香港・マカオ旅行




2012.8.26〜8.30
(4泊5日)

依頼:H.I.Sバリアフリートラベルデスク





 2年ぶりの海外旅行は百万ドルの夜景、おいしい飲茶、由緒ある寺院、雑然と建ち並ぶ雑居ビルとモダンな高層ビルが林立するエキゾチックな街“香港”。西洋と東洋の文化が混ざり合った魅力ある街です。
 なにしろ尖閣諸島をめぐり日中関係が微妙な時期だけにこの時期の香港訪問には一抹の不安もありましたが、旅行中、特に問題もなく4泊5日の短い日程でしたが香港市内観光やマカオ1日観光など楽しんできました。
 お天気も、台湾付近で台風が迷走し一時は香港直撃かと心配しましたが、幸い台風は進路を変え、旅行中、雨に降られることはありませんでした。それ以上に、連日30℃を越す気温と蒸し暑さはさすがに応えました。
 それでは、いささか簡単ですが旅行の様子をご覧下さい。


HongKong

【8月26日】
 午前10時過ぎの飛行機で香港まで。発着はいずれも羽田空港で、羽田に近い我が家にとっては成田に比べてとても便利です。飛行時間は約4時間、午後2時過ぎには香港到着ですから海外といっても近い外国ですね。
 この日は特に予定もなく、ホテル(インターコンチネンタルホテル香港)周辺を散策。“24時間眠らない街”と言われる香港一のメインストリート『ネイザンロード』は多くの人であふれ、賑やかで活気がありました。これぞ香港、そう実感できる瞬間です。

      

   

 夕食はネイザンロードにある中華料理店に飛び込んでみました。言葉の通じない店員さんと判読不能なメニューに四苦八苦しながらも、おまけに料理人が休憩時間に入ったらしく私たちお客さんがいるのもお構いなくでっかい声でおしゃべりしながら賄いをかっ込む、そんな連中に囲まれながら食べることができました。その食事が下の写真です。でも、安くて割とおいしかったですよ。
 また、街中にはセブンイレブンがたくさんあって、チョットした飲食物の買い物には困りません。ただし日本と大きく違うことが一つ。それは、日本ではどこのセブンイレブンでも例えばコーラの値段は同一ですが、香港では店のある場所で値段が変わります。繁華街や人での多い観光スポットでは、そうでないところのお店と比べて値段が高くなります。要するに、その店のある立地条件、つまり地価が高ければそこで売られる商品の値段も高くなると言うことです。

   
アヒルの燻製した肉と米粉の麺。賄いではありませんよ・・・・・。

 そして、九龍半島の最南端に位置する『ビクトリアハーバー』こそ、まさに香港を象徴する特別な場所です。昼夜を問わず、目の前に広がる景観は眺望豊かに目を楽しませてくれますが、やはり“百万ドルの夜景”と称される夜の煌めきは、高層ビルの放つ眩いばかりの光の競演によって壮大にして息をのむ景観を創り出してくれました(「シンフォニー・オブ・ライツ」という約10分間のサーチライトショーが毎夜8時からビクトリアハーバーで行われます。たいしたことは無いですが・・・・・)。

      

      

   
上から、昼・夜・朝のビクトリアハーバー。

 また、香港スターの手形とサインのネームプレートが道に埋め込まれている『アベニュー・オブ・スターズ』にはカンフースターのブルース・リーの銅像が建ち、誰もがその前では「アチョー!」と奇声を発し彼と同じポーズで写真を撮る姿が見られます。かく言う私もその一人ですが・・・・・。

      

      

   
(左)ブルース・リー (右)ジャッキー・チェン

 今回宿泊した「インターコンチネンタル香港」は九龍半島の先端にあり、ビクトリアハーバーと香港島の摩天楼が一望できるロケーション抜群のホテルです。メインストリートのネイザンロードは目の前にあり、また、ホテルの前には日本のそごうデパートもあって買い物や食事にも便利なホテルでした。

            


 今回、私たちはバリアフリールームに泊まりました。室内はとても広く、バスルームにも車イスのまま入ることができました。ただし、ベッドがとても高くて乗り移れなかったため、下の台座部分を取り外してもらい床に直接マットを敷いてもらいました。ところでこのバリアフリールーム、ハーバービューに面しているため居ながらにしてビクトリアハーバーの景色を一望できる抜群のロケーションでした。

      


右が台座を外した私のベッド


 今回、個人旅行になりましたので香港到着時、並びに日本帰国時の空港・ホテル間の送迎は個人タクシーを依頼することになり、乗車した車はミニバン・タイプの車で、後部座席へは自力で移乗しました。なお、2日目の香港市内観光では車イスのまま車内に乗り込むタイプの車を使用し(下に写真あり)、3日目のマカオ観光では後部座席のシートが電動でリフトアップする、いわゆるウェルキャブを使用しました。


【8月27日】
 今日は香港市内観光。ホテルを出発し、徒歩でスターフェリー乗り場まで。そこから対岸の香港島に渡るフェリーに乗船。乗船時間は10分程度です。香港島に渡ってから先ずは香港一の観光スポット、「100万ドルの夜景」ポイントとして有名な『ビクトリアピーク』へ。残念ながら霞がかかってしまい視界良好とは言えませんでしたが、眼下に見える港湾とそこに林立する高層ビル群の景観はなかなかのもの。ネオン輝く夜景はさぞかし美しいことでしょう。

   

   

      
香港一日観光で利用した車(日本製)。乗降は楽ですが、座位が高く視界が悪いのが難点です。

      


 フェリーといっても小さな船です。船への乗降はスロープを使いますが、波の状況によってはその際かなり揺れます。でも、係の人が皆さん手伝ってくれますから安心です。船は2階建てですが、私は車イスに乗ったまま1階席にいました。

 つづいて、香港で一番美しいビーチ『レパルス・ベイ』」へ。もともとイギリス人のためのリゾート地で、ビーチの砂はヨーロッパから運んできたそうです。ジェニファー・ジョーンズ、ウィリアム・ホールデン主演のハリウッド映画「慕情」の舞台になったことでも有名なビーチで、今も周辺には有名人やセレブの別荘が多数あるそうです。
 そのビーチの一角にあるのが海と漁民の守り神・天后を祀る『天后廟』。まるで竜宮城を思わせるような極彩色豊かな神仏像が建ち並び、金運・子宝・長寿・良縁それぞれに御利益がある万能寺として多くの観光客で賑わっていました。

      
中央の写真が天后像

       


 天后廟は階段が多く、境内に入ることができませんでした。車イス用トイレはレパルス・ベイの更衣室横にありました。

 ここで昼食の時間。地元の中華レストランで飲茶を食べましたが、やはり日本で食べる中華の味とは異なり、独特な香辛料の臭いにちょっと抵抗ありました。それにしても店内は中国人の甲高いおしゃべりで、ものすごく騒がしかったです。車イス用トイレ完備でした。

      
香港初の飲茶。ボリューム満点でした。味はまぁまぁ・・・・・でした。

 昼食後、香港島から今度は海底トンネルを通って再び九龍半島に戻り、まず向かったのが『九龍寨城公園』。かつて“九龍城”と呼ばれ、犯罪者や薬物依存者などが棲みついて警察さえ手をこまねいたという無法地帯で、“東洋の魔窟”と言われ恐れられていたスラム街です。現在は当時の悪しきスラム街も全て取り壊され、1800年代に清朝が建てた九龍寨城の城門跡や建築物が史跡として遺る静かな公園に生まれ変わっていました。

      

☆かつての九龍城(資料写真)☆

   


 九龍寨城公園内は車イスでも入れます。建築物にもスロープが設置されていました。

 つづいて訪れたのが、香港で最も有名な道教のお寺のひとつ「黄大仙」。ここも「天后廟」同様に極彩色豊かな金黄色の屋根に精細彫刻の仏像、赤い円柱などが用いられていて、これらは道教寺院独特の様式だそうです。ご本尊様は病気治療や占いの能力を持つという道教の神・黄大仙。そのことから、病気平癒を願うもの、また、あらゆる願い事が叶うという言い伝えから、なかには賭け事の願いごとをする参拝者も多くいると聞きました。
 そして、このお寺が有名な理由がもうひとつあり、お寺の周りに100店以上の占いブースが並んでいて境内にある筮竹占いででたおみくじの結果を説明してくれたり、仕事運や結婚運など気になることを手相、人相、姓名判断、風水などから占ってくれます。とにかく、占いと願掛けが大好きな香港人にとって一番人気のお寺だそうです。

      

 

      

 香港市内観光の最後は、有史以前からイギリスによる中国返還までの香港の歴史・文化などを知ることができるテーマパーク『香港歴史博物館』へ。東京にある「江戸東京博物館」と同じようなテーマパークです。館内には各時代の文化・風習・生活スタイルに関する展示物が多数並び、短時間ではとても見切れないほど見応えがあります(結局、4日目の自由行動日に再度ここを訪れました)。
 なかでも、イギリスと中国(清国)との間で行われたアヘン戦争と、その後のイギリスによる香港植民地化の様子、また、私たち日本人にとっても苦い記憶として残る第二次世界大戦下の日本統治下の香港の様子は日本軍の遺物や映像とともに戦争の悲惨さを改めて思い起こさせるものがあり、とても興味深く見ることができました(日本統治下の資料ブースの様子は後にご紹介します)。それにしても、かつて香港を統治したイギリスと日本、その後の香港人の国民感情の違いはどこから来るのでしょうか。

      

      

         


 香港歴史博物館の入口は通常2階ですが、車イス利用者は1階にあります。近くに行くと博物館の職員が親切に案内してくれました。入館料は10香港$(約120円)で、水曜日は無料です。館内は車イス、全く問題ありません。
 さて、今日、香港市内観光でいくつかの観光スポットを訪れましたが、どこも車イス用トイレ、スロープ、エレベーターなど思った以上にバリアフリーが整っていて安心して見て回ることができました(黄大仙を除く)。また、新たに建て替えられたビルなどもそうした設備が整っていて、香港のバリアフリーがここまで進んでいることに驚かされました。さすが国際都市ですね。ただし、繁華街にある昔ながらの飲食店や雑居ビルになると、中は狭いし車イス用トイレなどバリアフリー設備はありません。

  

   
香港名物のワンタン麺はほぼ毎日食べました。



Macao

【8月28日】
 マカオ一日観光へ。マカオと聞くと“カジノ”と“世界遺産”が有名ですね。そしてマカオも東洋と西洋の文化、いわば中国文化とポルトガル文化が融合したことにより生まれた文化遺産の数々が今に伝わり、それらが“マカオ歴史市街地区”としてユネスコの世界文化遺産に登録されています。
 さて、香港から高速フェリーにて世界遺産都市マカオまで、約1時間の船の旅です(ちなみに、香港⇔マカオはともに出入国審査がありますのでパスポートが必要です)。しかし、船の旅と言うほど優雅なものではなく、この高速フェリーかなり揺れること請け合います。乗り物酔いしやすい方は酔い止めが必需品だと思います。

 マカオ到着後、現地ガイドさんの出迎えを受け市内観光へ。その前に先ず腹ごしらえと、高さ338mの「マカオタワー」60階にある回転レストランへ。しかし、船で揺られたその直後に338mの高所に登り、おまけにこの回転レストラン、その名の通り1時間かけてグルッと一回転するというサービス満点なレストランで大変結構なのですが、船を下りてからまだ間もなく、若干の船酔いと未だ足下が微妙に船揺れしている中での昼食でしたから、正直、食欲がなく余り食が進みませんでした。それに、正直おいしくなかったし・・・・・。好天に恵まれれば美しいマカオの360度大パノラマが一望できると思いますが、この日は霞がかかってしまい視界良好とはいきませんでした。

 このマカオタワーで有名なのが、ギネス記録にも登録されている世界で最も高い位置(高さ233m)からのバンジージャンプで、運が良ければ食事をしているその前を人が落っこちていくのが見られるそうで、そのバンジージャンプにチャレンジする観光客でトップが日本人とのこと。酔狂な人がいるものですね。
 また、61階にある展望台の屋根上外周を歩くスカイウォークも人気の一つで、こうしたアトラクションによってマカオタワーの来場者は年々増えているそうです。

   
バンジージャンプとスカイウォークの様子(資料写真)


 マカオタワーも車イス問題なしです。展望レストランも含め、随所に車イス用トイレがありました。

 昼食後、先ず向かったのが“マカオ歴史市街地区”のシンボル「聖ポール天主堂跡」。17世紀の初めマカオはポルトガルの統治下にあり、東南アジアの貿易拠点として、またイエズス会の活動拠点として繁栄していました。この天主堂は徳川幕府のキリスト教迫害から逃れてきた日本人信者らも協力して建てられましたが、1835年に正面の壁(ファサード)のみを遺して焼失。今も残るそのファサードには聖母マリアやフランシスコ・ザビエル、また日本人信者が協力をした証として菊の彫刻が遺されていました。
 そして、この天主堂跡の直ぐ横に小さな仏教寺院が建っています。キリスト教寺院と仏教寺院、この西洋文化と東洋文化の融合した街並みこそが、“マカオ歴史市街地区”としてユネスコの世界文化遺産に登録された所以です。
 この日、平日にもかかわらず天主堂跡はたくさんの観光客で賑わっていました。
 その後、車窓から聖アントニオ教会やセナド広場を見学。香港同様に街中はどこも観光客や街の人がたくさん出て大変な賑わいを見せており、ちょうど日本で言えば上野アメ横や浅草のような人混みと、同時に活気が感じられました。

      

   
天主堂跡の直ぐ横に建つ仏教寺院。隣人同士のイエスとブッタ。ここでは仲良しです。

 さて、マカオと言えば世界遺産とともに有名なのが、カジノです。マカオにあるホテルはどこもカジノを併設していて、その建物は贅の限りを尽くしたようなゴージャスでスケール感の大きなものばかり。蓮の花をデザインしたリスボアホテルなど、その異様なデザインはことさら目を惹きます。
 私たちもせっかくマカオに来たのだからカジノに挑戦と言うことで、マカオにあるホテルの中でもとりわけゴージャスな超巨大リゾート・ホテル『ザ・ヴェネチアン・マカオ』へ。“アジアで最も贅を尽くしたリゾート・ホテル”とも言われ、ホテルの名前の通り、館内に運河を築き、そこに橋を渡して、ゴンドラを浮かべ、これぞまさしくヴェネチアの街そのもの。ホテルの中にヴェネチアを再現してしまったというのですから驚きです。
 また、カジノはというとこれまたどれだけ広いのか見渡す限りにバカラやルーレット、スロットマシーンが所狭しと並んで、一攫千金を夢見るお客さんがみんな真剣な顔つきでギャンブルに興じていました。私たちも1000円だけ使ってスロットマシーンに挑戦しましたが・・・・・、一攫千金というわけにはいかなかったようです。
 さて、一日観光というとだいたい朝9時にホテルを出発して夕方5時に戻るというのが一般的です。今回、往復の乗船時間を除くとマカオ滞在は実質4時間程度ですので、本当は下車して散策したかったところも時間があまりないということから車窓見学になってしまいました。
 穿った見方をすれば、わずか4時間ほどの観光時間で階段やアクセスの悪い名所旧跡を車イスで回るよりも、フラットでトイレの心配のないホテルで過ごした方が互いに楽だと言うことからガイドさんが今回のルートを決めたのかと思われますが(ガイドさんが無類のギャンブル好きと言うこともあると思いますが)、個人的にはギャンブルよりも異文化溢れる名所旧跡をもう少しゆっくり見て回りたかったです。それだけ魅力のある街です。そのためにも、マカオ観光は最低でも1泊するほうが懸命でしょうね。そうすればラスベガスばりのエンターテイメント・ショーも見られますし・・・・・。
 結局、マカオ観光はこれにて終了。香港へ向かうフェリー乗り場に戻って、3時半の便で香港に戻りました。

      

      
ホテル『ザ・ヴェネチアン・マカオ』館内の様子

  

      
この日の夕食はワンタン麺と焼きそば。結局、香港でも定番の中華メニューしか注文できない私たちでした。




HongKong

【8月29日】
 今日は一日フリータイム。先ずは、香港2日目に訪れた「香港歴史博物館」にもう一度足を運び、午前中いっぱい観覧しました。特に日本統治下の資料ブースは、その当事者たる日本人は決して見過ごすことのできない展示が多く、見るにつけ複雑な思いを禁じ得ません。もうこれ以上、戦争という悲劇を繰り返さないためにも香港を訪れた際は是非観覧をお薦めします。そして、こうした戦争に関する展示ブースもこれを最後にしませんか。ちなみに、同じく展示品に見入る中国人らしき観光客から微妙な視線を投げかけられました。

      

      

 香港歴史博物館をあとに、その後、買い物をしたりご飯を食べながらぶらぶら街を散策し、つづいてベイサイドエリアに建つ「香港藝術館」に向かいました。
 ここには中国古代の芸術品から現代アートまで様々な美術工芸品が展示されており、また、併せて開催されていた『清朝第6代皇帝“乾隆帝(けんりゅうてい)”特別展』を見ることができました。

   


 香港歴史博物館同様、香港藝術館もバリアフリー完備です。入館は1階チケット売り場横の職員入口から入ります。ここも水曜日は入館無料です。ただし、特別展は有料でした(10香港$)。

 さて、明日は早くも帰国の日。“百万ドルの夜景”を目にするのもこの日が最後です。うだるような蒸し暑さもなんのその、兎に角、この夜景を目に焼き付けて帰りたい、その一心で目の前に広がる百万ドルの夜景を心ゆくまで堪能しました。

   

  

         

      
香港最後の夕食は日本人に人気の中華飯店「竹園」で4,000円のコース料理。
人気のお店とあって、とても混んでいました。


【8月30日】
 今日は帰国の日。ホテルチェックアウトの12時まで周辺を散策。そこで「ドラえもん展」に遭遇。100体のドラえもん、よくぞ並べましたね。昼過ぎに空港へ。夕方の便で羽田に戻り、香港・マカオの旅は幕となりました。

香港でドラえもん展に遭遇。
100体のドラえもん・・・・・、
ある意味、壮観です。
私たちの香港土産は出前一丁!
香港一の人気即席麺だそうです。
味の種類はなんと15種類も。


  

 1994年にシンガポールを旅行したことがあります。20年前当時でも、シンガポールはアジアのなかで最も近代化の進んだ国として名を馳せ、バリアフリーも他のアジア諸国に比べて充実していると聞いていました。しかし、訪れてみるとバリアフリーは一部の新しい施設や建物のみで、古いものはバリアフリーなどどこ吹く風。旅行中、本当に苦労した思い出があります。それ以来、アジア旅行から足が遠のいていました。
 今回、ほぼ20年ぶりにアジアを旅行してみて、とりわけ香港のバリアフリーが思った以上に充実していることに大変驚かされました。街のあちこちに設置されたエレベーターやスロープ、車イス用トイレなど、当時のシンガポールとは比べものにならないほどバリアフリーが充実していました。
 それは観光スポットに限ったことではなく、一般住人の生活圏にあるスーパーマーケットでも同じように良く整備されていて、観光客のみならず、また障がいの有る無しにかかわらず、そこを訪れる人々にとってやさしい街作りが成されていました。

  

 飛行時間4時間あまりで、東洋と西洋が織りなす異文化を体験することができました。近代的な高層ビル群と昔ながらの電飾賑やかな看板が掲げられた雑居ビルが混在する香港の街は、自由貿易港ならではの活気に溢れています。ショッピングをするのもよし、飲茶を食べ歩くのもよし、お寺をまわるのもよし、歴史を感じるのもよし、そのいずれにも香港独特の魅力が詰まっています。もちろん、治安の良さも香港の街の魅力の一つです。でも、私たちにとっては、ビクトリアハーバーから見た夜景の煌めきとおいしいワンタン麺がこの旅一番の思い出となりました。



参考:一人あたりの旅費

旅行代金(4泊5日) 260,000円 キャセイパシフィック航空(エコノミークラス利用、燃油サーチャージ含む)
インターコンチネンタルホテル香港(バリアフリールーム、朝食4回含む)
空港⇔ホテル間送迎(個人手配、運転手・ガイド付き)
オプショナルツアー(終日香港観光) 025,000円 個人手配(運転手・ガイド付き、昼食含む)
オプショルツアー(終日マカオ観光) 042,000円 個人手配(運転手・ガイド付き、昼食含む)
327,000円 この他に空港諸税、旅行傷害保険料、空港駐車場代、他