の隣街、古都トロギール。ギリシャ時代の植民地に街の起源をさかのぼるトロギールは、小さな島の中に街があり、街全体が城壁に囲まれています。そして、長崎の出島のようにその島と本土が一本の橋によって結ばれています。もともとは陸続きにあったこの街を敵の侵略から守るため人為的に水路で大陸と隔て、島を城塞化したそうです。

 本土側から橋を渡って島の城門をくぐると、そこには石畳と細い小径が入り組む旧市街が広がっています。その旧市街には古代ギリシャや古代ローマ、そしてアドリア海を挟んで対岸にあるヴェネツィア共和国の影響を受けた数々の歴史的建造物(宮殿、教会、塔など)を見ることができます。そこに立つと中世の時代にタイムスリップしたような錯覚にとらわれます。それも旅の醍醐味ですね。

トロギールの街並み

         

      

 午前中、トロギールの観光を終え、昼食をとってからスプリトに戻り市内観光に向かいました。アドリア海沿岸に面したクロアチア第二の都市で、リゾート地としても人気を博しています。

 街の中心にはかつてローマ皇帝ディオクレティアヌス帝が退位後に住んでいたと言われる「ディオクレティアヌス宮殿」があります。そして、この宮殿の珍しいところが、ディオクレティアヌス帝亡き後、宮殿内に一般の住民が住み着き、それが今もなお続いているところです。古代ローマ時代の皇帝居住地が今では住民たちの居住区として、また、カフェやレストラン、様々なギフトショップも軒を並べ、そこは古代と現代が渾然一体となって同居する特異な空間になっています。とはいえ、目に見るもの、手に触れるもの全てが古代ローマ時代の遺跡かと思うと感慨深いものがあります。

 私たちはフラットに見学ができる宮殿の地下を見て回りました。その地下には空間がいくつもあります。その空間はかつて皇帝が様々な用途に使っていた部屋の跡地ですが、この空間が実は長年にわたりそこに住む住民たちのゴミ溜めとして使われていて、その溜まったゴミが隙間なく空間を埋め尽くしていたことで空間の壁が空気に触れず腐食から護られ、結果、古代ローマ時代の遺跡が現在まで原形を保って残されていたというから不思議な話です。

スプリトの街並み

      

      

         

 ところで、スプリトは湾岸リゾート地として人気が高く、港にはヨットからクルーザーまで大小様々なプレジャー・ボートが繋留されていました。そのほとんどがヨーロッパ各地からマリンスポーツを楽しみにやってくる、いわゆる“セレブリティ”と呼ばれるお金持ちのだそうです。その言葉どおり本当のセレブたちで、われわれ日本人が想像するお金持ち(=成金?)とはその格もステータスも違うようです。ヨーロッパの古い家柄の、たとえば貴族などがそれにあたるのでしょうね。

 アドリア海に降り注ぐ目映いばかりの陽射しを体いっぱいに受け、マリンスポーツにいそしむ彼ら。それに対し、あくせく働いてようやくお休みを使い果たして海外に出かけ、それこそ運動会のムカデ競走のように添乗員の掲げる旗を目指して足並み揃え名所旧跡を一陣の風の如く過ぎ去っていく日本人。僅かな休みに貯金・体力・気力の一切をつぎ込んで、ヘトヘトになって日本に戻っていく、その繰り返しで一生を終えてしまう日本人。彼らのことを羨ましいと思うより、そのギャップがいささか虚しく思えてしまうのは私だけでしょうか。楽しむために働く彼らと、働くために生きている私たち、同じ一生を送るのにどちらが人間らしい生き方か、彼らを見ているとフトそんなことを思ってしまうのであります。



【8月12日】 スプリト→ドブロブニク(市内観光)
 クロアチアの旅も後半に入り、いよいよこの旅のハイライト“アドリア海の真珠”と称され、風光明媚な景勝地としてクロアチア一の人気を誇るドブロブニクの観光に向かいました。

 クロアチア最南端に位置するドブロブニクは、13世紀以降に地中海交易の拠点として発展した歴史のある街です。もちろん、現在は世界遺産に登録される由緒ある街ですが、独立戦争の際にはこの街も甚大な被害を被り、“世界遺産”どころか“危機遺産”として登録される不名誉な歴史をもっています。戦後は国をあげて修復が進められ、かつての優美で由緒ある面影を取り戻し、今ではヨーロッパ各地から(もちろん日本からも)観光客が訪れるようになりました。

 城壁で囲まれた旧市街は、中世期以降にゴシック様式、バロック様式、ルネサンス様式を融合して建てられた容姿端麗な教会をはじめ、寺院や宮殿など歴史的に価値のある建造物が建ち並び、目抜き通りの両側には様々なショップやカフェ、レストランが軒を並べ訪れた観光客で大いに賑わっていました。

 煉瓦色の屋根瓦と白い壁の家が美しく映える街並み、そして目前に広がるアドリア海の碧い海と澄んだ青空、それらが一体となってこの美しい景観を構成しています。これこそが“アドリア海の真珠”と讃えられるドブロブニクの所以なのでしょう。

 明日はいったんクロアチアを離れ、隣国モンテネグロの観光となります。ドブロブニクの魅力を知るにはたった一日の観光ではもの足りませんが、旅行最終日のフリータイムにもう一度ドブロブニクを訪れることができますので、旅の続きは明後日のお楽しみとして、この日はドブロブニクの郊外にある瀟洒なホテル「Dubrovnik Palace Hotel」に入って一日を終えました。

 このホテルもスプリトのホテルと同じく海岸沿いに立地しているため、客室のバルコニーからはアドリア海の素晴らしい眺望を満喫することができました。

スプリトからドブロブニクへの道のり

      

   

ドブロブニクの街並み

      

              

         

      

ホテル「Dubrovnik Palace Hotel」

      



【8月13日】 ドブロブニク→モンテネグロ・コトル(市内観光)→ブドヴァ(市内観光)→ドブロブニク
 今日はドブロブニクから、一路、国境を越え隣国モンテネグロの港街コトルとブドヴァの市内観光に向かいました。このコトルとブドヴァの観光は、たいていのクロアチア観光には組み込まれている定番コースのようです。ちなみにモンテネグロは通貨がユーロに替わりますので、事前にユーロをお持ちになることをお薦めします。

 ところで、ヨーロッパを旅していると時に国境を越えて観光することがあります。国境を越える際には、当然ですが出国、入国それぞれで検問所を通過しなければなりません。検問所にいる職員たちはほとんどが拳銃やライフルを所持し、体つきも顔つきもガッシリとして、眼光も鋭く、観光地とは全く違って言いしれぬ緊張感が辺りに漂っています。自由気ままな旅の空と呑気に旅をしている私も、このときだけは何となく身の引き締まる思いをするものです。

 そして検問所を通るたびにいつも思うことは、そこから見渡せる山や丘、その上に互いに接し合う国と国を分けるための境界を表すいかなる線も見ることはできません。それはあくまでも二つの国の人間が意図的に引いた境界に過ぎません。しかし、その境界が元で二つの国が互いににらみ合い、憎しみ合い、果ては殺し合いにまで発展することがあります。いわば人間のもつ“欲望”から派生したこの境界が、領土、領海、または領空という概念によって自らを自縛せしめることにもなっています。この地球に大地や海、山、川、野を創った創造主は、そこに自己顕示欲の表れとして境界を引き、それを元に争いまで引き起こす人間たちを嘲笑しているかもしれません。

 ならばなぜ、この地球上に争いの起因となる民の違い、肌の違い、言葉の違い、信仰の違いをも創造主は創りだしたのだろうか。それは多分、その違いがあるからこそ、そこに文明・文化が発祥し、技術・芸術が育まれてくるのではないでしょうか。その違いを相容れて認め合い、共存共栄してこそが人間のとるべき正しい姿で、その時はじめて真に境界のない新たな世界が生まれていることでしょう。

 国境検問所に住み着いているのか、数匹の子猫が建物の周りを無邪気に走り回っていました。彼らには境界も、国境もないんですね・・・・。

 さて、話を旅行記に戻して・・・・、その検問所を越え隣国モンテネグロに入るとバスはアドリア海に沿って十重二十重に入り組んだ岬をいくつも越えていきます。

 まず向かったのが、かつて海上交易都市として栄えた世界遺産の街コトル。コトルもまたアドリア海に面した海岸の街で、城壁で囲まれた旧市街とその背後にそびえる岩山から、かつてこの地が要塞都市として栄えていたことを伺い知ることができます。モンテネグロ随一の美しい旧市街には、中世期に建てられた教会や時計塔、また、そこを訪れた観光客のためにカフェやレストランが数多く並んでいます。

ドブロブニクからコトルへの道のり

      

コトルの街並み

      

      

       

 続いて訪れたのが、大航海時代の名残りを今にとどめる街ブドヴァ。こちらはモンテネグロ随一のリゾート地として人気を博しているそうです。城壁で囲まれた旧市街を散策すると、ここも他の街同様に中世の建造物が建ち並び、実は街の造りが何処も似たり寄ったりで帰ってきてから写真を見かえしても区別が付きにくいほど。やはり、同時代同地域の勢力圏に拠るところが大きいのでしょう。

 この頃になると、さすがの旧市街好きもやや食傷気味になってきましたが、唯一、旧市街から見えるアドリア海の美しい眺望が印象的でした。そして、蒼く煌めくアドリア海とオレンジ色に統一された旧市街とのコントラストが鮮やかな景観をブドヴァにもたらし、訪れるものを魅了していることを知り得ました。

 再び国境を越えクロアチアに帰国。明日はいよいよ日本へ帰国の途であります。ドブロブニクで過ごす最後の晩・・・・、闇夜に染まる頃、燦々と蒼く煌めいていたアドリア海も今はその輝きを水平線の彼方に落とし、夜の帳が静かに辺り一面を包み込もうとしています。一点、夜空に輝く月明かり、暮れなずむアドリア海の海面に放射された月の光跡は、遥か遠く、故郷日本への道程を映し出しているようです。あれだけ火照っていたアドリア海が、いま静かに眠りにつこうとしています。

ブドバの街並み

      

      

   



【8月14日〜15日】 ドブロブニク(市内観光)→成田
 クロアチアの旅も今日が最終日です。日程表を眺めれば、今日はこちら明日はあちらと旅の予定がぎっしり詰まっていたのに、過ぎてみればあっという間の一週間。もう少しいたいな・・・・と思うくらいが潮時で、これ以上いると飽きがくるか、はたまたホームシックで日本に帰りたくなくなってしまうかもしれません。このあたりが頃合いなんでしょう。

 さて、今日はもともとツアーの予定がありません。ホテル出発の夕刻までフリータイムになっていますが、さて、それまでどう過ごすかと案じていたところ、ちゃんと旅行会社が“別”にオプショナルツアーを勧めてきます。もちろん、オプショナルツアーですから料金も“別”にかかってきますが・・・・。

 オプショナルツアーは当初は隣国ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルという街への観光が企画されていましたが、往復に7時間近くを要し滞在がたったの1時間、その上、帰国便に間に合わないといけないということから安全を期してモスタル観光を取りやめて、再度ドブロブニクの観光が企画されました。といっても一昨日すでに市内観光は終えていますので、今日は前回訪れなかった観光スポットで、まず訪れたのがクロアチアの観光パンフレットに必ず掲載されるドブロブニクの街を眼下に一望できるスルジ山への観光と、続いてドブロブニク湾の遊覧船観光の二つが企画されました。しかし、遊覧船観光はいいとしても、スルジ山への観光はドブロブニク観光の必須アイテムといっても過言ではなく、それをわざわざオプショナルツアーとして別料金を取るのは如何なものかと感じました。既定のツアー行程に組み込まれて然るべきものと思います。

 それでもスルジ山からの眺めは美事!の一語に尽き、紺碧のアドリア海に浮かぶドブロブニクの街と緑の木々に覆われた島々が点在する眺望は値千金。山頂にはナポレオンが建てたと言われる十字架がドブロブニクの街を眼下に一望しています。恐らくこの場に立ったナポレオンが遠く離れた祖国フランスに思いを馳せ、征服感に酔いしれていたであろうことが想像できます。

スルジ山からの景観

      

 旧市街に戻ってから遊覧船観光へ。20人も乗ればいっぱいになる小さなボートで、おもしろいのは船底がガラス張りになっていることで海の中の様子を見ることができます。船上からドブロブニクの街や、つい先ほど登ったスルジ山を眺め、船底に目を転じれば、海中、群れを成して泳ぐ魚の一群や岩盤に張り付く大量のウニを見ることができました。船上からの眺めはまた違った景色となって趣を変え、湾に吹く風も軽やかに、心地よいひとときとなりました。

 ところで、これは余談ですが、湾に浮かぶ小島、その一つがヌーディスト・ビーチになっていて、実際に“それ”を目にした人がいるとの噂話が。実はそのことが密かな人気になっていて、でもそれって噂話でしょうと聞き流していたところ、な、な、なんと、突然、目の前に広がる淫靡な光景!そこには紛うことのないスッポンポンのアダムとイブが・・・・・。本当だったんですね、その噂話。でも、太陽燦々と降り注ぐアドリア海の開放的な空気の中にいると、それが違和感なく目に映ってしまうのですから不思議です。かえって興味本位の目でそれを見ている私たちの方が恥ずかしくなるくらいで、いずれにしても噂の真相が検証され、ついでにちょっぴり目の保養もできました(^_^;)。

ドブロブニクの遊覧船観光

   

      

 遊覧船観光を終え、その後はドブロブニク旧市街でお買い物タイム。私はメインストリートからちょっと逸れた裏通りや脇道を散策。そう言えば、この裏通りや脇道が戦争の時、激しい砲撃を浴びて戦火にさらされている写真を見かけたことがあります。その同じ場所に足を運んでみると、今はもう修復がなされ当時の惨状を思い起こさせる一片の痕跡すら見ることがありませんが、この美しい街に砲撃を命じたのも、実際に引き金を引いたのも、命がけでこの街を守ったのも、そして、それを修復したのも全て人間の成せることです。人は時に非道にも成れば、また人道的にも成り得るのです。歴史はこの繰り返し。今も地球のどこかで同じことが繰り返されています。学ぶことのできない人間たち。あぁ、無情であります。

ドブロブニクの悲劇

      

 さて、いよいよ帰国の時間が迫って参りました。ドブロブニクの郊外にある空港から往きと同じく直行便で帰国しますが、ここもザグレブの空港と同様に普段は日本の飛行機など滅多に降り立つことのない小さな空港です。『こんな小さな空港に本当に迎えに来てくれるのだろうか?』と案じてしまうほどで、それだけに闇夜に包まれた空港の一角に、まさに私たちを日本に連れ帰るためだけに遠路はるばる迎えにきてくれたJALの機影を目にしたとき、安堵感から『遠くまで迎えに来てくれてありがとう!』と声をかけてしまいました。

 夜も深々と更けた11時過ぎ、中世の時空間を彷徨い遊んだ私たちを乗せ、飛行機は一路成田に向けクロアチアの夜空高く飛び立ちました。中世から現世に向け・・・・・。こうしてクロアチアの旅は無事終わりを告げました。

 さて、これまであまりお話ししていなかったことにも少々触れておきましょう。まずは通貨ですが、クロアチアの通貨単位は“Kuna(クーナ)”で、1クーナは日本円でおよそ18円。ちなみに1日観光で訪れた隣国モンテネグロは“Euro(ユーロ)”が使われ、当時、1ユーロがおよそ110円でした。物価は両国とも安く感じられ、また、青空市場やスーパーマーケットを見る限り品揃えは日本と変わりなく豊富に感じました。

 食事は欧州料理と同じく肉料理や魚料理が中心です。食事に関してはあまり興味がないので感じたままに書かせていただきますが、ツアーを通して、『おいしい!』と素直に感じた食事は何度もありませんでした。どのレストランに行ってもお定まりのツアー専用料理が出され、量が半端なく多いのは欧米では当たり前としても、味付けが決しておいしいとは言えず、見た目にも食欲をそそるような料理はついぞ出された記憶がありません。

 現地の方に『私たちが食べている料理を普段食べますか?』と訊ねても、『滅多に食べることがありません』と答えが返ってきますし、そもそも私たちがレストランで食べている料理と同じものを注文している現地の方を目にしたことがありません。ところが、現地の方が注文している料理は見た目にも食欲をそそり『おいしそう!食べたい!』と思わせるから皮肉です。きっとおいしい料理が他にいっぱいあるのでしょう。まぁ、この点に関しては旅行会社がチョイスした料理に問題があると言わざるを得ませんね。

こんなお料理を頂いてました・・・

      

      

最後に現地のバリアフリー状況についてお話ししてみます。ツアーではそのほとんどが旧市街を巡る観光でした。その旧市街はどこも一様に石畳と曲がりくねった細い道、その石畳もところによっては悪路と呼べるほどのデコボコ道で、そのうえ坂道や段差が非常に多く苦労が絶えませんでした。今回、旧市街を散策するにあたり現地のガイドさんが私たちのことを気遣って、段差が無く平らなルートを選んで移動してくれましたので苦労しながらも見てまわることができましたが、ルートを外れると階段や急な坂道が行く手を遮ってしまいます。また、レストランやギフトショップなどお店の入口にはたいてい段差があり、なおかつ入口がとても狭くてなっているため車イスのまま店内に入れず残念な思いをしました。

 たぶんこうした街造りは旧市街がかつて城塞都市であったため、防御という点から仮に敵に攻め入られても迷路のように縦横に小径を張り巡らし段差を設けることで外敵の進入を阻み、欺く意味があったものと考えられますが、残念ながらそれが私たちには大きなバリアになっているのは事実です。

 さて、こうした中、最も苦労したのがトイレです。今回宿泊したホテルはリニューアルを済ませた最新設備のホテルが多かったので、館内のパブリック・スペースにもバリアフリー対応のトイレが完備されていましたが、一歩外に出ると観光スポットをはじめレストランやギフトショップでもバリアフリー対応のトイレはほとんどありません。

 そればかりでなく一般のトイレを利用したくても、入口は狭く段差があって車イスのまますんなり入れたためしがありません。ようやくトイレの中に入っても、小便器は日本のように受け皿が床まであるタイプがほとんどなく車イスの私には使えず、それではと大便器のトイレを使おうにもこれまた扉口が狭くて車イスに乗ったまま大便器に近づけない。結局、トイレの度にサポーターの方が私をおんぶして大便器のところまで担いでいくという方法をとりましたが、もしこれが女性客だったら私のようにおんぶして担ぐというわけにもいかず、苦労するなと思いました。


 今思い返してもトイレに関しては相当ストレスになりましたが、それはともかくとして、トイレの度に嫌な顔一つ見せず60キロを超える私をおんぶしてトイレを往復してくれたサポーターの方には、言葉では言い尽くせないほど感謝の気持ちでいっぱいです。ちなみに、ヨーロッパではトイレを使う際に使用料を払うことがあり、クロアチアでは2クーナ(約40円)ほどかかりました。

 ホテルに関しては、このツアー自体がバリアフリー・ツアーと銘打っていることからホテル選びには配慮がされているようです。ですから旅行中に利用したホテルはどこも最新の設備が整っていて、特に不便を感じることはありませんでした。ただし、これは欧米のホテルを利用するとよく感じることですが、部屋の調度品が車イスに乗っている私には位置が高過ぎて、例えば便器や洗面台、あるいはベッドに乗り移るのにも大変なことがあります。

バリアフリー・ルームの浴室

      

      

      

 日本のホテルでは感じたことがありませんので、このサイズ違いは日本人と欧米人の体格の違いからくるものと考えられますが、これがバリアフリー・ルームにあっても同じで、せめてバリアフリー・ルームだけでももう少し低い位置に調度品が取り付けられていれば大変助かるのですがなかなか難しいようです。

 しかし、訪れた観光スポットでは国内外から多くの観光客が訪れる今日、それを見据えたバリアフリー化の一端を伺い知ることもありました。街中を走るトラム(路面電車)にはバリアフリー対応の超低床式車輌が使われ、新しくできたショッピング・モールは館内全てがフラットに作られ何不自由なく動き回ることができ、モンテネグロの帰り道に立ち寄った最新のドライブインは建物全てがフラットに創られていて、バリアフリー対応のトイレも完備されていました。

 このように独立戦争を経て、いま新しい国作りが進められる中、社会資本の整備とその一環としてのバリアフリー化が確かな足取りで進められているようです。次にまたこの地を訪れるときはトイレの心配もなく、また、今回見かけることのなかった車イスを利用している現地の方を普通に見られる街作りがされていることを願っています。

 最後になりますが、かくの如くバリアフリーという点ではいまだ発展途上のクロアチアにあって正直これまでにない苦労を経験しましたが、クロアチアの歴史と伝統に培われた文化、芸術、そして、旅情あふれる景観を見て知って感じてもらいたい一心から、できうる限りのサポートを配し私たちをクロアチアに連れて行ってくれた旅行会社に心から感謝しています。皆さんのおかげで私たちはクロアチアを旅することができました。そして、なによりクロアチア旅行をご一緒した旅仲間、また、この旅を通して出会ったたくさんの人たち・・・・・、彼らとのステキな出会いがあったからこそ、この旅が忘れ得ぬ想い出になったことは言うまでもありません。

 最後までお読み下さり、誠にありがとうございます。では、また・・・・・、ドヴィデェーニャ(さようなら:クロアチア語)